2017年3月6日 更新

私達が気をつけてあげたい☆歯が悪い老人のための食事のルール

若い頃は丈夫な歯を持っていても、老人になると歯に色々なトラブルが起きてきてしまいます。歯が悪い状態の老人も多く、食事がまともにとれないことも。高齢になるとどうして歯が弱くなるのか、そしてどのような食事内容がいいのか。まとめてみましたので、参考にしてみてください。

415 view お気に入り 0

高齢になると歯が弱くなってしまう理由

手押し車のふたり|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (6617)

おじいちゃんおばあちゃんで健康な歯を28本キープしているという方は残念ながらなかなか見かけませんね。70歳代後半の方の平均の残存歯の数は10本以下といわれています。どうして高齢になると、歯が悪くなってきてしまうのでしょうか?それは、年齢を重ねることで起きる体の変化と関係しています。
加齢に伴う能力低下は人それぞれ程度は違いますが誰にでも起こる現象です。そしてそれは食生活にも影響を及ぼすことに。
体の変化には、5感の衰えや胃腸の働きの低下などがありますが、唾液の減少、そして飲み込む力や噛む力の減少も含まれます。そしてそれらが歯に直接影響を与えることになるのです。
高齢者の歯は長年、食べ物を噛んできたため、歯の噛む面(咬合面)がすり減り(咬耗)、長年の誤った歯磨きなどによっても摩耗しています。歯そのもののの形状の変化は、歯並びを変化させ、顎のスムーズな動きや咀嚼にも影響を及ぼしてしまうのです。

意外に多い!高齢者の虫歯について

診療所1(歯科)イラスト/無料イラストなら「イラストAC」 (6839)

人は誰でも虫歯になる可能性を持っていますが、老人の方たちには特徴的な虫歯が見られます。それは、歯のつけ根の部分の虫歯。
高齢になると歯肉が退縮していき、歯の根の部分が露出するといった事が多く起こります。歯の根の部分はとてもデリケートで、もともと虫歯になりやすい場所。そこに、高齢者特有の症状である唾液の減少、そして歯ブラシ不足や歯の磨きづらさなどが重なって、虫歯が発生してしまうのです。
こうしてできた虫歯は同時に何本もできることが多く、さらに高齢者は歯の神経の感覚が鈍くなっている事もあってなかなか自分では気づかない場合も。そして気がついた時には虫歯はかなり進行していたり、ケースによっては歯が折れてしまうという事もあるようです。
口の中の特徴としては唾液が少なくなり、歯肉が退縮して根が露出することが多くなることがあげられます。また歯ブラシも十分にしにくくなるため、むし歯ができやすくなります。

歯の弱い老人の食事で気をつけたいポイントとは

食べ物をつかむ老人の手|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (6853)

入れ歯をしていたり虫歯があったり、歯の弱い老人への食事には気をつけたいポイントがいくつかあります。
まずは、硬いものを避けること。顎の力が衰えているお年寄りにとって、硬いものはうまく噛むことができません。また、入れ歯をしていると硬い食べ物が原因で入れ歯が外れてしまうことがあります。
食べ物の大きさにも注意をしましょう。大きすぎたり小さすぎたりすると食べにくく、口の中で上手にまとまめられないため飲み込みにくくなります。
通常食べたり飲んだりする行為は、歯や唇、舌やほお、あご、喉の運動等が上手に動くことが前提として成り立っています。ところがお年寄りは、歯の欠損や入れ歯の不具合、唾液の減少や筋力の低下などで咀嚼や嚥下がうまくできない場合も。そして飲み込むときに喉頭蓋がうまくふさがらず、食べ物が気管に入りそうになってむせやすくなったりしてしまいます。気をつけてあげましょう。
気管に食べ物や口の中の細菌などが入り込むことを「誤嚥(ごえん)」といい、高齢者はそれがもとで誤嚥性肺炎を起こす確率が高くなります。誤嚥性肺炎を起こすと、微熱や咳などが続き、ひどい場合は命の危険も伴います。くれぐれも注意しましょう。

お年寄りにオススメの食材やメニュー

食べ物に表情2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (6859)

噛みにくい物や喉につかえやすい物、むせやすい物を避けて食事を選びましょう。
基本的に、柔らかく煮た芋類や野菜、ハンバーグやつくね等ミンチを使ったもの、そしてカレーやシチューなど少しとろみのあるものは食べ易いとされています。片栗粉やゼラチンを使用して、飲み込み易くしてあげるのも一つの手。乳化されたヨーグルトやアイスクリームも飲み込み易いです。
一方、お茶や味噌汁は一見飲み易そうですが、実は口の中でまとまりにくく喉へ流れ込みやすいので注意しましょう。その他、まとまりが無くボソボソするチャーハンやそぼろ、喉にくっつき易い海苔や餅、弾力の強いスパゲティやコンニャク、そしてきな粉のように粉っぽいものは避けてあげるのが無難です。水分は不足しないようにし、水にむせてしまう場合はお茶などをゼラチンや寒天でごくゆるく固めてあげると安心ですね。
一見食べやすく工夫されている「キザミ食」は、お口の中でバラバラになり、まとまりにくくなります。
よく噛めていない状態で無理に飲み込もうとすると、むせや誤嚥の危険が高まります。

まとめ

歯が弱く思うように食べられなかったり入れ歯が合わずに痛みがある場合は、楽しく食事がとれなくなります。食事は家族との団欒の時間でもあり、毎日の楽しみの一つ。老人が安心して食べられるものを選んで、食べ易く栄養バランスの良い食事を提供してあげましょう。また、食後のうがいや歯磨きも忘れないように気をつけましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

老人になっても食事を楽しみたい!そのために大切なのは歯。

老人になっても食事を楽しみたい!そのために大切なのは歯。

人生の楽しみのひとつは、美味しく食事をいただくこと。それはいくつになっても変わりません。歳をとっても食事を楽しむために欠かせないのが歯です。老人になっても食事を楽しめるような“歯”作りをしましょう。
| 156 view
老人が歯をカチカチさせる原因とは?治療法もご紹介♪

老人が歯をカチカチさせる原因とは?治療法もご紹介♪

あなたの周りに、歯をカチカチと鳴らしている老人の方はいませんか?病院に行くほどでもないけど、一緒にいると、どうしても気になってしまいますよね。今回は歯をカチカチさせる原因と、治療法についてご紹介していきます。ぜひ、参考にしてみてください。
ぶーちゃん | 3,004 view
LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

セルフホワイトニングに関心を持つ方が増えてきていますが、実際に行われたことがあるのは少ないのではないでしょうか。今回はLEDライトを使用したセルフホワイトニング術をお伝えします。
Rits | 66 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 378 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 563 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ばぁーさん ばぁーさん