2017年2月20日 更新

受け口の歯を矯正したい!どんな矯正方法があるの?

通常、前歯は上の歯が前、下の歯が後ろ側になります。受け口はこの逆で、下の歯が上の歯より前に来ている状態のこと。発音しづらい、うまく噛みきれないなどの不都合が生じることもあります。そこで、受け口の歯の矯正について見ていきましょう。

123 view お気に入り 0

受け口とはどんな状態?原因は?

受け口|イラストNo.675【歯科素材.com】 (7087)

受け口とは下の歯が上の歯より前に出ている噛み合わせのことで、下顎前突、反対咬合ともいいます。発音しづらい、うまく噛みきれないといった機能的な問題はもちろん、あごがしゃくれてくるなど見た目にも影響を与えるので、受け口はコンプレックスになりやすいもの。原因は、遺伝的なものと、歯の生え方や口呼吸などの癖よる後天的なものとがあります。
受け口の原因には、生まれながらにお持ちの先天的・遺伝的要因と、成長する過程において獲得する後天的・環境的要因があります。
・先天的・遺伝的要因
ご家族・親戚の方に受け口の方が多いなど遺伝的な要因がある方
上のあごの成長が悪くなりやすい、下のあごが大きくなりやすい病気を持って生まれた方
など
・後天的・環境的要因
舌、頬、唇等のあごや歯の周りの組織の形態、機能が異常な方
乳歯、永久歯の歯の生え方が何らかの要因で悪かった方
唇、指、爪を噛んだり吸ったりした結果の方
など

子供の矯正方法1.マウスピース

マウストレーケース(青・トレー入り)|イラストNo.616【歯科素材.com】 (7088)

前歯がまだ乳歯や、永久歯への生え変わりが始まる頃に行う方法としては、ムーシールドやT4Kといったマウスピースを使う方法があります。ブラケットなどを使った矯正とは違い、痛みもなく、日中は外せるので見た目を気にしなくていいのがメリット。このマウスピースをはめて就寝をすることで舌の位置を正し、受け口を矯正していきます。

子供の矯正方法2.上顎拡大装置

治療の流れ 治療開始02|イラストNo.1207【歯科素材.com】 (7089)

マウスピースタイプの矯正は基本的に前歯が永久歯になるまでに使う方法なので、前歯が永久歯に生え変わるタイミングで受け口になってしまったら、上顎を広げる矯正方法になります。上の顎の骨は真ん中につなぎ目がありますが、20歳ごろまでは癒着していないので装置で広げることが可能です。
取り外しができるプレート(床)により、歯の移動と、あごの骨の拡大を行う矯正治療です。取り外しが簡単にでき、食事中は外します。
この装置では、歯を正しい位置に動かすとともに、歯の土台そのものを正しい大きさに拡大します。装置はスクリューが装着されていて、ネジを回転してスクリューを拡げて歯並びの幅を広げたり歯を動かしたりします。

大人の矯正方法1.ブラケット

青色のパワーチェーンを付けた男の子|イラストNo.1947【歯科素材.com】 (7093)

成長が終わってから受け口を矯正する場合、歯を動かすことで改善できそうならブラケットを使った一般的な矯正方法で歯を動かし、受け口を改善していきます。軽度から中程度の場合は歯を抜かずに矯正できますが、中程度から重度で歯を動かすスペースが確保できない場合は、歯を抜く必要が出てくることもあります。
基本的には「上の前歯を前に持ってくる」か、「下の前歯を後ろにひっこめる」ことになります。普通は両方を合わせて治療をします。

1.受け口の程度が中程度から重度の場合
この場合、前に出てしまっている下あごの前歯を引っこめる訳ですが、どうやって引っこめるかというと、小臼歯(前歯と奥歯の中間の歯)を抜いて、そこに出来たスペースを利用して前歯を引っこめていきます。小臼歯を抜くと、そこには5mmくらいのスペースができますが、そこにできた5mmくらいのスペースに前歯を下げて持って行くわけです。

大人の矯正方法2.外科手術

モル(Dr.プラカード1)|イラストNo.1536【歯科素材.com】 (7096)

歯の矯正をしても、骨格までは治すことはできません。重度の受け口でしゃくれが出てしまい、これも治したいと思う場合は、顎の骨そのものを外科手術で移動させる必要があります。顎の位置を正しく戻せるので、噛み合わせも正しく戻すことができます。
成長期が終了した時点で反対咬合がかなり強い場合は外科矯正にて治療を行います。外科矯正とは顎自体を外科的に前後ろに移動させ、矯正治療を行うことです。噛み合わせから顔の形まで全体的に治していきます。期間は3〜4年程度で、保険診療3割負担の方で60万円から80万円程度です。
骨格のズレが大きい場合には、歯を本来の傾斜に改善した後、上アゴと下アゴのズレを手術にて修正いたします。この場合、アゴの位置も改善されるため、噛みあわせが良くなるだけではなく、顔の形も自然な美しい形となります。(アゴが正常に発育した本来のあなたの顔になります。)

まとめ

子供の受け口は、3歳過ぎから治療が可能です。「前歯がまだ乳歯」「前歯は永久歯だけど骨は成長期」「骨の成長が終わっている」という3段階で治療方法が変化してきますが、大人になってから受け口の矯正は可能です。受け口が気になるようなら、矯正歯科で相談してみましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 363 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 532 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 468 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 412 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 462 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

達也 達也