2017年3月6日 更新

自分に合ったものを選ぼう!様々な歯の矯正装置

歯列矯正に使う装置と聞いて、歯の表面に取り付けるブラケットを思い浮かべる人は多いと思います。しかし、銀色のブラケット以外にも様々な素材のブラケットやマウスピースといった装置があるので、ご紹介しましょう。ここでは、それぞれの矯正装置の特徴やメリット、デメリットを簡単にお伝えします。

29 view お気に入り 0

■自分ではずせるマウスピース

Free photo: Orthodontic, Aids, Mouth Guard - Free Image on Pixabay - 315784 (358)

近年人気の歯列矯正装置が「マウスピース」です。
この装置は、薄い透明な樹脂で作られたマウスピースにより
歯を動かします。
装置をつけていても自分から言わない限り
周りの人に気づかれることはありません。
目の前にいる人でさえ装置をつけているかどうか
わからないくらいです。
また、非常に薄いので会話がしやすいです。
マウスピース矯正の場合、食事や歯磨きの際は
外していただくので、食事は気にすることなく
美味しく食べられますし、歯磨きも今まで通りです。
また、マウスピースは金属を使っていないので、金属アレルギーがある人も安心して使える矯正装置と言えるでしょう。それだけでなく費用も比較的安価だと言われています。

しかし、マウスピースを使って矯正できる症状は限られています。
装着し忘れれば効果が無いため、毎日必ず決められた時間マウスピースを装着できることがマウスピースを使って矯正治療を行う条件です。

■様々な素材のブラケット

 (283)

マウスピースが使えない症状や、マウスピースを使いたくない人のための矯正装置が「ブラケット」です。
歯の表面に装置とワイヤーを取り付けて歯を動かすことで、歯並びを整えます。
ブラケットを使った矯正の場合、マウスピースを使うのに比べて、歯並びを早く整えることができると言われています。

ブラケットと一口に言っても様々な素材があるので、それぞれの特徴を見てみましょう

・金属製ブラケット
「歯列矯正」と聞いて多くの人が思い浮かべる銀色の装置が、金属製のブラケットです。
費用が比較的安価で、素早く歯を動かすことができるので多くの歯科医院で使われています。
ただし、目立ちやすいので女性などはブラケットを嫌がる人がいるのも事実です。
金属アレルギーの人は避けるべき装置でもあります。

・セラミック製ブラケット
セラミック製のブラケットは、金属と違い非常に目立ちにくいのが特徴です。
金属製のもの比べて少し強度が落ちますが、矯正装置を目立たせたくない人に選ばれています。

・プラスチック製プラケット
プラスチックでできたブラケットです。セラミック製のものと同じように、目立ちにくいと言われています。
しかし、プラスチック製のブラケットは変色するおそれがあり、変色すればそれなりに目立ちます。

・デーモン
これまでの装置よりも少ない力で早く歯を動かすことができるよう改良されたブラケットです。
装置が小さいため違和感を感じにくく、歯磨きもしやすいと言われています。
また、歯を動かす際の痛みも従来のものに比べて少ないのが特徴です。

・カラーエラスティック
カラーエラスティックは、発想を変えて「矯正装置をおしゃれとして楽しもう」という装置です。
ブラケットがカラフルなので、矯正器具らしさを感じさせません。

・ホワイトワイヤー
白いブラケットに白いワイヤーを組み合わせた装置です。
どちらも白いため、歯の表側に取り付ける矯正装置の中では最も目立ちにくいと言われています。

・リンガル
歯の裏側に装着することから、最も目立ちにくい矯正装置です。
ただし、違和感を感じやすく、費用も高額になります。

ブラケットと一口に言っても、様々な素材があります。
それぞれに目立ちにくいとか、少ない力で早く歯を動かすことができるといった特徴があるので、自分に合ったブラケットを選ぶと良いでしょう。

自分自身に合った装置を選んで

矯正治療は時間がかかる治療です。長く身に付けるものなので、自分に合った矯正装置を選ぶことが重要になります。多くの矯正装置があるので、担当の医師によく相談し、最も適した矯正装置を選ぶようにしましょう。
Free photo: Teeth, Dentist, Dental, Mouth - Free Image on Pixabay - 1652976 (359)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 376 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 554 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 480 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 434 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 474 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

菜々緒 菜々緒