2017年3月6日 更新

歯が痛い!噛むとしみる!歯医者さんに行けない時の応急処置とは?

美味しく食べたいのに、『歯が痛い』『噛むとしみる』、そんな歯のトラブルに悩んでいませんか?歯医者さんに行った方が良いのは分かっているけど行く時間がない…。そんな時の応急処置をまとめてご紹介します。

88 view お気に入り 0

歯が痛い・しみる、その原因は?

 (9936)

美味しく食事、出来ていますか?
「ズキンっ!」「キーンっ!」といった歯のトラブルを抱えている方は、歯が痛い・噛むと歯にしみて美味しく食事が出来ない、とこんな風に悩んでいると思います。
ご飯を食べることは私たちの生命を維持するためにも必要不可欠な要素なため、ここを欠かすことなんて出来ないですよね。
それじゃあ、すぐにでも歯医者さんにいって治療をしてもらえばいいのですが、仕事が忙しい方はとくに病院へ行くことを後回しにしてしまいがちです。
そこで、そんなお口のトラブルについて、症状別に原因を見てみましょう。

歯がしみる

冷たいものや温かいものに反応し、歯がしみるような痛みを感じませんか?
しみるのは、知覚過敏を引き起こしているためです。
虫歯の進行も考えられ、エナメル質を溶かして象牙質まで進行した虫歯になっている恐れもあります。
歯がしみる=知覚過敏、又は初期の虫歯の可能性が考えられます。

ズキズキと痛い

神経にまで響き、強い痛みが続いている場合はむし歯が原因である可能性が高いです。虫歯の症状としては、小さい虫歯の段階であると冷たいものがしみたり、甘いものがしみてくるということがあります。
ズキズキと痛い=虫歯が重症化している可能性があります。

ものを噛むと痛い

食事の際に痛みがあったり、ものを噛むと痛むのは歯周病が原因であると考えられます。その他に、歯の根っこが割れてしまっていたり、根っこの先に細菌が感染してしまっている場合もあります。
ものを噛むと痛い=歯周病の可能性があります。虫歯が高度に進行した場合にも痛みがある場合があります。
 (9926)

歯が痛い、歯がしみるのはお口のトラブルが起こっている証拠!
このように歯が痛い・歯がしみるのは、虫歯や歯周病など何らかのお口のトラブルが起きていることが原因です。放っておくと症状が悪化してしまう可能性もありますので、早めに歯医者さんで治療を受けることが必要です。

歯が痛い時の応急処置4つ

歯医者さんで治療をした方が良いのは分かっているけど、今すぐには行けない!そんな時に、役立つ応急処置を4つご紹介します。

ただし、これはあくまで応急処置のため根本的な解決にはなりません。
早めに歯医者さんでの治療をおすすめします。

① 痛いところを冷やす

痛いと感じてる箇所に氷をあてて冷やしたり、濡らしたタオルを患部にあてるのも効果的です。
しばらくすると、痛みが少しずつ和らいでいきます。
タオルを濡らすのが面倒な方は、熱を冷ます冷却シートを患部にはっておくと、効果的に冷やすことができるでしょう。
 (10050)

② 口の中を綺麗にする

食後などに歯が痛くなった場合は、食べカスが歯や神経を圧迫して、歯痛を引き起こしている可能性があります。つまようじや糸ようじ、口を水でゆすぐなどして、痛みの原因を取り除きましょう。ただ、患部を刺激しないように気をつけて下さい。神経を刺激して、応急処置が逆効果になってしまうことがあります。うがい薬があれば、うがい薬で口をゆすぐのも効果的です。

③ 痛み止めを飲む

消炎鎮痛作用のあるロキソニンなどを使用する方法がおすすめです。ロキソニンは幅広い痛みに効果を発揮し、頭痛・生理痛・筋肉痛・関節痛も緩和します。現在、ロキソニンは市販薬として販売されていますので、気軽にドラッグストアで購入可能です。

④ 薬を塗る

虫歯の影響で歯が痛む場合、液体タイプの塗り薬で痛みを緩和させることができます。カンフル・フェノール・アルコールを配合したキャンフェニック処方を応用して作られた薬は、痛い部分に直接塗り込むことで、有効率も高いといわれています。さらに、その効き目は数分で現れるという、即効性のある製品なのです。歯茎や唇に塗布すると副作用がでる場合がありますので、用法用量はきちんと確認して適切に使用してください。
 (10049)

歯医者さんにすぐに行けない場合には、この4つの方法を応急処置として試してみてください。
そして食事が出来ない・痛くて夜眠れないなど症状が悪化する前に、歯医者さんで適切な治療を受けましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ハヤト ハヤト