2017年3月6日 更新

八重歯をチャームポイントの歯と思っていてはダメ?トラブルも知っておこう

「チャームポイントは八重歯です」というフレーズを聞いたことはないでしょうか?確かに女性の八重歯はかわいらしいですね。しかし、八重歯は放置しておくと思わぬトラブルを引き起こします。歯を健康に保つために、お口の中の環境を良く保つために正しい知識と治療方法をご紹介します。

78 view お気に入り 0

八重歯の本当の意味は?

 (4179)

八重歯を「尖った歯」と認識している方が多いと思いますが、それは間違った知識となります。
生えている位置がおかしい歯、歯の列からずれて重なって生えているように見える歯を指します。

一般的に八重歯というと犬歯をイメージしますが他の歯も当てはまるわけです。
ただ、犬歯が八重歯になる可能性が高いというのは言えるようです。
ちなみに、日本では先に述べたようにチャームポイントとして見られますが欧米や中国では縁起の悪い歯として扱われます。
尖った歯のことを八重歯だと考えている人がいますが、それは大きな誤解です。

尖った歯は犬歯といい、正常な状態だとやや外側にあります。
歯列からずれて生えてしまい、重なったように見える歯の事を八重歯と言います。

犬歯の部分が八重歯になってしまう事が多いので勘違いする方が多いです。

八重歯があることのデメリット

 (4210)

八重歯は生え方の悪い歯。つまり、歯並びが悪いのが八重歯になります。
そうなると歯磨きなどのセルフケアもしにくくなるデメリットがあります。
その他にもデメリットはおおくあります。

①口内炎ができやすい
②口臭
③知覚過敏
④加齢で容貌の変化

八重歯があることで食事中などに誤って口の中を噛んでしまうこともあります。
そこから口内炎を引き起こすことも考えられます。
八重歯は歯磨きがしにくく虫歯のほか口臭の原因にも発展。
犬歯が八重歯になることが多いわけですが、犬歯は歯の中でも役割が重くなっています。
それが八重歯になると他の歯への負担が高まり知覚過敏を引き起こしやすくなります。

その他、年齢を重ねると頬など顔の脂肪が落ちてきてしわが目立ってきます。
それに伴って八重歯も目立ち容貌も悪く見えてしまいます。
八重歯があるということは歯並びが悪いということになるので、当然歯磨きがしづらくなります。
そのため八重歯がある人は正常な歯並びの人以上に丁寧なブラッシングをしないと、歯周病や口臭などのトラブルを引き起こしてしまいやすくなります。

八重歯の治療方法とは

Free photo: Doctor, Security, Office, Hospital - Free Image on Pixabay - 1228629 (4215)

デメリットが意外に多い八重歯ですがどのような治療があるのでしょうか?
自分の状況に合わせて歯科医師との相談が必要です。
八重歯の治療方法には以下があります。

①全体矯正
②部分矯正
③抜歯して新たな歯を入れる

全体矯正は長期的な治療になり、費用も掛かりますが健康な歯のままきれいな歯並びにしていけるのが特徴です。
個人差はあると考えられますが年単位での矯正が必要になります。

部分矯正は八重歯付近の歯を少しずつ削りスペースを作ってきれいな歯並びにしていきます。
健康な歯を削ることにはなりますが、全体矯正よりも治療期間も短く費用も抑えることができます。
とにかく早く治療を終えたい時には、八重歯とその付近の歯を抜歯して人工の新しい歯を埋め込む方法もあります。
矯正のストレスはないのですが、八重歯を抜くことで他の歯への負担が増える場合もあるようです。

また、八重歯によって押し上げられていた口元が痩せていくことにもなります。
それによってほうれい線ができやすくなって容貌の変化の可能性も。
何より、残るはずの健康な歯を抜くわけですので思い切った決断が必要だと考えられます。
それぞれの治療方法でメリット、デメリットがありますので理解したうえで治療を受けましょう。
歯の健康のことを考えるのであれば八重歯は矯正して正常な位置に戻すことをお勧めします。

「八重歯があるということは歯並びが悪いということ」
まずはこのことをしっかりと覚えておきましょう。

最後に

見た目にも影響を与える八重歯ですが女性芸能人でも八重歯の矯正などの治療を行った方も数多くいるようです。
治療方法は人それぞれだと思いますが歯が大事ともいわれる芸能人ですので気を使っているのでしょう。
一般人の我々も八重歯治療の参考になりますね。具体的には…相武紗季さん、篠原ともえさん、大島優子さん、板野友美さん、沢尻エリカさんなどなど。
有名芸能人も八重歯はチャームポイントというよりデメリットを考えている現れではないでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキュレーター

えびす えびす