2017年3月6日 更新

歯医者での矯正について知りたい!基本から最近の傾向までまとめ

誰しも多かれ少なかれ歯並びで気になる部分ありますよね。いつかはしてみたいと思いながらも、矯正治療への敷居は高いものです。それは矯正に関する知識に乏しいからかもしれません。歯並び矯正について、基本から分かりやすくご紹介していきます。

57 view お気に入り 0

まずは矯正治療の基本から

矯正治療になじみがない人にとっては、「歯並びの矯正って、歯に針金を付けてグイグイ押すんでしょ?」という程度しか知りません。まず歯を正しい位置に動かすという、矯正治療の基本を押さえておきましょう。
Free photo: Orthodontist, Dentist, Braces - Free Image on Pixabay - 287285 (10693)

「骨の代謝」を利用するため、時間はかかりますが身体への負担が少ないです。
人の骨は、日々、破壊と再生を繰り返す「骨代謝」をしながら新陳代謝して体を支えています。
歯列矯正は、この骨代謝を利用して歯を動かしています。
装置で歯に少しずつ継続的な力を加えると、徐々に歯は動きます。
歯が動くスピードは1ヶ月に1ミリ程度で、やみくもに強い力を加えたからといって、早く動くというわけではありません。
皮膚の新陳代謝はよく耳にしますが、骨も代謝を繰り返しているんですね!

矯正治療への不安について。
力をかけすぎれば、歯の周囲の血管が圧迫されて、正常な代謝が行えず、歯が動かなくなったり、場合によっては、歯根や周囲の骨に大きなダメージを与えてしまします。
やはり医師の手による絶妙な力加減で、効果的な矯正がなされるんですね。
ゆっくりとしか動かせないので、歯並び矯正は長期間に及びます。高額な費用の理由にも、納得できたのではないでしょうか?
歯や周囲の組織に負担をかけずに、患者様の体が持つ自然のペースで治療をするため、上下全体の歯並びがキレイになって、良い咬み合わせになるまで、約2年~3年くらいの期間がかかるのです。
審美歯科というのは聞いたことありますか?矯正歯科と混同しがちですが、似て非なるものなのですね。

矯正歯科と審美歯科はどこが違う?

芸能人が歯を一気に美しくするため、オールセラミックに改造することがありますが、健全に正しく美しい歯並びを作り上げる矯正歯科とは根本的な考え方が違います。
矯正歯科は、自分の健康な歯を活かし矯正装置を使って時間をかけてきれいな歯ならびにします。 一方、審美歯科は、健康な歯を削り人工的な歯をかぶせて、短期間で見た目をきれいにします。 良し悪しを一概に断定することはできませんが、審美歯科のように健康な歯を削る際は「今だけ」ではなく、「将来」を十分に考慮し、検討する必要があります。 もちろん、矯正歯科にも審美的な部分は多くありますが、口の中のすべてのバランスを考えて治療を行います。 両者は同じような意味合いで捕らわれがちですが、目的が共通する部分はあるものの、意味合いや内容は大きく異なります。
永久歯は何十年も使い続けなくてはならないもの。無頓着すぎるのも良くありませんが、数年後、数十年後を視野に入れず安易に手を加えるのも考える必要があるでしょう。

矯正治療は大人から始めても大丈夫

矯正治療というと子供の頃からというのが定説ですが、大人になってからできないわけではありません。むしろメリットもあるのです。
 (10695)

近年は目立たない装置が普及したこともあり、大人の治療が大変増えています。
子供の頃に矯正するチャンスがなかった、ずっと歯並びをコンプレックスに思っていた、という方が、大人になってから矯正治療に取り組み綺麗な歯並びになって、とても満足したという声をたくさん伺います。
「歯列矯正を始めよう!」と思った時が、始めドキなのです。

顎の成長期である子供時代が過ぎ、顎顔面部の成長発育能力はほとんどないけれど、その分、歯の移動計画が立てやすいとも言えるでしょう。むしろ大人の方が、前向きに治療に取り組むために、スムーズに治療が進むことも多いようです。
確かに子供のうちは親に言われて嫌々矯正治療をすることになりますが、大人ならばポジティブな気持ちで矯正治療に向き合えます。

まとめ

歯並びは見た目だけでなく、日常生活や健康への影響も大きいものです。将来への自己投資ですから、高い治療費も価値あるものだと考える人が増えています。
お口のトラブルで長年悩んでいる方は、是非検討してみてはいかがでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供に歯の矯正は必要?歯列矯正の役割や歯医者の選び方

子供に歯の矯正は必要?歯列矯正の役割や歯医者の選び方

子供の歯が生え変わってきて、歯並びが悪いと矯正を視野に入れるお父さんお母さんも多いのではないでしょうか。矯正を経験したことのない親にとってはまさに未知の領域ですよね。そこで、子供に歯の矯正を受けさせるメリットや矯正の役割、歯医者の選び方について解説していきます。
馬場 | 111 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 385 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 585 view
【解説】歯のホワイトニング2種類(歯医者&セルフ)と知っておきたい注意点

【解説】歯のホワイトニング2種類(歯医者&セルフ)と知っておきたい注意点

歯のホワイトニングは歯医者さんの専門家による施術だけではなく自分でもできることをご存知でしょうか。どちらの場合も事前に知っておきたい注意点をご紹介いたします。
麻衣 | 207 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 511 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

彩