2017年4月28日 更新

銀歯を白く変える方法と費用まとめ

昔は歯を治療すれば、ほとんど銀歯でした。最近は治療しても白い歯の人が増えてきました。以前に治療した銀歯を白く替えたいと思っている人はたくさんいるでしょう。現在、どんな方法があるのか、費用はどのくらいかなど調べました。

321 view お気に入り 0

(保険適用)コンポジットレジン

[フリー写真] 歯科医療機器を操作する手でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (11693)

材料は100パーセントのプラスチックです。このやり方は歯を削る量がすくなく、歯には優しい方法と言えます。白色で普通の歯のように見えます。
費用の面では安くて、1回の通院で済むことが多いので助かります。

強度や耐久性の面では若干劣り、力のかかる奥歯には避けた方が良いでしょう。年数がたつと変色してくることもあります。
歯の一部分に詰めてある小さな銀歯を白くする時に行われる治療法です。銀歯を外し、歯と同じ色のコンポジットレジンを詰め、光を当てて固める方法で、多くの歯医者さんで行われています。
ただし、この治療は前歯には問題ありませんが、奥歯などの力が加わる部分で使用すると、2.3年で割れてしまうことがあります。治療したい箇所に合った素材を選ぶようにしましょう。
コンポジットレジン(保険適用)
→1本 700~1000円
(詰め物)

→1本 3000~4000円
(かぶせ物)

(保険適用)硬質レジン前装冠

[フリー写真] 患者の歯を治療する歯科医と歯科助手でアハ体験 -  GAHAG | 著作権フリー写真・イラスト素材集 (11694)

”硬質レジン”という白色のプラスチックを金属の被(かぶ)せの表側に張り付けます。前歯(6本)のみが保険適応になります。
硬質レジン前装冠は、前歯部の歯(犬歯~犬歯)を失ったり虫歯になったりした時などに、裏側は金属で作りますが、大切な外から見える前側は周りの歯と同じような色合いになるように、特殊な硬いプラスチック材(硬質レジン)でお作りします。ほとんどの症例は保険で治療可能です。
種類 光重合硬質レジンジャケット冠
回数 3回
費用 5000円~10000円(1本)

(保険適用)ハイブリッド セラミックレジン冠(CAD/CAM冠)

ハイブリッドセラミックの材料は、プラスチックとセラミック(陶器)を混ぜて作られています。

CAD/CAM冠とは、従来の手作業に代わり、計測、設計、加工の全工程にコンピュータ制御の機器を採用した一連のシステム(CAD/CAM設備)で作られた冠(被せ物)です。

保険適用になるのは、前から4番目、5番目の小臼歯の被せ物だけです。
メリット
プラスチックと陶器の混合なので、プラスチック製のコンポジットレジンより審美性、耐久性ともに優れている。

デメリット
保険適用のハイブリットセラミックは、種類・製品が限定されている。保険適用になる部位が限定されていて、被せ物のみ保険適用となる。

※保険適用となるのは、真ん中の歯から数えて4番目、5番目の歯で、CAD/CAM装置を使って作られたものに限ります。(院内にCAD/CAM装置がある歯医者に限られる)
さらに、詰め物は保険適用外で、被せ物のみ保険適用となります。
ハイブリッドCAD/CAM冠の値段・価格・料金

約8700円 (保険適用、3割負担の場合)

※上記の金額には、虫歯を削る料金、クラウン本体の料金、装着料、補綴物維持管理料(2年間保障)などが含まれます。

(自費)セラミック冠、ジルコニア冠

セラミック冠は100パーセントセラミックを材料とし、ジルコニア冠は人工ダイヤモンドとも呼ばれる白色ジルコニアを材料としています。

セラミックは自然の歯により近い感じですが、歯よりは柔らかく、割れやすい弱点があります。

ジルコニアは自然な歯に近いですが、セラミックに比べれば劣ります。しかし、歯より硬く、割れにくいため、奥歯に適した材料です。
一般的なジルコニアはダイヤモンドの代わりとして使われるほど、硬く、透明感のあるものです。歯科用のジルコニアは同じような成分で白く、硬く、柔軟性のある材料に改良されたものです。

今までのセラミックでは強度不足だったので、奥歯の被せ物に使うと欠けたりすることがありました。ジルコニアクラウンにすることによって欠ける可能性がかなり減少します。噛み合わせの力が最もかかる一番奥の歯には最適な治療法です。
クラウンーーーーオールセラミック  A 123,000円(税抜113,889円)/1本
                  B 130,000円(税抜120,370円)/1本
    ーー-ーハイブリッド       85,000円(税抜78,704円) /1本
    ーーフルジルコニア(臼歯部) 154,000円(税抜142,593円)/1本

おわりに

銀歯を白い歯に替える方法と費用について、紹介してきました。 いかがでしたか?

銀歯が気になるのは特に前の方の歯だと思います。硬質レジン前装冠とハイブリッド セラミックレジン冠の保険適用できる分を合わせると、前の方の10本分がカバーできますので、助かりますね。

費用が十分に使える場合は、前の方はセラミック冠、奥歯はジルコニア冠にするのが良いでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

虫歯になった…でも銀歯は嫌!安く白い歯に治療するにはどうすれば良い?

虫歯になった…でも銀歯は嫌!安く白い歯に治療するにはどうすれば良い?

銀歯が嫌だ!という方も多いのではないでしょうか?そして、なぜ銀歯での治療が主流なのか?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?その訳と、銀歯を使わず白い歯に安く治療できないか調べてみました。
拓也 | 318 view
銀歯を白く塗る?歯のマニキュアについて知っておきたいポイント

銀歯を白く塗る?歯のマニキュアについて知っておきたいポイント

歯のマニキュアって知ってますか?その名の通り、歯の表面を白くマニキュアのように塗ることです。 この方法であれば、今までホワイトニングができなかった銀歯や差し歯などの人工の歯も白く美しい見た目にすることができますし、より手軽な方法として注目されています。 ここでは、歯のマニキュアについて気になっている人へ今すぐに知りたい情報をたっぷりお届けします!
pakomi | 195 view
銀歯を白くできるマニキュアとは?

銀歯を白くできるマニキュアとは?

ホワイトニングができないと言われている差し歯や銀歯を白くすることができるマニキュアがあるそうです!マニキュアで歯を白くするには、歯医者さんと市販品の2通りの方法があります。それらを比較しながらご紹介したいと思います。
kyara77 | 148 view
脱、銀歯!歯を白くする方法とセラミックの値段などをまとめてみた♪

脱、銀歯!歯を白くする方法とセラミックの値段などをまとめてみた♪

銀歯での悩みがありませんか?口の中で目立ったり・・できることならばセラミックが良いですよね。真っ白で長持ちするのは知っているのですが・・一番の気になるところはズバリ”値段”ですよね?ということで費用を調べてみました。
拓也 | 280 view
銀歯を白くしたい時におすすめな「セラミック」とは?メリットや費用など♪

銀歯を白くしたい時におすすめな「セラミック」とは?メリットや費用など♪

現在、銀歯の方、銀歯の詰め物が取れた方、私もちょうど同じ悩みを抱えています。それは「セラミックへの交換」です。詰め物が取れてそのまま・・というわけにもいきません。しかし、銀歯か?セラミックか?悩むところですが、私の悩みの大きいところ!「費用」について調べてみました。
拓也 | 135 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

musinoiki musinoiki