2017年3月6日 更新

自然に近い歯並びを実現する「セラミッククラウン」とは?

歯が弱って欠けたり虫歯になった場合、または歯を白くしたいといったときには「歯に被せ物(クラウン)」をする治療方法が取られることがあります。セラミッククラウン治療は種類も様々で、歯の症状によって異なる素材が使われます。セラミッククラウンの特徴や種類について詳しく見ていきましょう。

64 view お気に入り 0

近年はセラミッククラウンが台頭

女性の横顔 (m003-055) | 無料人物写真フリー素材の【ビジトリーフォト】商用利用OK (7890)

「被せ物治療(クラウン治療)」の歴史は長いですが、使用する素材によってはデメリットや問題も生じてくることがあります。
そこで近年注目されているのがセラミック素材を使用した「セラミッククラウン」です。
素材として優れたセラミックを使うことで、歯をより自然に近い状態で治療をすることができます。
審美面だけでなく丈夫さという点でも優れているのがセラミッククラウンです。
セラミックの差し歯は、審美性だけでなく耐久性もあります。保険内の差し歯は数年で歯ぐきへのダメージや変色等がありますが、セラミッククラウンはきちんとケアをすれば20年以上持つと言われています。

ワイヤーよりも短期間で治療できるセラミッククラウン

 (7892)

歯の治療は普通、2年、3年と長くかかります。
特にワイヤー矯正などは長い期間かかるだけでなく、器具が歯にあたって痛かったり、審美面(外見上)での問題も出てきたりします。

しかしセラミッククラウンの場合はこうした心配がなくなります。
ワイヤー矯正に比べて顕著なのが「治療期間の短さ」で、セラミッククラウンの場合は通常で数ヶ月、早いと数週間で治療が完了することもあります。
一般的な歯科矯正は、装置の装着期間が2~3年程かかります。その間の見た目が気になったり、装置周辺のむし歯やメンテナンスに大変気を使いますが、「オールセラミッククラウン」による矯正はそれらの心配も無く最短2週間で完了します。

セラミッククラウンの種類について

ハイブリッド(裏)|イラストNo.1376【歯科素材.com】 (7894)

セラミッククラウン治療にも様々な種類があります。
より審美性を重視したもの、耐久性が優れたものなど、それぞれの歯の状態、または患者さんの要望によって種類を変えることができます。

各素材によってメリット・デメリットもあり、費用も異なってきます。
こうした点を事前に把握したうえで治療を行うことが大切です。
各クリニックのホームページなどで費用の相場も掲載されていますから事前にチェックされることをオススメします。
「セレッククラウン」
メリット・セラミックの中では価格が一番安い。
デメリット・コンピューターで作るため自然な歯のようにはならない。色の選択が限られている。ブリッジは出来ない。

「セラミッククラウン」
メリット・見た目が美しい。天然歯に近い。中身が金属なので割れにくく、ほとんどの部位に使用できる。
デメリット・色調はオールセラミッククラウンに劣る。保険外の治療なので、値段が高い。

「ハイブリッドセラミック」
メリット・見た目が美しい。割れにくい。硬すぎないので、周囲の歯や噛み合う歯を痛めることがない。
デメリット・色調はセラミッククラウンに劣る。時間が経つ(5~10年)と変色する。保険外の治療なので、値段が高い。

「オールセラミック」
メリット・金属を全く使用していないため透明感があり、非常に見た目が美しい。汚れ(プラーク)が付きにくい。天然歯に限りなく近い色調が出せる。永久に変色しない。
デメリット・保険外の治療なので、値段が高い。

まとめ

歯を綺麗にするなら「短期間で」「より美しく」したいものですよね。
そのために多少値が張ってでもセラミックラウンで治療をするという選択肢も出てくると思います。
しかし、いずれのセラミッククラウン治療にもメリット・デメリットがあります。
特にセラミッククラウン治療は「保険適応外」となる場合が多いので注意が必要です。
メリット・デメリットのみならず治療費が足りるかどうかもしっかり確認しておきましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 447 view
歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びをきれいにするための治療といえば一般的に歯の矯正を思い浮かべると思いますが、手術で歯並びをきれいにする治療方法もあります。では、どういう場合に手術が必要なんでしょうか?歯の手術についてお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 145 view
歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

もちろん歯並びがきれいにこしたことはないですが、歯並びが汚いと見た目以外で何か困ることはあるのでしょうか?歯並びが汚いと、どんなデメリットがあるのかをご紹介します。歯並びが汚いことでのデメリットを知り、今後の対策のための参考にしてみてくださいね。
なつき | 419 view
歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 269 view
”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

一般的には”歯の矯正ができる経済的余裕がある=育ちがいいという解釈が多いですが、本当はその金銭的な意味だけではない、ということをお伝えいたします。
麻衣 | 2,336 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ