2017年3月6日 更新

治療には時間がかかります!インプラント治療の仮歯のおはなし

インプラント治療は、1日で終わると思っていませんか?埋め込んだ次の日から人工の歯を問題なく使えると思っている人は少なくありません。しかし、いきなりインプラントに人工の歯を付けるというのは、様々なリスクがあるのです。そこで、インプラント治療の際には仮歯を用います。ここでは、インプラント治療と仮歯について簡単にお話します。

56 view お気に入り 0

インプラント治療って1日で終わるんじゃないの?

インプラント治療には欠かせない仮歯ですが、中には、仮歯のまま本来の人工歯を入れずに過ごしてしまっている人もいるようです。

仮歯は、治療経過に合わせて調整しやすいように、一般的にプラスチックで作られています。そのため、毎日の食事などですり減りやすく、放置しておくと噛み合わせに悪い影響が出る場合もあります。

また、強い力が加わると、せっかく埋めたインプラントが抜け落ちてしまうこともあるので、仮歯を入れたら定期的に歯科医院を受診して噛み合わせなどの状態を見てもらうようにしてください。
 (551)

さまざまな理由で歯を失ってしまった人にとって、インプラント治療は非常に希望が持てる治療法です。

インプラント治療は、歯を支える顎の骨に「インプラント」と呼ばれる部品を埋め込み、そこに人工の歯を接続する治療法です。人工の歯を接続することで、元あった歯とほとんど変わらない使い心地の歯を取り戻すことができます。
現代インプラントはどのインプラントシステムを使っても大変優れており、その成功率は大変高いので、安心して治療を受けることができます。

ほんの10年程前までは、インプラント学会などでは、インプラントの予知性(長持ちについて)やインプラントの咬合力(咬む力)などが話題になっていましたが、今はもうすでにインプラントが長持ちすることや強くかめることなどはあたりまえであり、その是非を問う時代は終わったと言えます。
インプラントを使った治療では従来の義歯に比べて、一般的に噛む力を強く発揮することができ、違和感も小さくて済みます。また、原則としてブリッジのように両隣の歯を削る必要はありません。
しかし、人工の歯を手に入れるまでには、それなりの日数が必要です。

まず、インプラントを埋め込む手術をします。
この時、歯周病などによって顎の骨が溶けていたり、もともと顎の骨が薄かったりする場合は骨を移植したり、骨ができるのを助ける成分を塗ったりしてインプラントを埋め込む骨を整える必要があります。

骨が整ったらインプラントを埋め込みます。
インプラントを埋め込む手術そのものは1日で終わりますが、すぐに人工の歯を接続できるわけではありません。

まず「仮歯」を付けて違和感がないかとか、噛み合わせに支障がないかを見ます。
きちんと歯磨きができるかも仮歯を使ってチェックします。
仮歯を付ける期間は個人差があります。インプラントが骨とくっ付いて、安定するまで装着するのが一般的です。
あごの骨の状態などによって、インプラントが安定しないと判断された場合は、骨とインプラントが結合するのを(2~6ヶ月)待ちます。この期間中は、「インプラント治療中の歯の隣の歯を利用した仮歯」や「入れ歯」を入れることができ、歯が無いように見える状態で過ごすことはほとんどないようです。

仮歯のままにしていませんか?

 (555)

インプラント治療には欠かせない仮歯ですが、中には、仮歯のまま本来の人工歯を入れずに過ごしてしまっている人もいるようです。

仮歯は、治療経過に合わせて調整しやすいように、一般的にプラスチックで作られています。そのため、毎日の食事などですり減りやすく、放置しておくと噛み合わせに悪い影響が出る場合もあります。

また、強い力が加わると、せっかく埋めたインプラントが抜け落ちてしまうこともあるので、仮歯を入れたら定期的に歯科医院を受診して噛み合わせなどの状態を見てもらうようにしてください。
仮歯は、治療の経過に合わせて形態修正がしやすいように、プラスチックから作られています。プラスチックはすり減りやすく、1ヶ月以上放置しておくと噛み合わせが変わる恐れがあります。さらに放置しておくと、噛み合わせが変わったことで、あごの骨に埋め入れたインプラントに強い力が加わり、インプラントが抜け落ちる可能性があります。また、プラスチックは色素が付きやすい素材のため変色をおこしたり、臭いを吸収しやすいため口臭の原因となる可能性もあります。治療を一時的に中断せざるを得ない場合は、インプラントを守るために歯科医師へ相談しましょう。

使い心地を仮歯でチェック!

 (560)

仮歯は、実際に接続する人工歯と近い形・使い心地のものが入れられます。
人工歯を入れてから「やっぱり使い心地が良くない」とか「見た目が気に食わない」といったことにならないためにも、仮歯のうちに使い心地や見た目をしっかりチェックしておきましょう。

仮歯の使い心地をチェックする時は次のポイントを押さえておきましょう。
仮歯を使って見映え、咬み心地、話しやすさ、磨きやすさなどをチェックします。不具合がある時はその都度調整を行います。
また、これらのポイントに加え、「隣の歯などに痛みが出てはいないか」なども注意して、日常生活の中で仮歯の使い心地をチェックすることが大切です。
あくまでも「普段どおりの生活」の中でチェックするようにしましょう。

インプラント治療で欠かせない重要な「仮歯」

インプラント治療で仮歯は欠かせません。インプラント治療を受け、より使いやすい人工歯を接続するためにも、仮歯で使い心地をしっかりチェックして、不安を解決しておきましょう。
仮歯を入れたら、歯科医師の指示に従って通院し、治療の経過に合わせた仮歯を入れてもらうようにしてください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インプラント治療後の歯茎下がりを改善する『歯茎再生治療』の治療法と治療費用!

インプラント治療後の歯茎下がりを改善する『歯茎再生治療』の治療法と治療費用!

インプラント手術を受けた後に、歯茎が下がって金属部分が露出してしまったということは、意外にも多いと言われています。そこで今回は、インプラント後の歯茎下がりを改善する『歯茎再生治療』についての基礎知識を解説していきます。インプラントの金属が見えてしまっているという人は、ぜひ参考にしてください。
みさと | 320 view
費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

歯の健康に注意している人は、いち早くインプラント治療を受けているようです。インプラントはあごの骨に人口歯根を埋め込むことで自然な人口の歯を装着します。部分入れ歯と違って、自分の歯で噛むのに近い感覚で食べられるので、噛む機能の回復に役立つといわれています。ただし、問題は費用です。自己負担を少しでも減らす方法はないでしょうか。
山村 | 508 view
インプラントの治療はどのように行われるのか?治療のための手順を解りやすく解説!

インプラントの治療はどのように行われるのか?治療のための手順を解りやすく解説!

インプラントの治療が必要とされるケースは、ほとんどの場合が損傷や欠損による歯の再生です。もちろん例外はありますが、インプラントは失われた歯の代わりとなる人工歯を埋め込む治療なので歯が無いことが前提になります。このインプラントを行うにはどのような手順が必要なのか、解りやすく解説していきます。
manji | 44 view
歯のインプラントの知っておきたいデメリット

歯のインプラントの知っておきたいデメリット

「インプラント」の手術を行いたいなと思っている方に知って欲しい「インプラント」の入れた時のデメリットについて紹介します。歯をキレイに治療するために行われている治療ですが実は身体によくないこともあります。デメリットをしっかりしって治療に挑みましょう。「インプラント」について、関心のある方は是非参考にしてみてくださいね。
| 49 view
【保存版】インプラント治療の流れとは|費用や痛み保険などを知ろう

【保存版】インプラント治療の流れとは|費用や痛み保険などを知ろう

インプラント治療は痛みが少なく、ブリッジ治療や入れ歯とも違い長期間使用をすることができる画期的な治療法として知られています。インプラント治療の総合的な期間や、費用など事前に知っておいた方がいいことを中心にまとめてみました。ぜひ一度インプラントを検討されている方は目を通して、どのようなことを準備する必要があるか確認しておきましょう。
クッスン | 62 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

菜々緒 菜々緒