2017年2月28日 更新

すきっぱの歯の矯正方法とは?最新の治療法をご紹介

すきっぱという言葉を聞いたことがある方も多いと思います。前歯と前歯の間に少し空間があることで、審美性が損なわれてしまうことを言います。今回はそんな歯のすきっぱを矯正する方法や、費用を調べて見ました。

188 view お気に入り 0

そもそもすきっぱとは?

 (11031)

すきっぱという言葉からも想像がつくように、歯と歯の間に空間ができてしまうことで、正面から見た時に審美性があまりよくない状態を「すきっぱ」と呼びます。
昔は矯正器具をつけることで治療をしていましたが、現在はもっと進んでいる最新の治療法が出てきました。
そもそも、すきっ歯と歯の間に隙間が空いていることです。正式名は空隙歯列(くうげきしれつ)や歯間離開歯(しかんりかいし)と言います。虫歯などで穴が空いたわけではなく、自然に隙間が空いてしまっている状態です。

場合によっては虫歯や歯周病で奥歯をなくしたことにより、前歯が開いてしまうこともあります。すきっ歯の場合、隙間に食べ物が詰まって虫歯になりやすい傾向があります。歯医者さんで治療することで治すことは可能です

すきっぱになる原因とは

 (11035)

すきっぱになる原因は主に2つあります。一つが「先天的」な問題です。
前歯に隙間が開くことが原因のすきっぱですが、両サイドの歯がもともと「小さく生えてきてしまう」ことがありその影響で、前歯に隙間ができることがあります。
もう一つの原因は「習慣」です。
普段から何気なく決まった体勢で寝てしまったりすると、骨格が歪んでしまい歯並びが不揃いになる傾向があります。
そのような習慣的原因もすきっぱになりえますので、注意が必要です。
ヒトの骨格は本来、仰向けで寝るように成長しています。小さいころからうつ伏せや横向きで寝る習慣を続けていると、歯列や顎顔面の骨のゆがみ以外にも、全身の骨格が寝る姿勢に合わせた形に歪みます。いつも同じ方向を向いて寝ていると、骨格が歪んでしまい、アゴに影響を与えてしまいます。寝る向きに癖がついているときは、枕やクッションなどを使って矯正するようにしましょう。

最新のすきっぱ治療法とは

 (11040)

すきっぱを治療するには、以前まで歯の「矯正」で治療をすることが一般的でした。
しかし、現在は「ダイレクトボンティング」という新しい治療法が生まれています。
この治療の特徴は、歯を削ることなく直接プラスチックを歯と歯の間に埋め込むことで、歯のすき間を無くす治療法です。
歯の隣接面に接着剤を塗布し、コンポジットレジンで継ぎ足して形を作ります。継ぎ目がわからないように色と形をそろえ、レジンを硬化させます。タービンで形をきれいに仕上げ、噛み合わせを調整し、レジンを徹底的に研磨後、最終硬化して完成です。

完成したものが取れたり、破折したり、変色したりしないような工夫が長年の経験から、たくさん組み込まれています。すでに10年以上の経過実例も出ていますので、長期間にわたってきれいな状態を保つことができます。

矯正費用はどのくらい?

 (11045)

最新の治療法「ダイレクトボンティング」でも費用は約4万円〜となっているところが多いようです。
この治療は、60分の治療を2回に分けて行なっているので、集中力がとても必要になるのと、歯医者さんの経験がとても重大な治療になります。
ダイレクトボンディングは保険診療ではなく自費診療で行っている歯医者も多くあります。色や形を極力残っている歯に近づけるためには何種類かのプラスチックを積み重ねて治療する必要があります。審美性を追求する場合は自費診療となります。

まとめ

現代のすきっぱの治療法では、全く新しいものが出てきています。
以前は矯正法でないと治療ができませんでしたが、どんどん最新の治療法で審美性を高めることが可能になってきました。
ご自身の歯と歯の間の隙間が少しでも気になる様であれば、ぜひ検討して見てはいかがでしょうか。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 387 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 585 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 512 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 449 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 490 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

クッスン クッスン