2017年3月6日 更新

【緊急】子供が歯をぶつけたらグラグラ!正しい処置をしてすぐに歯医者へ

子供が歯をぶつけてしまうことは良くあります。しかし、それで歯がグラグラしてきたとすれば緊急を要します。今回は子供が歯をぶつけて歯がグラグラしてきてしまった時の対処法を紹介していくので、参考にしていただき、なるべく早く歯医者に行きましょう。

221 view お気に入り 0

子供が歯をぶつけてグラグラしてきたらすぐに歯医者へ

 (10210)

子供の体の組織は大人に比べてもろいといわれています。
まだ、発達し始めている段階なので、遊んでいるときに歯をぶつけてしまったり、事故で怪我をしてしまったりしたときは、個人の判断をするのではなく、専門家に診察をしてもらう必要があります。

もし、歯の生え変わりの時期が来ている場合は心配ない場合もありますが、全く時期ではない場合、永久歯の場合については早急に歯医者に行く必要があります。
生え変わりまでに時間がかかる乳歯や永久歯の場合は、処置が必要です。脱臼した歯をそのままの状態にして、できるだけ早く歯科医を受診しましょう。
すぐに来院してください
外傷の場合には、事故から30分が大事になります。早急な処置が明暗を分けます。

歯医者に行くまでにグラグラの歯はどうしたら良い?

Free photo: Kids Chocolate, Children, Egg - Free Image on Pixabay - 1642807 (11145)

まだグラグラした状態ならば、その歯を抜かずにそのままにして歯医者さんに行きましょう。出血している場合には、ガーゼなどを軽く噛んで止血に努めてください。

グラグラの歯が抜けてしまった場合

持参する際は、乾燥しないように、歯牙保存液、牛乳もしくは生理食塩水に浸して持っていきましょう。
もし今現在子供が歯をぶつけてグラグラしている場合には、ここまで読んで今すぐ歯医者に行ってください。

子供が歯をぶつけた際に考えられる症状

下記の症状がまず考えられます。
実際に歯医者さんに診断してもらう必要はありますが、そのまま放置してもデメリットはあってもメリットはありません。
変色してしまったり、歯が欠けてしまったりしている場合は、すぐにお医者さんに相談してください。

軟組織の損傷

歯冠破折

完全脱臼

挺出

変色

歯槽骨の骨折

動揺・亜脱臼

陥入

歯をぶつけてグラグラしている場合の治療について

Free photo: Laughter, Fun, Happiness, Boy - Free Image on Pixabay - 449781 (11146)

実際に歯を診てもらわないことにはハッキリしませんが、基本的には固定や接着をおこなうようです。その後、永久歯が生えてくる関係もあるので一定期間ごとに通院する必要があります。
「歯が 動いている」「歯の向きが 変わった」「歯の位置が 変わった」などの症状が ある場合、歯が抜けかかっていたり、根が折れている可能性が あります。歯が抜けかかって(抜けてしまって)いても、適切な処置をすることによって 抜いたり矯正したり 大掛かりな治療をせずに 済む場合が多くあります。
また、これだけ緊急性を提唱してはいますが、度合いによっては心配のいらない場合もあります。しかしどの歯医者も「一度は見せるように」と言っているので、必ず歯医者には行ってくださいね。
ケガをした直後は 大丈夫だと思っても、後日 歯のヒビや根が割れてしまっていることがわかることがあります。 また、歯の位置が 動いて ずれたままにしていると、そのまま固まってしまったり 最悪な場合は抜け落ちてしまうこともあります。乳歯の場合は、生え変わりに影響することもあります。実際はそんなに心配しなくてもよい事も多いのですが、レントゲンをとって歯の状態を確認するなど しっかりと精査されるのがよいでしょう。
大丈夫と思って放っておくと例えば、歯の神経が死んでしまったり、死んだ神経をそのままにしておいたことで膿が発生して可能してしまったりします。
また、歯並びも悪くなるため、見た目を気にする人もいます。
さらに、永久歯にダメージを与えてしまうことから、永久歯がまっすぐ生えてこないなどの歯全体の悪影響を及ぼしてしまう可能性もあるのです。

まとめ

子供が歯をぶつけて歯がグラグラしている場合に一番大切なのは「早く歯医者に行くこと」です。手遅れになって後悔しても遅いのです。あとは、再発を防止するために床をクッションフロアにしたり、家具の角にクッションを設置するなど工夫を凝らしていきましょう。
Free photo: Girl, Joy, Smiling, Happy, Children - Free Image on Pixabay - 206143 (11147)

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【抜くのは待って!】子供の歯がぐらぐらしてきたときの正しい対処法

【抜くのは待って!】子供の歯がぐらぐらしてきたときの正しい対処法

子供の歯がぐらぐらしてくると子供も不快感でいっぱいになってしまうので、早く抜いてしまいたい気持ちはよくわかりますが、少しだけ待ってください。今回は子供の歯がぐらぐらしてきたときにどうすれば良いのか、抜く時期や抜き方、歯医者に行った方が良い場合の見極め方などを紹介します。まずは冷静に読み進めてみて下さい。
馬場 | 224 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

馬場 馬場