2017年4月20日 更新

インプラント治療!その治療法と種類はどれくらいあるの?

あごの骨に直接埋め込み新しい歯を作るインプラント治療法。人工の歯を埋め込むことで違和感を感じることなく物を噛むことができ、自然な健康な歯に見せることができます。このインプラント治療にはどういった種類があるのか調べてみました。

48 view お気に入り 0

インプラントの治療法

Free photo: Progress, Clinic, Medical, Care For - Free Image on Pixabay - 1807541 (524)

失った歯を直接あごの骨に埋め込む治療法を「デンタルインプラント」と呼び、一般的にインプラントと呼ばれるものは歯の治療を指す場合が多いものです。このインプラントによる歯の治療法は入れ歯や差し歯などと違って外科手術を必要とする点が大きな特徴です。

大きく分けて2種類あるインプラントの術式

インプラントは新しい歯となる後述のインプラント体をあごの骨に埋め込む過程があり、そのための外科手術を必要とします。手術は1回で済ませる「一回法」と2回行う「二回法」の2種類があります。名前から解かるとおり手術の回数が違うだけなのですが、一回法と二回法では微妙に違うのです。それでは手術の流れと共に2種類の術式について説明していきます。

一回法

まず外科手術で歯肉を切開し、人工の歯茎となるインプラント体を埋め込みます。埋め込んだら次にインプラント体と歯冠部分を連結させるための支台となる「アバットメント」をインプラントに取り付けるところまで終わらせます。この埋め込みにはあごの骨を削る作業があるため、あごの骨が耐えられる状態である必要があります。そのため十分な骨を付けるための骨再生法を行ったり、歯茎に固定させるためのヒーリングアバットメントを用いるなどの方法が取られる場合もあります。

局部麻酔を使うため痛みを伴うものではありませんが、インプラント体の埋め込みが終わった後は術後経過と抜歯を行うための期間を置きます。術後経過を見てインプラント体と骨の癒着する期間を治癒期間と呼び、治癒期間が過ぎたらアバットメントに歯冠部分を装着して完了です。

二回法

一回法とほぼ同じ流れですが、1回目にインプラント体をあごの骨に埋め込み一度歯茎を閉じます。インプラント体と骨が一度癒着するのを待ち、結合したら歯肉を切開してインプラント体にアバットメントを連結します。この際、癒着を待っている間に新しい骨が形成されていた場合は周辺の骨を少し削る場合もあります。

一回法はインプラント体の埋め込みからアバットメントの連結までを行いますが、二回法ではインプラント体が骨に癒着してからのアバットメント連結を行います。インプラント体を骨に埋めて歯肉を被せてからの手術となるので、2回の手術と言う体に負担がかかる術式です。しかし、骨の状態を見ながらの手術となるのであらゆるケースに対応でき、十分な治癒期間を設けるため感染症のリスクが低いというメリットがあります。

手術にかかる時間とダウンタイム

最初の手術は歯の状態や本数にもよりますが、大体2時間もしない時間で終了します。その後3~6か月間ほどの治癒期間を設けて術後の経過を見ます。この期間は個人差があるのでおおよその期間となります。

インプラントの仕組み

歯科インプラントは、あごの骨に埋め入れる「インプラント(人工歯根)」と、失った歯の代わりとなる人工歯とも呼ばれる「上部構造」、それらインプラントと上部構造を連結する「アバットメント」の3つの部品で構成されています。

埋め入れるインプラントには種類があり、インプラントとアバットメントをネジで連結する「2ピースタイプ」とインプラントとアバットメントが一体化している「1ピースタイプ」のものがあります。
インプラント治療に使う代わりの歯となる器具は部位ごとに名前があり、埋め込む材質も種類があります。部位にはそれぞれフィクスチャー、アバットメント、上部構造と言う名前があり、基本的には強度があり人体に優しいものが使われています。それでは部位ごとの特徴について紹介します。

フィクスチャー(インプラント体)

人工の歯茎となるあごの骨に埋め込む器具です。正式にはフィクスチャーと呼びますが、インプラント体、もしくはインプラントと呼ばれることも多いです。1ピース型と2ピース型のタイプがあり、インプラント体とアバットメントが一体化したものとそうでないタイプの違いがあります。

1ピース型

一回法で用いられ、アバットメントと一体化されているために連結するための歯肉を切開する手術が必要ありません。ねじの緩みを気にする必要もなく、手術の手間がかからずパーツが少なく費用も抑えられるといったメリットがあります。

一体化された構造上、アバットメントに破損などが生じた場合はインプラント体ごと抜くことになったり、あごの骨に十分な厚みや強度があることが条件となります。

2ピース型

インプラントとアバットメントが別々になっており、それぞれをネジで連結させる器具です。一回法と二回法どちらのケースでも使用でき、どのような症状の人にも対応できるという最大の特徴があります。

2ピース型を使用する場合は手術の工程に時間がかかり、パーツも多いため一回法に比べて時間も費用もかかるというデメリットがあります。また、インプラントとアバットメントを連結させるタイプのネジの種類もあるため、接続部分と互換性のあるタイプを選ぶ必要があります。

アバットメント

インプラント体と歯冠部分である上部構造を連結するための役割を持ちます。いわゆる支台となる部分で、インプラント体に被せる上部構造を繋ぎ止めるスクリューが中に仕込まれています。このアバットメントに不具合があるとインプラント体の破損や歯冠部分の嚙み合わせなどに不都合が起きるため、メンテナンスが重要となる部位です。

2ピース型のメリットにはアバットメントの破損などが見られた場合、インプラント体を残してアバットメント部分の交換で済むという点があります。

上部構造(人工義歯)

埋め込んだインプラント体に被せて歯冠部分を形成する部品です。材質は様々あり、主にチタンが使われています。破損した場合は他のパーツと比べて取り換えが容易であることも特徴です。白く綺麗な歯に見せられるため、ボロボロだった歯との違いが一目瞭然です。

丈夫な素材を使っているため数年で破損と言うことはほとんどなく、丁寧に扱えば10年単位で長持ちするのが特徴です。被せる際にはアバットメントに仕込まれたスクリューで止めるのが一般的なのでそう簡単には外れる心配もありません。

自分に合ったインプラント治療方法を選ぼう

Free photo: Teeth, Child Smile, Child, Dental - Free Image on Pixabay - 1743981 (841)

いかがだったでしょうか?このようにインプラント治療には2種類の術式があり、使用する部品にもそれぞれ種類があるのです。基本的な治療の流れは同じものですが、それぞれの効果には微妙な違いがあるのです。また、術式や使用する部品によって時間や費用も変わり、治療を受ける人の状態にも関わってくるのです。

インプラント治療を検討する方は自身の環境と照らし合わせてみて、自分に合ったベストな方法を見つけてみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

インプラント治療は基本的には保険治療の対象外となるため、非常に高額になることをご存知ですか?今回はインプラント治療の相場や、知っておきたい分割払いの方法について解説します。分割払いのメリットとデメリットもご紹介するので、しっかり理解したうえで検討しましょう。
ゆき | 240 view
【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

完全自費診療だと、とても高額になることの多いインプラント治療。生命保険の対象になるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、インプラントと生命保険の関係について解説します。インプラントが対象となる、歯科治療専門の保険もご紹介致します。
ゆき | 861 view
インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントのメーカーは世界中に100社以上あると言われており、それぞれ違った特徴をもっています。インプラントは高額なので、しっかり自分にあったメーカーを選びたいですね。院プラントを選ぶ時のポイントや、現在最も使用されることの多い有名メーカーの特徴をまとめましたので、メーカー選びの参考にしてくださいね。
ゆき | 290 view
歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

最近評判のインプラントですが、費用はかなり高額になるようです。インプラント治療を考えている人は、インプラント治療について、あるいは、そのメリットとデメリットなど、よく知った上で、歯医者さんに行くようにしましょう。
musinoiki | 258 view
歯を綺麗にするデンタルグッズ「デンタルフロス」の種類

歯を綺麗にするデンタルグッズ「デンタルフロス」の種類

いつになっても白く輝く歯でいるためには、毎日しっかりと歯磨きをすることが欠かせません。ただ、歯ブラシだけでは歯をきれいに保つのは難しく、デンタルグッズがたくさん販売されています。その中でもある程度知られている「デンタルフロス」について、どのような種類があるのかを種類別でご紹介します。
美穂 | 110 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

manji manji