2017年3月6日 更新

子供の歯の矯正に保険は使える?保険適用になる場合とは

子供の歯の矯正となると気になるのは「保険が適用されるのか」ということですよね。子供の歯列矯正には保険が適用されるケースと適用されないケースがあります。今回はそんな子供の歯列矯正と保険について、どういった場合に保険が適用できるのかを紹介していくので参考にしてください。

235 view お気に入り 0

子供の歯の矯正は基本的に保険適用外

 (8698)

子供の歯の矯正は基本的に保険が適用されないので全額自己負担になります。料金は40万円~100万円以上と、治療内容や歯科医院によっても様々です。
一般的な矯正治療、歯列矯正は、健康保険は適用されません。
保険が適用されない治療のことを「自費治療」あるいは「自由診療」といいます。歯の矯正治療は、これに該当するため、治療費の全額が自己負担になります。
自由診療は、医療機関が自由に診療内容と治療費用を決める事ができるので、治療費や、治療費全体料金の明細は異なります。

しかし実はこんな場合には保険適用になる

Free photo: Brothers, Family, Siblings, Boys - Free Image on Pixabay - 457237 (11118)

ほとんどの場合は保険適用にならず、全額自己負担になることが多い子供の歯の矯正ですが、場合によっては保険が適用されるケースもあります。ここではそんな「保険適用になる矯正」について紹介していきます。

先天性の疾患がある

唇顎口蓋裂やゴールデンハー症候群といった先天性の疾患で、矯正や外科治療が必要な場合は保険適用になります。

顎変形症である

顎変形症の場合で外科手術が必要な場合は保険適用になります。
顎の骨の形や大きさが原因で、歯のかみ合わせに問題が出ている方や、お顔の形に顎の変形が目立っている症状を顎変形症[がくへんけいしょう]といいます。
顎変形症の治療を保険診療として行うためには、顎離断等の顎の骨を切る手術を行うことが前提となっています。

子供の歯の矯正で保険を適用するための条件

まず第一には保険が適用できるような上記の症状が見られることです。加えて、厚生労働省が指定した特別な医療機関である必要があります。上記症状が見られたからと言って近隣の歯医者では保険適用にならない可能性があることを覚えておきましょう。

また、当然ですが健康保険に加入している必要もあります。多くの場合はこうして保険が適用されると自己負担は3割ですが、条件によって負担金は変わるので、歯を診てもらって歯医者の判断を仰ぎましょう。
Free photo: Sisters, Girls, Summer, Fun - Free Image on Pixabay - 931131 (11119)

保険適用外でも医療費控除を利用しよう

ここまでご紹介してきた内容で、ほとんどの方は保険適用にならないということがわかっていただけたかと思います。全額自分で負担するしかないのか原則ありませんが、総支出を抑えるという意味であれば、確定申告や年末調整で税金をう安くすることができる「医療費控除」を利用することができます。
1年間に10万円以上の医療費がかかった場合には、確定申告をすることで、所得税の控除を受けることができます。ただし、審美的な目的のみで矯正治療をした場合には、医療費控除の対象とはなりません。

従って、歯科医から審美的な目的ではないことを、証明するような診断書が必要となるケースがあります。下記のようなケースでは、医療費控除の適用が可能です。

・子供の歯列矯正で、発育段階での治療が必要である場合

・咀嚼や噛み合わせなどに支障がある場合

・顎の状態から歯列矯正が望ましいと判断された場合

上記に該当する場合は、医療費控除額に対して、自分の所得に対する税率を掛けた額を、所得税の還付金額として返還請求することができます。

子供の歯の矯正はローンで払うことも可能

Free photo: Family, Father, Children, Boys - Free Image on Pixabay - 557108 (11120)

子供の歯の矯正は大人に比べれば安価ですが、それでも出費としては大きいです。まして、保険適用にならない場合は「諦める」という選択肢も浮かんできてしまいます。

しかし、そんな人のために歯列矯正はローンで払うことも可能になっています。ローンにもいくつかの種類がありますが、利息のかかるものからただ単に分割で払えるものなど様々なので財政状況に合わせて良く検討しましょう。
歯科ローンなどの分割払いで支払う場合も医療費控除は適用されます!

まとめ

子供の歯の矯正は保険適用にならないことが多く、大きな出費を覚悟しなければなりません。しかし、それだけ大きな金額を出したとしてもやはり歯列矯正を受けさせてあげることには多くのメリットがあります。

保険以外にも医療費控除やローンと言った「一時的な出費を軽減する手立て」はあるので、まずは歯科医院を受診して子供の歯はどんな状況なのかを判断してもらい、詳細な見積もりを出してもらうことをおすすめします。
Free photo: Hair Flying, Beautiful Hair - Free Image on Pixabay - 142210 (11117)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

子供の歯の矯正は保険適用できる?できる場合できない場合の費用について

子供の歯の矯正は保険適用できる?できる場合できない場合の費用について

子供の歯の矯正は費用が高いので、保険が適用になるのかどうか気になるところです。残念ながらほとんどの場合は保険適用外ですが、ある条件のもとでは保険が適用されるケースもあります。そこで今回は、保険適用になった場合の矯正の費用と適用にならなかった場合の費用を紹介していくので、参考にしてみてください。
馬場 | 528 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 378 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 437 view
【歯列矯正を考える理由】子供からシニアまで、歯並びが良くなるとどこが変わるの?

【歯列矯正を考える理由】子供からシニアまで、歯並びが良くなるとどこが変わるの?

歯列矯正は時間も費用もかかる大変な決心です。けれど、それを決心させるだけの嬉しい変化があります。それは年齢に関係なく一生涯にわたっての効果です。それぞれの年代で、歯並びが良くなれば何が変わるのかご紹介します。
まき | 158 view
子供の歯の矯正はローンで払える?使えるローンの種類と選び方

子供の歯の矯正はローンで払える?使えるローンの種類と選び方

子供の歯の矯正は高額な出費なので、ローンを使いたいというご家庭は多いです。そこで今回は、子供の歯の矯正費用をローンで払えるのか、払うとしたらどんなローンを選べば良いのかなどを解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
馬場 | 64 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

馬場 馬場