2017年4月20日 更新

インプラントの治療はどのように行われるのか?治療のための手順を解りやすく解説!

インプラントの治療が必要とされるケースは、ほとんどの場合が損傷や欠損による歯の再生です。もちろん例外はありますが、インプラントは失われた歯の代わりとなる人工歯を埋め込む治療なので歯が無いことが前提になります。このインプラントを行うにはどのような手順が必要なのか、解りやすく解説していきます。

48 view お気に入り 0

まずはインプラントを受ける必要の是非を決める

宝箱ティッシュと読書女子|ぱくたそフリー写真素材 (11841)

インプラントを考えているがなかなか踏み切れない方も多いのではないでしょうか。インプラントとは歯を失ってしまった部分に人工の歯根を入れることです。しかし、実はインプラント治療は全ての方に100%の成功率で行えるものではありません。体の問題で出来ない方やインプラントを再度入れ直さなくてはいけないこともあります。
インプラントは外科手術を必要とする歯科治療なので、誰でも気軽に受けれるものではありません。手術に要する費用、体への負担などを考えて行う必要があります。また、治療後もインプラント状態や口腔内のケアなど、治療後もメンテナンスを行う必要があります。そして、治療を行うにはインプラントを行ってくれる歯科医を探すところから始めることになります。

治療はインプラントを行う歯科医院探しから

Free photo: Map, Navigation, Hands, Travel - Free Image on Pixabay - 455769 (3364)

まず自分の意志でインプラント治療を行う決心がついたら、次に歯科医探しです。インプラントには特別な技術や知識を必要とする歯科治療です。歯科医だからと言ってどこでも行える治療ではありません。インプラントには抜歯を行うものと矯正治療のインプラント矯正と言うものがあります。

新しい歯を埋め込む場合には通常のインプラントとなり、抜歯を行わない歯並びや噛み合わせなどの治療の場合はインプラント矯正になります。器具を埋め込むという点ではどちらも同じことなのですが、新しい歯を入れるか入れないかの違いがあります。どちらのケースも歯科医を選ぶ際には多くの症例を経験した十分な実績や認定医、専門医の歯科医に見てもらうことがベストです。

歯科医院を決めたら医師との治療計画

Free illustration: Feedback, Men, Talk, Communication - Free Image on Pixabay - 796135 (3415)

歯科医院で治療の前に行うのが医師との治療計画の相談です。患者の歯の状態、体調などを診断して費用の相談をしていきます。治療方法は医師の方針や患者の歯やあごの骨の状態によって異なるので、CTなどを使用して診断をしていきます。

治療開始~インプラント埋入

インプラント手術の手順

一通りの検査が終わり、治療に適切な状態だと医師が診断したら治療を開始します。治療の日時を決め、医師と患者の合意ができたらいよいよ治療になります。虫歯などが確認されている場合は虫歯治療を行いながら、もしくは虫歯の治療後に外科手術となります。

インプラント体を埋め込むには外科手術が必要となるため、まず埋め込む場所を確認してから局部麻酔を行います。次にインプラント体を埋め込むための穴をつくります。あごの骨に穴を開ける手術のため、まずは埋め込む箇所の歯肉を切開し、切り開いた後にドリルで穴を開けます。インプラントを埋入したら歯肉を縫合して一旦手術は終了します。癒着するまでの治癒期間を置いて抜歯を行います。

インプラントには一回法と二回法の術式があり、一回法は外科手術が一回ですが、二回法は外科手術を二回行います。二回法の場合、埋め込んだインプラント体があごの骨と結合するのを待ち、時期を見て再度歯肉を切開することになります。

術後~治癒期間

Free illustration: Board, Step, Each Other, Following - Free Image on Pixabay - 1273117 (3367)

手術が終わった後も術後の経過を見るために通院することになります。噛み合わせに不具合はないか、口腔内に異常はないか、手術によって患者の体調に変化はないかなどの相談をすることになります。埋め込んだインプラント体の状態などの点検も行いますので、術後のケアは十分に行っておきましょう。

インプラント体があごの骨と結合したのを確認できたら人工歯をインプラント体と装着します。インプラント体の形状や術式によってアバットメントも取り付けます。インプラント体に被せる歯冠部分の型を取る必要があるので、歯科医院によっては型取りのタイミングも変わってきます。

治療終了!後は定期的に口腔内とインプラントのメンテナンス

Free illustration: Business, Businessman, Success - Free Image on Pixabay - 1370954 (3622)

人工歯を装着して新しい歯が完成したらインプラント治療は完了です。ただし、新しい歯を入れたからと言ってまだ油断をしてはいけません。インプラント治療はその後のケアが重要です。日常生活に支障が出ないようにインプラントの状態には常に気を配り、口の中を清潔にしておく必要があります。

インプラント治療は自由診療のため、とても高額な費用が掛かります。また、インプラントに必要な器具も劣化や破損などで取り換える必要も出てきます。そして人工歯は虫歯になることはありませんが、歯周病になる恐れがあります。新しく入れた歯を長く使うためには治療後のケアが重要なのです。

大切な歯を長持ちさせるためには治療後も定期的に検診を受け、メンテナンスを行うことが大事です。そして口の中を清潔にすることを心がけましょう。

調査~診断~治療~ケア、インプラント治療の手順

インプラントの治療は、順番に「インプラント埋め手術」、「義歯の作製と装着」、「メインテナンス」と続きます。インプラント治療においては、インプラントを顎の骨に埋入する手術(インプラント埋入手術)を受けなくてはなりません。 インプラント治療の方法として2回法が選択された場合、インプラント埋入手術と、インプラントの上部の粘膜を切開する手術の2回の手術が必要です。 骨の造成が必要な場合は、インプラント埋入手術の前に別個におこなう方法と、インプラント埋入手術と同時おこなう方法があります。

インプラント埋入した後、一定期間を経て、型を採ってインプラントの上に付ける義歯の作成をおこない、義歯を装着します。インプラント治療が終了した後、定期的に治療を受けた歯科医院に通院し、インプラント治療を受けた部位を含めて問題が無いかを診てもらうことを「メインテナンス」と呼びます。 治療を受けた部位に何も不具合が無い場合も、定期的に通院して診てもらうこと(メインテナンス)は、治療した状態を長期良好に維持するために大変重要です。
インプラント治療は、通常の歯科矯正と比べて特殊で、専門的な知識や技術が必要とされる治療方法です。そのため、治療を行う歯科医は高い技術と経験が必要です。そして、治療には手術を伴いますので患者にかかる負担も考慮しなくてはいけません。今回インプラント治療の手順を軽くご紹介しましたが、治療は歯科医探しの段階から始まっていると考えておくと良いでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インプラント治療後の歯茎下がりを改善する『歯茎再生治療』の治療法と治療費用!

インプラント治療後の歯茎下がりを改善する『歯茎再生治療』の治療法と治療費用!

インプラント手術を受けた後に、歯茎が下がって金属部分が露出してしまったということは、意外にも多いと言われています。そこで今回は、インプラント後の歯茎下がりを改善する『歯茎再生治療』についての基礎知識を解説していきます。インプラントの金属が見えてしまっているという人は、ぜひ参考にしてください。
みさと | 339 view
費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

費用が高額になるインプラント、高額医療のための制度を使える?

歯の健康に注意している人は、いち早くインプラント治療を受けているようです。インプラントはあごの骨に人口歯根を埋め込むことで自然な人口の歯を装着します。部分入れ歯と違って、自分の歯で噛むのに近い感覚で食べられるので、噛む機能の回復に役立つといわれています。ただし、問題は費用です。自己負担を少しでも減らす方法はないでしょうか。
山村 | 579 view
歯のインプラントの知っておきたいデメリット

歯のインプラントの知っておきたいデメリット

「インプラント」の手術を行いたいなと思っている方に知って欲しい「インプラント」の入れた時のデメリットについて紹介します。歯をキレイに治療するために行われている治療ですが実は身体によくないこともあります。デメリットをしっかりしって治療に挑みましょう。「インプラント」について、関心のある方は是非参考にしてみてくださいね。
| 53 view
【保存版】インプラント治療の流れとは|費用や痛み保険などを知ろう

【保存版】インプラント治療の流れとは|費用や痛み保険などを知ろう

インプラント治療は痛みが少なく、ブリッジ治療や入れ歯とも違い長期間使用をすることができる画期的な治療法として知られています。インプラント治療の総合的な期間や、費用など事前に知っておいた方がいいことを中心にまとめてみました。ぜひ一度インプラントを検討されている方は目を通して、どのようなことを準備する必要があるか確認しておきましょう。
クッスン | 72 view
治療には時間がかかります!インプラント治療の仮歯のおはなし

治療には時間がかかります!インプラント治療の仮歯のおはなし

インプラント治療は、1日で終わると思っていませんか?埋め込んだ次の日から人工の歯を問題なく使えると思っている人は少なくありません。しかし、いきなりインプラントに人工の歯を付けるというのは、様々なリスクがあるのです。そこで、インプラント治療の際には仮歯を用います。ここでは、インプラント治療と仮歯について簡単にお話します。
菜々緒 | 62 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

manji manji