2017年2月28日 更新

歯科矯正で歯を削る場合の治療法とは?メリットデメリットもご紹介

歯を矯正する理由で多いのが「審美性が悪い」や「かみ合わせが悪い」などの理由が挙げられます。これらの原因を改善することができるのが、「歯科矯正」です。今回は「歯科矯正」をする際に歯を削る必要がある場合の知識を勉強しておきましょう。しっかりとした知識を身につけることで歯科矯正は怖くなくなります!

346 view お気に入り 0

歯の矯正で削る場合とはどんなとき

 (10987)

歯科矯正をする際には「抜歯」や「削る」治療を行う場合があります。削る治療のほとんどの場合が「歯を抜くことなくスペースを確保する際」に用いられる治療法になります。歯並びを整える為には、綺麗に歯が並ぶスペースを確保する必要があり、その為に抜歯をすることなく歯のエナメル質を削ることで対応をする場合があります。
健康な歯質を削ることに抵抗がある方も多いと思います。
確かに削らないに越したことはないのかもしませんが、エナメル質の削除量をきちんとコントロールすれば、虫歯や歯質の破切などのリスクは殆どなく、また、削ることによる利点も多くあります。

歯を削る矯正のメリットとは

 (11002)

歯を抜歯して治療をする矯正方法よりも、期間を短くして矯正をすることができる場合があります。また、矯正後の歯の後戻りを防ぐ効果も期待することができます。一度エナメル質を削ってスペースを確保することで、矯正後にぴったりと歯が並ぶように調整をすることが目的です。多くの場合、歯を削るメリットは「最終的な審美性」を担保する為にも必要と言えるでしょう。
歯牙表層の硬い組織「エナメル質」は1~2㎜の厚みがあります。そのうちの1/3(0.3mm~0.6mm)程を削り(ディスキング)、歯牙を動かすためのスペースを作ります。
西洋人に比べ、私たち東洋人はエナメル質に厚みがあるので、ディスキングはリスクが少なく有効な方法です。

歯を削る場合のデメリット

 (11004)

では、歯を削った場合のデメリットとはどんなことが考えられるでしょうか。まず、表面のエナメル質を削る場合は、冷たいものがしみる「知覚過敏」を引き起こす場合があります。ただ、現代の治療でそこまでエナメル質を深く削る必要はありませんので、必ず知覚過敏になってしまうということは通常ありません。
噛み合わせが引き起こすトラブルに知覚過敏があります。噛み合わせの衝撃が蓄積されて、歯茎のすぐそばの歯がクサビ状に擦り減りやすくなるのです。進行すると象牙質が露出するため知覚過敏を起こしますが、ケースによっては噛み合わせを調整すると知覚過敏が治ることよくあります。

噛み合わせの調整で歯を削るとなんだか余計しみるような気がしますが、調整で削る部分はエナメル質という部分で、削っても何も感じることができない部分です。

矯正で削ったところはしみない?

 (11003)

歯を削ると聞くと、後々「しみる」のではないかという不安があると思います。通常の「虫歯治療」の場合、虫歯になっている箇所が深いほど多く削る必要があり、歯の神経近くまで削ってしまった際には「しみる」という場合があります。しかし、歯科矯正でエナメル質を削る場合は、歯並びを整える程度に削る為、ほとんどしみることはありません。その為、矯正をすることが原因で知覚過敏になってしまうのでは…という心配はほとんどなくなってきています。
矯正治療をする人は噛み合わせも悪いので、歯の根元が外にさらされている人も多く、矯正治療中は歯をグラグラにする為に歯周病と同じ状態になるため、どうしても治療中に知覚過敏で歯がしみてくるのです。

しかし虫歯な訳ではないので、知覚過敏の治療方法と同様にフッ素ジェルを使えば1週間もしないうちに症状は消えてくるのです。ですから矯正治療中にしみる場合は殆どの場合知覚過敏症なので、虫歯だと心配することはありません。

まとめ

今回は「歯科矯正」で歯を削る場合のことについてお伝えしました。現在の歯科矯正では抜歯をすることなく治療を進めてくれる歯医者さんも多く、「痛い治療」はほとんどなくなりました。自身の歯並びや、噛み合わせに不安があるのであれば、一度は検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 383 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 580 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 506 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 447 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 487 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

クッスン クッスン