2017年3月6日 更新

白く綺麗な歯を手に入れる方法!『セレック』『ジルコニア』をご紹介

白く輝いている歯は多くの人が憧れるものです。笑った時にキラッと輝く美しい歯…清潔感が漂いますよね。今回は、歯に対しての意識が高い方、もっと歯を綺麗に見せたいという方におすすめの審美歯科治療についての情報をご紹介します。

63 view お気に入り 0

今注目の審美歯科治療システム『セレック』とは

 (6881)

人工歯というと高額で時間もかかる…とちょっと面倒に思う方も多いですよね。
しかし、セレックを利用することで、歯型を取ることなく歯の詰め物がすぐに出来上がる最先端の治療です。
口の中を3D光学カメラでスキャンすることで、スキャンしたデータをもとに機械が自動的に歯を削り出すのです!質の高い人工歯がその場ですぐに仕上がるので、治療時間も素早く終わるので人気が高い治療です。
セレックはドイツで開発されたCAD/CAMシステムです。コンピューターによる自動解析システムで歯型を検出し、歯型を元にその場でセラミックを削り、人工歯をつくることができます。今までは歯科技工士が手間と時間をかけて手作業作業していたので、時間もかかり費用も高額でした。しかし、セレックにより、精度の高い人工歯が短時間で仕上がり、その日の内に歯に装着することが可能となりました。

<セレックの特徴>
・治療期間が短い
・審美性(透明性、白さ)に優れる
・変色、摩耗が少ない
・生体親和性が高い
短期間で治療が終わる!セレックの治療

治療時間を短縮し、今までのように手で作る物よりも精密に作ることができます。
機能性・審美性も問題なく、耐久性に関しては今までのセラミック治療よりも良い結果が出ています。作り直しが必要な場合でも簡単に作り直せるのも特徴です。
セレックの場合、技工所に送らずに歯科医院で全ての工程を行うので治療時間の短縮が可能になりました。

誰にでも使える!

セレックの治療で使う素材はセラミックのみなので金属アレルギーの方でも安心して使っていただけます。また中に金属がないので透明度もより自然な仕上がりになり、歯や歯ぐきの黒ずみの心配もありません。

綺麗な歯を保ちたいなら『ジルコニア』がおすすめ

虫歯治療などでセラミック治療をしたけれど欠けてしまったりなど、耐久性に優れていないのでは?と思っている方も多いのではないでしょうか。
そんな中、ジルコニアセラミックが欠けないセラミックとして人気を集めています。
通常のセラミックでは変色なども心配ですが、ジルコニアの場合は、口の中でいつでも安定した状態を保ってくれるので、変色や劣化を起こさないのだそうです。
ジルコニアセラミックを使えば、長期間安定した状態で美しい歯を保てるのです。
しかも体に優しく、色も白くて丈夫です。ジルコニアは、他の人口歯よりも、強度や耐熱性にとても優れているので人工ダイヤモンドと言われています。
綺麗な透明感があり、金属アレルギーが心配な方にも最適なのです。
年数が経つとどうしても歯茎との境目が黒くなってしまうから嫌…!という方にもおすすめの方法です。
以上のことからジルコニアは、セラミック素材の中でもっとも審美性に優れている素材です。
一般的なジルコニアはダイヤモンドの代わりとして使われるほど、硬く、透明感のあるものです。歯科用のジルコニアは同じような成分で白く、硬く、柔軟性のある材料に改良されたものです。今までのセラミックでは強度不足だったので、金属が使われていましたが、奥歯の被せ物のジルコニアクラウンやジルコニアブリッジができるようになりました。そのため、現在ではほぼすべての治療が金属を使わずに行うことができます。
ジルコニアの特徴
ジルコニア(ZrO2)は、安定化させることで耐熱性セラミックスとして広く活用されてます。
複合材料としては既に人工ダイヤモンド、セラミックス性刃物に、また車の耐熱耐蝕用材料として、さらに医療用としても10年以上前から人工股関節の骨頭などに応用され、優れた生体親和性と非常に高い強度をもっています。

オールジルコニアで治療をする際の注意点とは?

 (5746)

欠けにくく耐久性のあるジルコニアセラミックですが、注意点もあります。
それは、オールジルコニアは硬すぎるという点です。
ジルコニアだけを使用したオールジルコニアは、強度が高いということがメリットの一つですが、自分の歯と比べると硬すぎます。
そのため、元々の歯が摩耗によって傷つく可能性や、逆にジルコニアセラミックが傷つく恐れも出てくるようです。

ジルコニアの質やその寿命を高めて伸ばすためには、医師による高度なテクニックが必要不可欠になってきます。
オールジルコニアの高い技術を持っている歯科医師を選びましょう。
オールジルコニアの特徴は低価格で高強度であること。低価格である理由として、ポーセレン(陶材)等を使用しないので、ジルコニアをそのまま歯牙形態で設計から製作まで行うことが出来るからです。
咬合面はジルコニアなので、歯ぎしりの激しい患者様であっても破折する心配が軽減されます。
○ 硬度が高く、なおかつ曲げにも強い。
○ セラミック系に比べて価格が安い。
○ 金属アレルギーが起こらない
○ 変色のない材料である
○ 奥歯でも使用が可能である(咬む力が強い方でもOK)
× 色調はオールセラミックに劣る
× 歯を削る量が比較的多い。

まとめ

いかがでしたか?ジルコニアを使うことで詰め物など多くの治療が金属を使わずに行えるようになり、金属アレルギーの方で、今まで治療に迷っていた方も安心して歯科治療を受けることができますね。白く頑丈な歯を保つために、あなたもセレック、ジルコニアで歯を美しくしましょう!

関連する記事 こんな記事も人気です♪

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

セルフホワイトニングに関心を持つ方が増えてきていますが、実際に行われたことがあるのは少ないのではないでしょうか。今回はLEDライトを使用したセルフホワイトニング術をお伝えします。
Rits | 66 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 378 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 564 view
【症状別】歯のトラブルの原因を解説

【症状別】歯のトラブルの原因を解説

一言で歯の痛みと言っても、その症状は様々です。痛みの症状によって、その痛みがどこから来るもので、どのような治療が必要になるのかが分かることもあります。痛みの原因を知ることで、歯のトラブルを改善しましょう。今回は、症状別に歯のトラブルの原因を探っていきたいと思います。
ぶーちゃん | 146 view
まさかのミスで歯が欠けた…そんな時の応急処置の方法をご紹介!

まさかのミスで歯が欠けた…そんな時の応急処置の方法をご紹介!

何かに顔をぶつけたり、転んで顔を打ったり、堅いものを嚙んだ時に歯が欠けてしまうことがあります。このような災難は突然起こります。正しい応急処置しておかないと、後で大変なことになってしまいます。今回は、そんな急な歯のトラブルに対する応急処置の仕方についてまとめます。
ぶーちゃん | 174 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

poppo poppo