2017年3月6日 更新

歯の口臭の原因になる黄ばみ!原因は食べ物以外にもある?

歯の口臭が気になる時に自然と鏡で口内チェックすると思います。歯の口臭って自分で感じる異臭と周りが感じる異臭の度合いが違うのでやはり避けたいものですからね。そこで口臭の原因となっているのはやっぱりこの黄ばみ?なんて方に黄ばみの原因と対処法を紹介します。

101 view お気に入り 0

歯の黄ばみができる外因性の要因

歯の黄ばみを作る原因には外因性の要因と内因性の要因があります。外因性の要因は自ら作ってしまっている原因になるので、すぐにでも解消法として取り入れられると思います。

コーヒー

 (5966)

コーヒーは身近な飲み物で、こだわる人も沢山いらっしゃるのではないでしょうか。私もコーヒ好きの一人です(笑)
ですが、このコーヒーの茶色が歯を黄色くさせる原因になるんです。
そして、コーヒーの渋みや酸味、カフェインは口臭の原因にもなってしまうんです。

タバコ

Free image of cigarette, smoke, smoking - StockSnap.io (11574)

タバコを吸う人の歯が黄ばんでいること多いですよね。これはよく耳にするタバコのニコチンが原因なんです。ニコチンは食べ物や飲み物の色素なんかよりも強く歯に付着してしまうので、付着してしまうと、取り除くのも難しいんです…。
タバコのタール(ヤニ)とニコチンが口臭の原因ともなっており、このヤニの成分で口の中の機能が低下して雑菌が繁殖し、タバコの臭いと混ざってひどい口臭となるのです。

歯の黄ばみができる内因性の要因

歯の黄ばみを作る原因としてコーヒーとタバコはやはり大きな原因になります。コーヒーに関しては飲む量を減らすなど工夫できると思いますが、タバコは今日からやめましょうと言われて、簡単にやめられるものではないと思います。

しかし外因性の要因からまず排除していかないとはに黄ばみを作る原因って内因性の要因とあるのです。内因性の要因の中にはどのようなものがあるのでしょうか。

加齢

年をとるとともに象牙質の色が濃くなってきたり、エナメル質が摩耗して薄くなることで象牙質の黄色みが透けて見えやすくなることが原因。

歯の神経が死んだ時

外傷などで歯の神経が死んだ時はたいてい出血をともない、赤血球が歯髄内に漏れ出てヘモグロビンが分解され、これが歯髄内で着色物質へと変化し黒ずみの原因に。

歯の口臭を抑えるために取り入れたい黄ばみ除去法

Free image of toothbrush, toothpaste, blue - StockSnap.io (11575)

口臭を発生させる黄ばみは、好んで口にするものが原因になったり、誰もが重ねる年齢が原因になることがあるんです。黄ばみが歯の口臭の原因になると知ると、どうにか口臭を抑えようと無闇に歯ブラシを手に歯を磨きたくなると思いますが、口臭ケアにつなげるためには少しポイントが必要になります。

食後すぐには磨かない

食後は唾液が出やすい状態になっています。
この唾液が食べかすなどの酸を中和してくれる効果を持つのですが、ここで歯磨きをしてしまうと、まだ中和されていない酸を、歯のより深い部分へ浸透させてしまうということになってしまう恐れがあります。
このため、食後をしてから30分程は歯磨きをせず、気になる方はゆすぐ程度にしましょう。

歯磨き粉は、水に濡らす前

歯ブラシを水に濡らしてから歯磨きをすると、ハミガキ粉の泡立ちが良くなり、短い時間で磨いた気になってしまいます。
泡立っていても、汚れや細菌は残っています。
また、口から泡が溢れてしまう原因にもなります。

磨く力はほどほどに

磨く力が強すぎると歯のエナメル質を傷つけるだけでなく、歯茎が削れる原因にもなり、歯茎が下がったり、歯がしみる原因にもなります。
ポイントは中指と薬指でハブラシを持ち、
小刻みにゆっくり磨くこと。

まとめ

[フリー写真] 口から煙を吐く女性でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (11576)

いかがでしたか?歯の黄ばみは周りにも影響を及ぼす口臭の原因になります。黄ばみを作る原因がタバコという方は特に強い口臭を発生させてしまうのです。黄ばみは見た目だけでなく、臭いの原因にもなるものなので、黄ばみを作る原因を知り、予防できるものはしっかり予防しましょう。

そして黄ばみが原因で口臭を発生させている場合に気をつけるべき歯磨きポイントをしっかり抑え、上手に口臭対策を取り入れましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

歯の口臭の原因になる歯石…口臭対策に必要なことはズバリ『歯石予防』!

歯の口臭の原因になる歯石…口臭対策に必要なことはズバリ『歯石予防』!

口内トラブルとして考えられることはたくさんあると思います。痛みを伴う虫歯は誰もが避けたい症状ですが、痛みは自分だけに負担のかかるもの。意外と多くの方が悩みと考えるのは周りにも影響する口臭です。歯の口臭対策に必要なことは?実は歯石予防にあったんです。
ryosuke | 95 view
【症状別】歯のトラブルの原因を解説

【症状別】歯のトラブルの原因を解説

一言で歯の痛みと言っても、その症状は様々です。痛みの症状によって、その痛みがどこから来るもので、どのような治療が必要になるのかが分かることもあります。痛みの原因を知ることで、歯のトラブルを改善しましょう。今回は、症状別に歯のトラブルの原因を探っていきたいと思います。
ぶーちゃん | 158 view
フロスで歯の詰め物が取れちゃう人に!詰め物が取れる原因と解決法

フロスで歯の詰め物が取れちゃう人に!詰め物が取れる原因と解決法

歯を磨いていたら、、ガキッと硬い何かを噛んだ経験はありませんか?銀歯や金歯、セラミックなどの詰め物が取れてしまうといちいち歯科医を受診しなければならないので大変ですよね。 特にフロスを使っているときに詰め物が取れてしまうことが多いようです。 かといって歯の間は最も汚れが溜まりやすい場所ですので、フロスを使わないと虫歯や歯周病などを引き起こしてしまいます。 「詰め物がしょっちゅう取れてしまう…。」と困っている人へいくつかその原因と解決法を紹介します!
pakomi | 1,486 view
歯の清潔を保つならデンタルフロス!利用するメリットと痛みを感じる原因を知ろう

歯の清潔を保つならデンタルフロス!利用するメリットと痛みを感じる原因を知ろう

デンタルフロスを使う決断をしたあなた。デンタルフロスは良いものでしょ?あら、痛みがありますか?それはいけません。その痛みの理由を調べてみました。デンタルフロスと上手に付き合えば歯が健康になること間違いなし!
拓也 | 160 view
歯のお手入れにフロスを使うとなぜ出血するの?原因と対処法

歯のお手入れにフロスを使うとなぜ出血するの?原因と対処法

歯と歯の間を綺麗にしようとする時に手にするのはフロスです。やはり歯磨きだけでは全ての汚れを落とすことができません。しかしフロスを使うと出血するという声は多く聞こえます。その原因はなんでしょう?出血するくらいならフロスは使用すべきではない?
ryosuke | 329 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ryosuke ryosuke