2017年3月6日 更新

歯が汚い女性は嫌われる?! 美しい歯で自信を高めよう♪

女性の第一印象を決めるものは様々ありますが、いろんな雑誌を見ても必ずそこに「歯」というキーワードが入ってきます。目も可愛いし、髪も綺麗、とても好印象だと思ったのに、笑ったときの歯を見てガッカリ・・・。そんな経験をする人はたくさんいるようです。歯の美しさは、その女性の印象を大きく変えます。女性にとって歯の美しさはどれだけ大事かをよく知っておきましょう。

193 view お気に入り 0

女性の第一印象はやはり外見の美しさ

 (7816)

とある雑誌で「女性の第一印象を決めるポイント」というランキングが載っていました。
一位は「目」、二位は「髪」、そして三位に「歯」という結果でした。

歯の美しさ、笑顔の美しさはその女性の印象に大きく関わってきます。
単に歯が汚いだけでなく、口臭がきつい女性も嫌われがちです。

「~ちゃん、歯が汚いね」「息、臭いよ」なんて言われたらショックですよね。
一度そう言われてしまうとなかなか人前で歯を見せられなくなったり、人とコミュニケーションするのが嫌になってしまうこともあります。

いつも口元を手で隠すような日々を続けていたら精神的にも辛いです。
女性は心も体も健康で美しく、晴れやかであることが大切です。
美人の条件の1つに歯の美しさあります。美しい歯並びと、美しい歯の形、輝くような白い歯。美しさの問題だけでなく、噛み合わせ悪いと、偏頭痛や視力の低下などを引き起こすといった健康面での問題も生じがちです。さらにひどい症状としては左右の顔が歪んでしまったり、 口臭がひどくなったりもします。

欧米の女性にとって「歯は命」

ボディケアを欠かさないロシア人美女|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (7817)

欧米では美しい歯に対する意識がとても高く、特に女性の意識の高さは日本の比ではありません。
数ヶ月に一回は必ずホワイトニングの治療を行い、歯並び矯正も怠りません。

欧米では「歯の美しさ」がビジネスの場、コミュニケーションの場で極めて重要視されているので、歯が汚い女性は大きなイメージダウンになってしまいます。
歯の汚さによって就職ができなかった、仕事で相手にされなかった、ということが欧米ではよく起こります。
アメリカに行くと小さい頃から矯正を施し、ホワイトニングをして白く輝く歯を手に入れ、3ヶ月に1度は歯のクリーニングに通うが、普通のアメリカ人の習慣で当り前のように毎日3食歯ブラシ+フロスをしています。
面接においては、、歯並びや歯の白さも判断基準とされます。
歯が汚いことは、肥満と同じで、就職で不利に働きます。
アメリカ人にとっては、歯が命なんですね。

若い女性を中心に歯への意識も徐々に高まっている

 (7833)

グローバル化が進み、欧米の美意識の情報もたくさん入ってくるようになってから、日本でも歯の美しさに対する意識が少しずつ高まってきているようです。
中学生や女子高生が歯列矯正を行っているのもよく見かけますし、歯のホワイトニングを行うクリニックもたくさん出てきました。

まだ欧米並みとは言えませんが、日本においてもビジネス・プライベートで「歯の美しさ」がこれまで以上に重要視されてきています。
歯並びの良さや顔の下半分である口元の魅力が自分をイメージアップさせ、対人関係でも重要な役割を果たしていることがはっきりと認知されるようになりました。
浜松の女子校でも矯正装置をはめていることが珍しくなくなりました。もはや矯正治療は当たり前というような風潮も感じるようになっています。

「歯を白く美しくしたい!」そんなときは審美歯科へ

女性患者の歯を磨く歯科助手 (m015-188) | 無料人物写真フリー素材の【ビジトリーフォト】商用利用OK (7820)

女性が笑ったとき、歯が黄ばんでいたら第一印象が台なしになってしまいます。
そこでいつも「白い歯」を維持することが大切になりますが、現代では医療の進歩で「歯のホワイトニング」も容易に行えるようになりました。

自力ではなかなかホワイトニングができないこともあるので、そういうときは迷わず審美歯科医院で治療を受けてみましょう。

ただ、歯科医院におけるホワイトニングにもある程度のデメリットもあり、同時に個人の歯の状態によっては治療期間もそれぞれ異なってきます。
最初にしっりかとカウンセリングを受けたうえで治療を進めてください。
ホワイトニングの治療期間や回数は、人それぞれ異なります。
希望する歯の白さや歯の変色の原因や程度、ホワイトニング剤の濃度や1回の治療時間、施術方法や頻度、によっても治療期間は変わってきます。

ホワイトニング剤を歯に塗り、熱やレーザーで薬剤の効果を高める治療方法です。
ホワイトニング効果は、薬剤の濃度と治療時間の長さによって効果は変わりますが個人差もあり、一度で希望の白さにならない場合もあるので、通院回数は通常1~4回といわれています。
薬剤の濃さやレーザーの照射時間によっては、知覚過敏の可能性も高まってしまいまうというホワイトニングのデメリットもあるので数回に分けてじっくりと治療する方が、白さの持続期間も長く、歯への負担が少ないといわれています。

まとめ

歯の汚さが解消され、外見の美しさや印象がさらにアップすると、そこから「内面」も大きく変わってきます。
つまり自分に自信が持てるようになり、他者とのコミュニケーションも積極的になれます。
また、人前で笑顔を見せることが楽しくなる、たくさんの人に歯を見せたくなる。

歯を美しくすることで生まれる変化は多岐にわたります。
日々の生活がより楽しく、明るく、輝けるよう、美しい歯への意識を高めてみませんか?
 (8443)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ