2017年3月6日 更新

みんな嫌がる「親知らず」!親知らずの歯が生え始める20代は要注意!

歯の成長過程やスピードには個人差があります。周りの大半の方が永久歯が生え揃い始める時期にまだ数本しか生え変わっていないなんて、珍しいことではありません。しかし年代別に歯の変化というものはあるもので、みんなが嫌がる親知らずの生え始める時期って20代なんです。

135 view お気に入り 0

歯の成長過程を見ていくと…20代は特に注意!?

深夜に歩きスマホをする女の子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (11614)

全ての歯が永久歯に生え変わった頃、定期検診はとても重要になってきます。永久歯を失うということは本来の歯がなくなるということです。定期検診を行う中で20代前半の時期に生えてくる人には生えてくるのが親知らずです。
親知らずとはその名の通り、親が生え始めを知らない、つまり子供が成長・自立をしはじめる思春期後半から20代くらいまでで生えることが一般的とされています。しかしながら、必ずしもこの時期に生えてくるものでもなく、中には一生生えてこない人もいます。これは現代の食生活等の影響で日本人の顎が小さくなってきていることが関係しています。また現在、健康な日本人の成人の歯は上下合わせて28本あることが基本であると考えられており、この中に親知らずは含まれておりません。

そもそも親知らずとは?20代なら知っておくべき歯の知識

ドラキュラ・吸血鬼のイラスト(空想上の生物) | かわいいフリー素材集 いらすとや (11615)

親知らずと聞くと抜く際の痛み、抜いた後にしばらく残る痛みを想像しますよね。そして今思えば…と感じるのが親知らずが生え始めてきた時期って確かに20代に差し掛かった時期ではないでしょうか。
親知らず(おやしらず)とは、大臼歯(大人の奥歯)の中で最も後ろに位置する歯であり、第三大臼歯が正式な名称で、智歯(ちし)とも呼ばれています。親知らずは中切歯(最前方の前歯)から数えて8番目にあり(図1)、永久歯(大人の歯)の中で最後に発育します。永久歯は通常15歳前後で生え揃いますが、親知らずは生える時期が概ね10代後半から20代前半であり、親に知られることなく生えてくる歯であることがその名前の由来だとも言われています。

20代に生えやすい親知らずの歯は抜くべき?

指で拳銃を撃つ仕草をするロシア人美女|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (11616)

では、親知らずが生え始める20代。親知らずを発見したからと全ての親知らずを抜く必要はないということを知っておくといいですね。親知らずはその歯を抜くことになります。痛みを伴い腫れの症状が現れます。

親知らずが他の周りの歯に影響を及ぼす場合、痛みを伴う場合などはどうしても抜かないといけなくなりますが、特に親知らずが周りの歯に影響しない時にはそのまま様子を見るという判断を医師が下します。

抜かなくてもいい親知らず

親知らずがまっすぐに生えている人は親知らずを抜かなくていい人です。多くの親知らずは横や斜めになり、親知らずの周りに細菌が溜まり、腫れや痛み、口臭の原因になります。親知らずがまっすぐ生えていれば、歯磨きがしやすいため、親知らずを抜く必要がなくなります。

20代のうちに抜くべき親知らず

親知らずの手前の歯が健康で、親知らずが横や斜めに生えている人は早めに抜歯をしておいた方がいいです。親知らずは歯磨きをしっかりしていてもいつ腫れや痛みが出るかわかりません。特に女性の方は妊娠出産の時に痛みが出た時には抜歯がすぐにできないこともあります。親知らずが生え始める20歳前後に抜歯することをおすすめします。
親知らずの周囲には細菌が溜まり、手前の歯が虫歯や歯周病になりやすい環境です。手前の歯の病状が進行してしまうと手前の歯を抜歯するか、親知らずを抜歯するか、それとも両方の歯が使えるところまで使うかという選択をしなくてはならなくなります。手前の歯が治療できる範囲のうちに抜歯することをおすすめします。

まとめ

いかがでしたか?親知らずは生まれつき生えているわけではなく、20代に差し掛かる頃に突如姿を現します。親知らずが生え始める時期に抜くべき親知らずなのか、そのまま様子を見ていいのかというのは、やはり医師の診断に任せることが安全です。

抜くべき親知らずは体力も回復力も残っている20代のうちに抜いておく方が、後々負担を軽減させることができるので、自己診断ではなくどのような治療が必要なのか、しっかり歯医者で検査を受けましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

あれ?歯を噛むと違和感が…放っておくと危険な歯の痛みの原因5つ

あれ?歯を噛むと違和感が…放っておくと危険な歯の痛みの原因5つ

なんだか歯を噛むと違和感を感じるという方は少なくないはずです。痛みが強いわけじゃなく、噛むと違和感を感じる…痛みを感じるときは不安を覚えるけど、でも毎回痛いわけじゃないから大丈夫?実は放っておくと危険な歯を噛むと感じる違和感の原因は?
ryosuke | 3,419 view
LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

セルフホワイトニングに関心を持つ方が増えてきていますが、実際に行われたことがあるのは少ないのではないでしょうか。今回はLEDライトを使用したセルフホワイトニング術をお伝えします。
Rits | 44 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 346 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 520 view
【症状別】歯のトラブルの原因を解説

【症状別】歯のトラブルの原因を解説

一言で歯の痛みと言っても、その症状は様々です。痛みの症状によって、その痛みがどこから来るもので、どのような治療が必要になるのかが分かることもあります。痛みの原因を知ることで、歯のトラブルを改善しましょう。今回は、症状別に歯のトラブルの原因を探っていきたいと思います。
ぶーちゃん | 117 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ryosuke ryosuke