2017年3月6日 更新

歯の黒ずみ!これって食事や喫煙載せいだけじゃないんです。

歯って元々真っ白ではなく、普段の食生活やケア、生活習慣によって黒ずみができてしまう場合があるのです。また過去の治療が原因で歯が黒くなることも、、、。今回は歯石のについて究明しながら、その解決方法をご紹介します。

40 view お気に入り 0

そもそも歯は真っ白なものではない

水分補給が欠かせない|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (2930)

歯の色には、生まれつきの個人差がありますが、完全に真っ白という人はなく、やや黄色みを帯びた色をしていると思います。
この黄色みは、歯の主体である象牙質の色です。その外側を半透明のエナメル質が覆っているのですが、このエナメル質が薄い人や、エナメル質の透明度が高い人ほど、象牙質の黄色みが透けて見えるので、歯が黄色っぽく見えます。
これは体質によるもので、歯の健康とはあまり関係がありません。
芸能人のように真っ白な歯になりたいと一度は思ったことが誰でもあるかと思います。しかし実は肌などと同様、人によって色が違い、元から真っ白いということはないのです。
いくら歯を白くしようとしてもなかなか効果が出なかったのは、もしかしたら元の色が原因かもしれません。小さい頃の歯を出して笑っている自分の写真を探してきて調べてみるのもいいかもしれません。自分の元の歯の色を把握してみましょう。

歯の黒ずみ原因は喫煙

煙たい男性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (2931)

虫歯ができたら歯医者に行って治療しますよね。治療がスムーズにすすむほど、時間や手間はかかりません。
しかし、喫煙をしながらの治療は非常に困難です。
喫煙によってたばこの有害物質が歯のまわりに付着します。体は付着した有害物質を取りのぞこうと活性酸素を大量に放出するでしょう。
活性酸素は体内にたくさん蓄積するほど悪影響をおよぼすものです。
特に、たばこの有害物質であるニコチン・タールは歯・歯石(しせき)の表面に黒い汚れをつけます。
セメント質への結合が非常に強いため、歯石を除去してもすぐ台なしにしてしまうのです。
喫煙による歯の黒ずみは対処方法があまりないかもしれません。一度ついてしまったのは歯医者さんでも除去するのも大変です。将来歯が黒くなりたくないのであれば、早めに禁煙を始めるか、1日に喫うタバコの数量を減らすのがいいかもしれませんね。
すでに着色してしまった歯の汚れを落とすなら、ホワイトニングを行うのもいいかもしれません。あまりひどいものでなければ綺麗に落とせる可能性もあります。

歯石も原因に、ちゃんと落としてる?

笑顔でハミガキをする男性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (2932)

白や黒など、なぜ色の違う歯石が形成されるのかというと、これは歯石に触れる成分がそれぞれ異なるためです。
唾液ではなく、歯肉溝滲出液(しにくこうしんしゅつえき)という歯肉溝から出てくる組織液にさらされると、歯石は黒くなります。

歯肉溝滲出液には唾液と同様にカルシウムやリン酸が含まれているので、唾液と触れたときと同様に硬化します。歯肉溝滲出液には毛細血管から滲みだした血液や鉄分が含まれているため、プラークが硬化する際に黒く変色するのです。
なお、歯肉溝滲出液は、歯肉炎や歯周炎など炎症が進行しているほど多く分泌されます
歯石って白いイメージですが、黒や茶色のの歯石もあるのです。見つけたら危険信号です。
歯石が長い間溜まっているのかもしれません。
歯石とは食事によって残った食べかすを栄養として発生した細菌のことです。これが歯の隙間などに垢として残るのです。色のついた歯石は長い間残っている細菌の垢なのです。

歯石はとっちゃいけないという意見も

見ちゃった|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (2934)

この琥珀(こはく)に閉じ込められた蚊と同じように、歯石の中の細菌もカチンコチンに固まってるとイメージしておいて下さい。だから、「そんなに急いで取らなくても全然大丈夫!」なんです。それよりも、歯周病の原因である、プラークが歯の表面に付いていることの方が100倍悪いわけです。プラークは”生きた細菌の塊”なので。
歯石の中の細菌は歯石に守られているので焦って取らなくても大丈夫なようです。それよりもプラークを落とすための食後の歯磨きが大切です。プラークとは歯についた垢です歯石が石灰化したものであり、これが原因で歯周病や虫歯になってしまいます。虫歯は酸を発生して歯を黒くする恐れがあるので、このプラークは歯磨きできちんと落としましょう。

歯の神経を抜くと黒くなる?

あまり歯医者が話したがらないと思いますが,歯茎が黒くなる原因は歯科治療による物です.

神経を抜いた歯の変色、場合によっては歯茎の退縮、歯茎に金属の粉の埋入などによって歯茎が黒く見えてしまいます
治療によって神経を抜くとそこに血が通わなくなるので、そこから黒ずんでくることがあります。対処法はホワイトニングやウォーキングブリーチなどの薬剤で歯を白くするか、セラミックなどの被せ物で白く見せるかです。医者によって、また症状によって最善の方法が変わってきますが、比較的安く済むのはホワイトニングとブリーチです。保険が適用できる場合があります。しかしセラミックの被せ物の場合は保険適用外で高価なので注意が必要です。

まとめ

歯が黒くなる原因はたくさんありました。過去の治療の記録をとっておいたり、自分の昔の歯の写真をとっておいて、歯医者さんに相談するときに持っていくのもいい方法です。お医者さんによって治療法の選択が異なる場合がありますから、自分で情報を集めて最善の治療を受けれる準備をしておくことも大事かもしれませんね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

napoleon.eldorado napoleon.eldorado