2017年3月6日 更新

アレルギーでも諦めないで!金属アレルギ―の人が手術前に気を付けたいことと金属を使わないインプラント

一般に、インプラント治療では金属を使います。そのため、金属アレルギーの人はインプラント治療を受ける際に注意が必要です。特にインプラントは一度手術を受けると、半永久的に口の中に存在するようになります。自分で取り外しができないので、手術を受ける際は金属アレルギーの有無を調べておくようにしましょう。ここでは、金属アレルギーの人がインプラント手術を受ける前に気を付けたいことや、金属を使わないインプラントに

127 view お気に入り 0

インプラントに使われる金属

 (256)

一般的に、インプラントは歯茎の骨に金属の土台を埋め込み、そこにセラミック製の歯を挿し込むようにして設置します。その土台に使われる金属は、チタンが多いと言われています。
インプラントは、顎の骨に埋め入れる「インプラント体(人工歯根)」と、失った歯の代わりとなる「上部構造」、それらインプラントと上部構造を連結する「アバットメント」の3つのパーツで主に構成されています。
実際に治療を受ける際、上部構造とアバットメントは、金属かジルコニアなどの非金属のものの中から選択することができますが、インプラント体は、ほとんどの歯科医院が金属であるチタン製のものだけを取り扱かっているため、金属を使用することになります
チタンが使われる理由は、
・比較的アレルギーが起きにくい
・人工関節や骨折の治療などにも使われていて安全性が高い
ためです。

他の金属ではアレルギーが起きてしまう人でも、チタンであればアレルギーを起こすことなく身につけられるという人も珍しくありません。
しかし、稀にチタンでも金属アレルギーを起こしてしまう人がいるので、注意しましょう。

もしインプラントを設置した後にアレルギーが起きた場合は、パッチテストを行い、原因を突き止め、必要があればせっかく埋めたインプラントを除去する手術をしなければなりません。
金属アレルギーが心配な人は、事前に皮膚科や歯科医院に相談し、パッチテストを受けておくと安心ではないでしょうか。

インプラントは金属アレルギーが起きやすい

 (261)

私たちの口の中は、絶えず唾液で濡れています。
それだけでなく、歯と歯の間や歯と歯茎の間には酸性の歯垢がたまりがちです。
そのため、金属のイオンが溶け出しやすく、溶け出したイオンが体の中に取り込まれて金属アレルギーを起こしやすいのです。

インプラント手術を受けたら、きちんと自宅でのケアを行うことはもちろん、歯科医の指示に従って定期的な検査を受けるようにしましょう。
また、アレルギーと思われる症状が出たらできるだけ早く病院を受診することが大切です。

金属アレルギーに限らず、アレルギー全般はある日突然症状が現れることも珍しくありません。
少し疲れが溜まっているとか、病み上がりで抵抗力が落ちている場合などは、特にアレルギー症状が起きやすいと言われています。
普段の生活に気を付けて、疲れを溜めたり、抵抗力を落としたりしないようすることも金属アレルギーを防ぐためには必要なことではないでしょうか。

金属アレルギーでも諦めないで!金属を使わないインプラントもあります

 (264)

「自分は金属アレルギーだから、インプラントは無理だ……」と諦めるのは、時期尚早です。
現在では、チタンに代表される金属を一切使用しないタイプのインプラントも登場しています。

例えば、強化セラミックでできている「ジルコニア・インプラント」などが代表的なものです。
ジルコニア製インプラントは、設置する際に使用する道具もジルコニアでできているため、より金属アレルギーの心配なく手術を受けることができるのも魅力です。

ただし、一般的な歯科医院ではまだまだチタン製のインプラントが主流なので、ジルコニア製のものを取り扱っている歯科医院を探すことから始めなければなりません。
また、インプラントを設置する患部の状態によっては、ジルコニア製インプラントが使用できない場合もあるので、よく歯科医と話し合った上で手術するかどうかを決めましょう。

チタンよりも金属アレルギーが起きにくいと言われているジルコニアですが、人によってはアレルギーを起こしてしまう場合があります。
もし何らかのアレルギーを持っている人は、事前に医師に知らせるだけでなく、パッチテストなどを行ってアレルギー反応が出ないのを確認してから手術を受けたほうが安心です。

インプラント以外のパーツにも気を付けて

金属アレルギーがある人は、インプラント本体だけでなく、インプラントと義歯を接続する「アパッチメント」と呼ばれる部品にも気を配る必要があります。
「インプラントをセラミックにしたから大丈夫だ」と安心せず、自分の金属アレルギーのことをしっかりと医師に話して、アレルギーを起こす可能性ができるだけ低い素材を使ったインプラント治療を受けるようにしましょう。
また、毎日の体調変化にも気を配り、少しでも心配な症状が出てきたらすぐに医療機関を受診して原因を突き止めることが重要です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

インプラント治療は基本的には保険治療の対象外となるため、非常に高額になることをご存知ですか?今回はインプラント治療の相場や、知っておきたい分割払いの方法について解説します。分割払いのメリットとデメリットもご紹介するので、しっかり理解したうえで検討しましょう。
ゆき | 256 view
【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

完全自費診療だと、とても高額になることの多いインプラント治療。生命保険の対象になるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、インプラントと生命保険の関係について解説します。インプラントが対象となる、歯科治療専門の保険もご紹介致します。
ゆき | 925 view
インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントのメーカーは世界中に100社以上あると言われており、それぞれ違った特徴をもっています。インプラントは高額なので、しっかり自分にあったメーカーを選びたいですね。院プラントを選ぶ時のポイントや、現在最も使用されることの多い有名メーカーの特徴をまとめましたので、メーカー選びの参考にしてくださいね。
ゆき | 308 view
歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

最近評判のインプラントですが、費用はかなり高額になるようです。インプラント治療を考えている人は、インプラント治療について、あるいは、そのメリットとデメリットなど、よく知った上で、歯医者さんに行くようにしましょう。
musinoiki | 268 view
【基礎知識】インプラントってなに?銀歯とは違うその魅力を分析

【基礎知識】インプラントってなに?銀歯とは違うその魅力を分析

インプラントとは、病気などで失ってしまった歯の箇所に人口の歯を埋め込むことで、より自分の歯に近いに状態まで噛む力などを回復できる治療法です。このインプラントの詳細と魅力についてまとめてみました。
kyara77 | 81 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

菜々緒 菜々緒