2017年4月19日 更新

歯を大切にしよう!奥歯の上手な磨き方を紹介!

毎日の習慣でなんとなく歯磨きをしているという人はいませんか?なかなか磨きにくい奥歯の上手な磨き方を学んで、しっかりと歯のセルフケアを行いましょう!奥歯が磨きやすい歯ブラシの紹介などもしていきたいと思います。

92 view お気に入り 0

奥歯の磨き方はとても大切

 (8886)

毎日2~3回歯磨きをするという人がほとんどだと思いますが、本当に毎回上手に磨けているでしょうか?

なかでも奥歯は歯ブラシが届きにくいのでついつい磨きの腰が起きてしまうことが多いものです。

虫歯になりやすい奥歯は特に念入りに歯磨きをする必要があります。

上手に磨くためにはどうしたらいいのでしょうか?
特に、奥歯の磨き方は重要です。
奥歯は歯ブラシが届きにくいため、磨き方を間違えると虫歯になりやすいでしょう。
奥歯は、歯ブラシを横から入れたりしてしっかり磨いてください。
磨き残しがあると、奥歯が真っ先に虫歯になります。
歯の裏側や前歯は、歯ブラシを縦に使って磨きましょう。

奥歯のどこに磨き残しがたまりやすいの?

 (8892)

口の中で一番磨きにくい奥歯ですが、いったいどうやったら上手に磨けるのでしょうか?

奥歯のどこに磨きの腰が多いかわかれば、そこを重点的に磨くことができます。

毎日忙しい中でしっかりと歯磨きをするのは面倒だと感じる方もいるかもしれません。

しかし、しっかりと磨いて歯を健康に保つことで、長い年月の間、自分の歯で食べることができる楽しみを味わうことができるのです。
虫歯になりやすい場所は「歯と歯の間」「歯と歯肉の境目」「奥歯のかみあわせ」の部分です。「歯の間」や「歯茎の間」は食べカスなどがたまりやすい場所になります。

大事なのは「歯と歯の間」の汚れを落とすことです。歯の表面を何度も磨くのではなく、「歯と歯の間」の汚れを落とすことを意識しましょう。
歯ブラシの角度を45℃にすることで、「歯と歯の間」に毛先が入り、汚れが落ちやすくなります。

コンパクトな歯ブラシを選ぼう!

 (8901)

きちんと奥歯を磨き上げるには歯ブラシ選びも重要です。

使いやすいことはもちろんのこと、毛の部分や柄の部分も自分にぴったりと合ったものを選びましょう。

ドラッグストアなどに行くと、たくさんの歯ブラシが売られていますので選ぶ楽しみも味わっちゃいましょう。
奥歯は歯ブラシが届きにくいので、ブラシの部分が小さい「コンパクトタイプ」や「超コンパクトタイプ」の歯ブラシが適しています。ヘッドが小さいだけでなく、口に入る部分の体積全体が小さいことが重要なので、ヘッドが薄く、ネックも細い歯ブラシがおすすめです。

強く磨けばいいというのは間違い!

 (8904)

ゴシゴシと強く磨けば汚れが落ちると思っている人はいませんか?実はそれ間違っているのです。

奥歯は目に見えないからついつい力が入ってしまいますよね。

でもコツをおさえれば力は必要ないのです。
歯を磨く際に、強く磨いた方が、汚れが落ちやすいと勘違いされている方も多いと思いますが、強い力で歯を磨くと歯や歯ぐきに負担をかけ、傷つけてしまうことと、歯ブラシの消耗も早くしてしまうため、おすすめできません。時間をかけて優しくていねいに磨くことをおすすめいたします。
◆奥歯の奥の奥
奥歯の一番後ろは、歯ブラシを斜め上に立てるようにして、歯ブラシの先端を使って磨きましょう。

◆奥歯の裏側
歯垢がたまりたすく、しかも磨きにくいところです。口を開け気味にして、歯ブラシを斜め45度の角度で歯にあてて丁寧に磨きましょう。

◆上の奥歯の表側
歯ブラシを横にして、歯並びに沿って小刻みにていねいに磨きましょう。1歯につき10秒以上歯ブラシをあてて振動させましょう。

まとめ

鏡でのぞき込まないとなかなか見えない奥歯。
でも奥歯はものを食べるときにとても重要な働きをしています。
きちんとした磨き方を覚えて、前歯も奥歯もしっかりときれいに保ち、いつまでも自分の歯でご飯を食べていけるようにケアをしっかりしましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子どもの歯の上手な磨き方のポイントをご紹介します!

子どもの歯の上手な磨き方のポイントをご紹介します!

小さな子どもが一人で歯を磨くのはちょっと難しいことも多いもの。歯の上手な磨き方を親が子どもにきちんと教えてあげられるように楽しい歯磨きタイムを小さなうちから習慣付けたいですね。上手な磨き方やポイントについて調べてみました。
ハチ公 | 54 view
爽快な息を手に入れるために!口臭予防に効果的な歯の磨き方5選

爽快な息を手に入れるために!口臭予防に効果的な歯の磨き方5選

口臭って周りに与える影響は大きいものです。一度口臭のイメージを与えるとなかなかそのイメージを払拭するのは難しいことだと思います。口臭の原因はさまざま。そこでどんな原因にも対処できるような歯の磨き方を紹介します。
ryosuke | 107 view
【基本】歯周病のための歯の正しい磨き方

【基本】歯周病のための歯の正しい磨き方

皆さん、歳と共に歯周病はどんな方でも徐々に進行して歯周病になるのは知っていますか?そんな知らない内に歯周病にならない為にも、歯の正しい磨き方をこれからマスターしていきましょう! 綺麗な歯を1本でも残して80歳で20本目指しませんか? 歯が綺麗だと食事も美味しいですよ♪
candy6178 | 54 view
フロスってどうやって使うの?歯のためにフロスを使うメリットとは?

フロスってどうやって使うの?歯のためにフロスを使うメリットとは?

歯科医は必ず歯磨きの後に毎日フロスを使ってケアしているのをご存知でしょうか?虫歯の予防や歯周病の予防にもとても効果の高いフロスでのケア。上手に取り入れて歯を健康に、丈夫に保ちたいですね。上手な使い方やメリットをご紹介します。
ハチ公 | 66 view
歯を守るには糸ようじの使用が効果的だった!

歯を守るには糸ようじの使用が効果的だった!

歯医者さんに糸ようじを使用してケアをしてくださいと言われたことがある人はいませんか?糸ようじは歯を虫歯や歯周用から守るためにとても大切なものです。まだ使ったことがない人は上手な使い方や糸ようじのメリットなどを紹介しますのでぜひ試してみてくださいね。
ハチ公 | 110 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ハチ公 ハチ公