2017年3月6日 更新

歯ブラシの毛ってこんなに種類があるの!?

歯の健康のために必要なものといえば、毎日の歯磨き。毎日の習慣にするものだから、自分にあった歯ブラシを選んでストレスなく過ごしたいもの。色々な歯ブラシが色々あるけれど、その中でも特に歯ブラシの毛についてまとめてました。自分にぴったりの歯ブラシをチョイスして、健康的な歯磨き習慣を。

264 view お気に入り 0

歯ブラシの毛について

Free photo: Tooth Brushes, Hygiene, Clean - Free Image on Pixabay - 1194943 (4498)

体の中でも最も刺激に敏感な場所といえるのが口内です。そんな敏感な口内に直接入れるものだからこそ、歯ブラシの毛についてにはこだわりたいものです。
刷毛(はけ)というのは、要するに歯ブラシの毛のことを指します。こちらは把柄部よりも多くの形状が存在するヘッド部分です。以下の代表的な形状について、これらを組み合わせたものが各社から販売されているため、それぞれの特性を理解して歯ブラシを選ぶといいです。

【代表的なヘッド部分の形状】
・ストレート型(直線型)の歯ブラシ
・タフト型(山切り型)の歯ブラシ
・コンケーブ型(凹型)の歯ブラシ
・コンベックス型(凸型)の歯ブラシ
・ローリング型(傾斜型)の歯ブラシ
・ワンタフト型の歯ブラシ※1本磨き用

歯ブラシの毛種について

Free photo: Toothbrush, Head, Dental Care - Free Image on Pixabay - 1856268 (4543)

歯ブラシの毛(刷毛)の種類には、大きく分けて「天然(動物)毛」と「人工毛」の2種類があります。それぞれの特長をまとめてみます。

天然(動物)毛

天然(動物)毛の代表といえるのが、「馬毛」と「豚毛」です。やわらかく口当たりが良いため、歯や歯茎を傷めにくいのが特長で、適当な刺激の強さで、歯垢を除去することが可能です。やや高価で、近所のスーパーやドラッグストアでの取り扱いは少ないため、馴染みのある人はあまりいないかもしれません。

人工毛

人工的に作られた刷毛のうち、多く使用されている素材がナイロンです。大量生産に向いているため、安価で色々な場所で手に入れることができますし、種類も豊富です。耐摩耗性が強いので、毎日使う歯ブラシにぴったりです。
さらに、ナイロン毛と組み合わせて使うシリコンゴムの歯ブラシも増えており、歯の表面の汚れを落とすと同時に、エナメル質を磨いてくれるのでツルツルにすることが可能となり、歯のくすみを取り除く効果が期待できます。主にホワイトニング向けです。筆者もこのシリコンゴムとナイロン毛を組み合わせた歯ブラシを使用しています。歯がキュッキュして気持ちいいですよ。

天然(動物)毛と人工毛のメリット・デメリット

Free photo: Bathroom, Brush, Care, Clean, Cup - Free Image on Pixabay - 15565 (4547)

天然(動物)毛の良さは、何と言ってもやわらかいことです。歯や歯茎への刺激が少なくなるので、歯茎が腫れている人やよく出血するという人は注目してほしいです。
しかし、一度濡れた毛は乾燥のスピードが遅いため、毛先に細菌が繁殖してしまうなどの不衛生な状態になってしまうということです。また、動物の毛なので、アレルギー体質の人は過剰反応が出てしまうこともあるので注意が必要です。

人工毛は耐摩耗性が高く、傷みにくいというメリットがありますが、毛先が広がりやすく、復元力はあまり高くないのが難点です。

毛先の形状の種類

Free photo: Toothbrush, Dental Care, Hygiene - Free Image on Pixabay - 674650 (4546)

毛先の形状にも様々な種類があります。代表的ないくつかについての特長はこんな感じです。

■ フラットカット

毛先がまっすぐになっているカットです。市販で多く出回っているタイプで、歯の表面にむらなく当てることができるので、全体を磨くのに適しています。

■ ラウンドカット

毛先が丸いドーム状にカットされています・歯茎に当たっても痛くない少し丸めの形状が特徴です。それによって、ソフトな口当たりを実現しています。

■ 先端極細加工

先端が極細に加工されていて、歯の間や歯周ポケットなどに届きやすい加工がしてあります。筆者もこのタイプを併用して使用しています。隅々までキレイになるのでおすすめです。

■ 球状先端加工

いわゆる「毛先がキュー(球)」というやつですね。ボール状になっているため、より広い面積を磨くことができます。歯の表面の汚れや歯垢が落としやすい歯ブラシです。
ほかにも、先端が分岐しているものや先端に向けて細くなっているものなど多様に揃うので、お気に入りを探してみてください。

まとめ

歯ブラシ自体は「形状」・「素材」・「硬さ」によって分類することができます。その中でもヘッドの形状は最も最初に目に入りやすい違いになります。
一言に形状と言ってもヘッドの大きさや薄さも関わってくるので、自分の口の大きさに合ったものを選ぶことを優先にしてください。
歯ブラシにも多種多様なものがあります。全てを試すことはなかなか難しいかもしれませんが、「天然毛でストレスなく」「力が強いからやわらかめで」「細い毛のほうが隅々まで磨けていい」など、好みによって選んでみるのも楽しいのではないでしょうか。
ずっと付き合っていく自分の歯をより健康に保つために、ぴったりの歯ブラシを選んで快適な毎日を過ごしてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホワイトニング歯磨き粉の効果を上げる方法

ホワイトニング歯磨き粉の効果を上げる方法

ホワイトニング歯磨き粉を使って歯を白くするわけですが、せっかく行うのであれば少しでも白さを実感できるほうがいいですよね!ホワイトニング歯磨き粉の効果を高める方法をお伝えします。
Rits | 23 view
歯ブラシの種類をどれだけ知っていますか?それぞれの名前と特徴をご紹介♪

歯ブラシの種類をどれだけ知っていますか?それぞれの名前と特徴をご紹介♪

ドラッグストアの歯ブラシ売り場には多くの歯ブラシや清掃用具が並んでいます。どれを選んだらいいか分からなくなってしまうほどですが、皆さんはそれぞれの種類と特徴を知っていますか?ここでは歯ブラシの種類と名前をあわせて紹介していきます。
白雪 | 264 view
目移りするほどの歯ブラシの種類!その選び方について徹底解説します♪

目移りするほどの歯ブラシの種類!その選び方について徹底解説します♪

清潔好きでは世界一とも言われる日本人。毎日お風呂に入って、歯磨きは朝起きて、夜寝る前に、人によってはお昼ご飯の後にも磨いて、1日2〜3回。でも、一度も歯医者さんに行ったことがない人はいますか?虫歯か歯肉炎か歯周病か、何かしらお口のトラブルで歯医者さんへ通ったことのある人がほとんどだと思います。それらの病気の原因、治療、予防におけるキーワードは歯磨きです。でも似たような種類の歯ブラシがたくさんありますよね。せっかくなら、予防や治療に適した歯ブラシを選びたいのではありませんか?そこで歯磨きに使う歯ブラシの選び方について徹底解説します。
サラリー | 47 view
どんな種類の歯ブラシを使ったら上手に歯磨きができるの!?

どんな種類の歯ブラシを使ったら上手に歯磨きができるの!?

ドラッグストアに行くとたくさんの種類の歯ブラシが並んでいるので、どれにするか迷ってしまうことってありませんか?自分にぴったりと合った歯ブラシを選ぶことで歯のケアの質は格段にアップします。上手な歯ブラシの選び方やコツをご紹介します。
ハチ公 | 45 view
幼児ってどんな歯ブラシが使いやすいの?幼児向きの歯ブラシって種類はどんなのがあるの?

幼児ってどんな歯ブラシが使いやすいの?幼児向きの歯ブラシって種類はどんなのがあるの?

幼児が使う歯ブラシの種類は数え切れない程あります。しかし、どんな歯ブラシを使えばいいのか?どんな歯ブラシがあるのか?悩んでいる方は多いのではないでしょうか?そんなママ・パパ達の参考にしてもらえたら嬉しいです。
ちー | 120 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

悠斗 悠斗