2017年3月6日 更新

鏡を見てびっくり!歯が黒い。原因は?そして対処法は何?

歯が黒くなったのはどうして?実は普段の生活習慣と、過去の治療が原因になっていたのです。あんまりひどいものは歯医者さんに相談しなければならないかもしれません。今回はその原因と対処法について詳しくご説明します。

128 view お気に入り 0

よくある原因

バンドあるある「自分のアルバムが中古で100円」|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (2899)

一つはタバコのヤニによる汚れです。また歯石が付着していることによる原因もあります。歯と歯茎の間に隠れている歯石のせいで黒く見えることがあります。
これは普段のお手入れに原因がありますが、他に詰め物が劣化して黒ずんでくる場合があります。過去の治療が原因になっている場合は、お医者さんに相談しないとわからないのです。

虫歯が原因なら早めにお医者さんに

 (2243)

初期虫歯の場合、正しいブラッシングと歯医者でのケア、生活習慣の改善などで進行を防ぐことが可能だからです。虫歯かなと思った歯をそのまま放置していると、いつの間にか進行し、削って詰める本格的な治療が必要になるかもしれません。
予防歯科を推奨しているお医者さんが多いことからも、普段からの歯のお手入れは必須です。
心配だと思ったらブラッシング以外に、歯間ブラシなどを使って普段みがき残していそうなところを見つけて歯を磨くようにしましょう。虫歯を予防できれば黒ずみのリスクは減ります。

神経が死んでしまっている

歯にとって神経を抜くということは、歯の死を意味します。歯に通っていた血流が止まるので、黒くなっていきます。神経を抜くと歯の寿命自体が短くなってしまうので、やむおえず抜かなければならない時に神経を抜く治療をするのです。
ウォーキングブリーチとは神経を1度取って歯が黒く変色してしまったものを、元のように白くする治療法です。
神経が通っている管に漂白を入れて、変色した歯を白くします。
通常のホワイトニングは、神経が生きた歯(生活歯)を対象とする為、神経が死んでしまった(失活歯)歯の黒ずみには効果が現れません。
しかし、ウォーキングブリーチを行う事で、神経がなくなった歯(失活歯)の変色も白くする事が可能です。
他にも神経がなくなって黒ずんできた歯に、被せ物をするという治療もあります。オールブリッジ、メタルボンド、セラミッククラウンといったものですが、保険がききません。保険の差し歯は欠けやすいので、こちらをすすめられることもあるようです。

他にもあった、お医者に行かないとわからない黒ずみの原因

「テトラサイクリン歯」というのは、テトラサイクリン系と呼ばれる抗生物質を、ある特定期間内に服用した際の副作用により変色した歯のことをいいます。
詳しくいうと、永久歯の形成期である出生直後から8歳頃までにテトラサイクリン系の抗生物質を多量に投与された場合、歯の着色、歯のエナメル質の形成不全、胎児や小児に一過性の骨発育不全などを起こすことがあるとされています。
このお薬が最も多く使用された昭和40年代生まれの患者さんに多く見られるようです。ごく少数ですが過去の治療が原因で歯が黒くなる例の一つです。
またホワイトにングで治すのが難しいため、ラミネートなどで被せ物をする治療法が一般的なようです。
珍しい例だと思いますが、この症例は意外と多く、こうした分かりにくい症例もあるため、自分で症状を把握するのってなかなか難しいですよね。

まとめ

上記に示した通り、歯の黒ずみは主に原因は二つでした。普段の手入れによる歯の汚れと、過去の治療が原因です。
歯の汚れに関しては普段のお手入れでなんとかなりそうですが、着色が激しく根強い場合もあるので、やはり気になるのであればお医者さんに相談するのが一番です。お医者さんでクリーニングやホワイトニングなど、症状にあった治療を提案してもらいましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

napoleon.eldorado napoleon.eldorado