2017年4月20日 更新

インプラントのメリットとは?知らない人のためのポイント解説!

欠損した歯の治療には差し歯や入れ歯などが有名ですが、近年ではインプラントを行う人が増加傾向にあります。インプラントには手術を必要とし、保険はほとんど適用されないというデメリットがあります。それでもインプラントを行うメリットとはなんでしょうか?

24 view お気に入り 0
 (11836)

そもそもインプラントとは何か?

インプラント(implant)とは、体内に埋め込まれる器具の総称で、医療目的で広く行われ、失われた歯根に代えて顎骨に埋め込む人工歯根(デンタルインプラント)や骨折・リウマチ等の治療で骨を固定するためのボルトなどがある。

そのほか、心臓ペースメーカー、人工内耳や美容目的(豊胸目的で乳房に埋め込むインプラント)やファッション目的で皮下浅くに埋め込むインプラント,等もある。

現在、歯科治療で使われている人工歯根が広く普及していることもあり、ただ単にインプラントと言うと歯科インプラントをさす事がある。
インプラントは器具に体に埋め込むことで損傷・欠損した部位を補い正常な状態に近づける治療法です。人工関節や人工骨などを体内に埋め込み本来の機能を取り戻す役割を果たすもののことを呼び、歯科治療の場合は「デンタルインプラント」と呼びます。このように本来は体内に器具を埋め込む治療をインプラントと呼びますが、現在ではインプラントと言えば歯科治療を指すことがほとんどとなっています。

インプラント治療の特徴

インプラントは、歯周病や外傷などにより歯を失ってしまった場合、その機能を補う方法として有効な処置のひとつです。治療法としては、失ってしまった自分の歯のかわりに人工の歯根を顎の骨に埋め入れ、その上に人工の歯(被せ物)を取り付けることで噛み合わせを回復いたします。

従来はブリッジや入れ歯など、残った他の歯に力や機能の分担をしてもらう方法が一般的でしたが、インプラント治療は、固定性であるためガタついたりせず、従来の自分の歯のように噛める力が回復します。見た目も元の健康な歯に近くなります。
インプラント治療は本来あるべきはずの骨や関節、歯などを失い機能が低下したものを再生させるための治療法です。ここで言う歯科治療のインプラントの場合、失った歯を人工の歯を埋め込むことで再び歯としての機能や見た目を再生させることを目的とした治療になります。

損傷・欠損した歯の治療には差し歯や入れ歯など同じように器具を用いた治療がありますが、これらは口腔内に差し込むことで歯の機能を補う治療法です。ただし、残っている歯や骨を利用してかかる力や機能を分担するという方法なので耐久性や負担などから見た目や噛む力と言う点では本来の歯とは比べ物にならない場合が多くありました。

その点インプラントは外科手術であごの骨に埋め込むことで歯全体を作り、本来の歯と同じような見た目や噛む力を回復させると言ったメリットがあります。

インプラント治療のメリット

Free photo: Man, Male, Person, Model, Eating - Free Image on Pixabay - 973240 (1739)

前述のとおりインプラントとは簡単に言うと人工の歯を歯茎から作り、歯そのものを生まれ変わらせることになります。入れ歯や差し歯、ブリッジなどは残った歯や歯茎に差し込み歯の代用をするものですが、インプラントは歯茎から歯冠部分まで骨格を作りあごの骨に埋め込む手術なのです。実際に埋め込むことで自分の歯で噛むという感覚に近づくことができ、違和感なく物を嚙むことができるというできる最大のメリットがあります。

従来に近い感覚で物を噛める

インプラント治療は天然歯の状態の80%近くまで噛む力が回復するといわれています。自分の歯と同じように何でも噛め、食事などの不自由さから解放されるのです。噛む力だけでいえば、総入れ歯の場合は健康な時の20%まで機能を回復できれば良いほうといわれています。

インプラント治療は歯だけでなく、失った歯根まで再生するわけですから、歯を失う前と同様に何でも噛めるようになります。
あごに埋め込むことで入れ歯や差し歯以上の人工歯の固定力が実現できます。歯を失うことで噛む力と言うものは本来のものから著しく低下し、固いものを噛むということが困難になります。歯根を残して欠損した部分を補助する差し歯はどうしても部分的に噛む力が分散し、噛む力が半分ほども発揮できないと言われています。インプラントの場合、歯根までもを人工のものに変えることで噛む力が差し歯や入れ歯とは格段の差が生まれます。

噛む力が本来に近い状態まで回復すると言うことは食事に不便を感じることが少なくなり、今まで通りの食事が味わえるという最大のメリットがあります。また、独立した人工歯を使用するため、両隣の歯に負担がかかるブリッジのように周囲の歯を傷つけるということもありません。

あごの骨に噛む力を伝えるので骨が瘦せ細りしない

入れ歯や差し歯の場合、噛む時の力を残った歯や他の部分に分散するので、十分な噛む力を伝えることができません。総入れ歯の場合などあごの骨が痩せ細り輪郭が変わってしまうのはこのためです。

インプラントの場合、あごの骨にインプラント体を埋め込み骨と結合させるため噛む力を伝達させることができるのが特徴です。そのため噛む力や衝撃などの負荷があごに伝わり、あごの骨や咬合力が鍛えられて骨の痩せ細りを防ぐ効果が期待できます。

見た目、審美性が格段に向上

インプラントは、埋め込む際に歯列状態や本来の歯の形や色を合わせてから人工の歯を作るため、見た目が自然の歯と遜色のないものが出来上がります。入れ歯などの場合残った歯との兼ね合いに不都合が生じたり、色などのバランスから審美性に疑問があるものも多いという難点もありました。インプラントには、器具の金具やバランスと言った審美性の問題を改善し、見た目を格段に向上させるといったメリットがあるのです。

発声に支障が出ない

前歯が無くなったくらいでそこまでしゃべることが難しくはならないだろう、 と思われるかもしれませんが、空気が漏れると漏れないとでは発声が全く違ったものに なってしまうことは歌手ならば誰でも知っていることです。 聞き取りやすい声は前歯があってこそのもので、程度の違いはあれど歯を失っていく ごとにはっきりした発音からは遠ざかっていきます。
入れ歯や差し歯は口腔内との相性が合っていない場合には発音に支障をきたす場合も考えられます。発音は空気が歯を通ることで微妙な違いが生まれます。歯にズレが生じると発声や発音が上手く行かなかったり、最悪の場合に入れ歯などが外れてしまう恐れもあります。

インプラントは、歯根から再生させるため外れるということは入れ歯や差し歯と比べて余程のケースでもない限りあり得ません。実際に「和田アキ子」などのようにプロの歌手の方でもインプラントをしている方はいますが、それを感じさせないだけの歌唱力を見せています。

応用が利く

Free photo: Delfin Bananas, Banana Dolphin - Free Image on Pixabay - 1737836 (1809)

インプラント治療は歯根部分を埋め込み、支台と歯冠部分を被せて人工の歯を作ります。この人工歯は様々な材質を用いて歯を形成します。インプラント治療の最大の特徴は人工歯根を作ることですが、この歯根を土台として入れ歯を固定させる維持装置としても利用できます。

インプラントで重要なのは歯根部分を作ることなので、歯根を固定させることで上に被せる器具を選ぶことができます。インプラント治療の場合には歯冠部分を被せる場合がほとんどでそれ以外を用いるのは稀ですが、義歯を被せたりマウスピースを固定させる土台としても利用できるのです。

また、海外の方に多く見受けられるのは歯の部分を取り換えてアクセサリーのように利用する方法です。いわゆる人体改造という本来の意味でのインプラントの利用方法ですが、このように利用する方も少なからず存在するのです。

インプラント治療のデメリット

Free photo: Migrant Mother, Woman, Children - Free Image on Pixabay - 1397009 (1819)

良いことばかりを紹介してきましたが、インプラントにももちろんデメリットはあります。インプラントは外科手術なので入れ歯や差し歯に比べて、体にかかる負担が大きいことと治療にかかる費用が大きいことです。特にインプラントは自由診療となるため、保険適用外となるケースがほとんどなのです。費用と言う点では入れ歯や差し歯と違い保険が適用されにくいということが最大のデメリットとされています。また、外科手術による術後のトラブルなども無いとは言い切れません。

ただし、これらのデメリットは治療を行う上でどの分野にも言えることであり、予想を超えるデメリットとは言い切れないものでしょう。治療のトラブルや治療にかかる費用は想定内のデメリットとして受け止め、インプラントを行う際には自身の環境とよく相談をすることです。

インプラント治療は「自分自身」にメリットがあるのか?

Free photo: Math, Blackboard, Education - Free Image on Pixabay - 1547018 (1824)

インプラント治療のメリットについて説明してきましたがいかがだったでしょうか?今回のお話の中で紹介したメリットは一般的なインプラント治療におけるメリットと言うものです。ここで注意したいことはメリットが必ずしも自分自身に当てはまるものではないということです。いくらメリットがあると言っても、自分の体調や体質に合わないものを選んでしまえばそれはメリットとは言えません。

また、自分の生活を圧迫するような費用の捻出もメリットとは言えないものでしょう。インプラント治療は歯を失った人に多くのメリットをもたらすものですが、自分の負担になってしまうようではそれはデメリットと言うものです。治療を受けたことで大きくプラスになることが本当の意味でのメリットと言えるものですので、まずは現状の自分自身を比較してから治療を受けても遅くはないでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

インプラント治療は基本的には保険治療の対象外となるため、非常に高額になることをご存知ですか?今回はインプラント治療の相場や、知っておきたい分割払いの方法について解説します。分割払いのメリットとデメリットもご紹介するので、しっかり理解したうえで検討しましょう。
ゆき | 238 view
【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

完全自費診療だと、とても高額になることの多いインプラント治療。生命保険の対象になるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、インプラントと生命保険の関係について解説します。インプラントが対象となる、歯科治療専門の保険もご紹介致します。
ゆき | 859 view
インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントのメーカーは世界中に100社以上あると言われており、それぞれ違った特徴をもっています。インプラントは高額なので、しっかり自分にあったメーカーを選びたいですね。院プラントを選ぶ時のポイントや、現在最も使用されることの多い有名メーカーの特徴をまとめましたので、メーカー選びの参考にしてくださいね。
ゆき | 289 view
歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

最近評判のインプラントですが、費用はかなり高額になるようです。インプラント治療を考えている人は、インプラント治療について、あるいは、そのメリットとデメリットなど、よく知った上で、歯医者さんに行くようにしましょう。
musinoiki | 258 view
【基礎知識】インプラントってなに?銀歯とは違うその魅力を分析

【基礎知識】インプラントってなに?銀歯とは違うその魅力を分析

インプラントとは、病気などで失ってしまった歯の箇所に人口の歯を埋め込むことで、より自分の歯に近いに状態まで噛む力などを回復できる治療法です。このインプラントの詳細と魅力についてまとめてみました。
kyara77 | 73 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

manji manji