2017年3月6日 更新

どんな種類の歯ブラシを使ったら上手に歯磨きができるの!?

ドラッグストアに行くとたくさんの種類の歯ブラシが並んでいるので、どれにするか迷ってしまうことってありませんか?自分にぴったりと合った歯ブラシを選ぶことで歯のケアの質は格段にアップします。上手な歯ブラシの選び方やコツをご紹介します。

45 view お気に入り 0

充分な歯のケアには数本の歯ブラシが必要!

 (8936)

普段から使っている歯ブラシは何本ですか?1本という人がほとんどではないでしょうか。
でも実はそれ、充分な歯のケアには足りないと言われたらどう思いますか?
毎日何本もの歯ブラシを使ってケアをすると今よりももっと上手に歯を守ることができるようです。
まずは普段使う歯ブラシの本数についてご紹介していきます。これを聞いて、1本じゃないの?と思われる方もみえると思いますが、実は歯のケアをしっかりするには1本では不足ということがほとんどなのです。

歯磨きをするのであれば、自分に合った歯ブラシを2~3本使い分けて磨くのが理想的と言われています。

歯ブラシの硬さをきちんと選ぼう!

 (8940)

やわらかめ、かため、ふつうなど歯ブラシの毛ってかたさがわかれていますよね。
あなたの好みはどのかたさですか?自分にあった毛の固さを選ぶと磨いているときに気持ちがいいだけでなく、歯も上手に磨けるようになるようです。
歯ブラシ選びは適当に行ってはいけないということですね。
これからはしっかりとかたさや毛の材質についても選ぶようにしましょう。
歯ブラシは自分の口内環境に合った「かたさ」を選ぶことが重要です。

間違ったかたさの物を選ぶと歯や歯茎を傷つけたり口内環境の悪化を招いてしまいますので注意が必要です。

また歯茎が腫れているときなど使用する歯ブラシのかたさも変わってくるので色々な状況に対応できるように数本用意しておくのがおすすめです。

自分に合った歯ブラシの毛の固さって?

 (8944)

歯を磨いているときに気持ちがいいかたさものを選ぶのはもちろんですが、磨きのこしがないようにしないと話になりません。
やわらかめ、ふつう、かためとありますが、いったいどんな特徴があるのでしょうか?それぞれの特徴を掴んで上手に利用しましょう。
歯ブラシの毛の硬さはJIS規格によって「やわらかめ」「ふつう」「かため」の数値が定められ、商品に記載する決まりになっています。

毛の硬さが硬いほど汚れは落としやすいですが、歯磨きのときに入れる力が強すぎる場合がありますので、歯面や歯ぐきを傷つけないためにも、まずは「ふつう」を使うことをオススメします。

歯ぐきに何らかの炎症を起こしていて痛みがある場合には、それ以上歯ぐきを傷めないように「やわらかめ」を使用するのがよいですが、歯垢を落とす力は当然弱まりますので、炎症が治まったら「ふつう」に戻すといった使い分けが必要でしょう。

また、毛先の先端が細くなっている歯ブラシもありますが、必然的に「細い=やわらかい」となりますので、隙間は磨けても歯の表面の歯垢を落とすのには不向きな場合もあります。

大きさも重要!歯ブラシの大きさにも注目しよう

 (8948)

歯ブラシは毛の固さだけでなく、その大きさにもポイントがあります。
自分の口のサイズや奥歯の形状によって選び方が異なります。
大人と子供でも選び方が違ってきますので参考にしてください。
単純に自分の歯の大きさ・口の大きさに合わせて購入する必要があります。
男性であれば大きめ、女性であれば小さめの歯ブラシを選択します。
あくまでも平均の値ですので、男性でも歯が小さい、お口が小さい方は中くらいから小さめの歯ブラシを、女性でも歯が大きい、お口が大きい方は、中くらいから小さめの歯ブラシを選択すると良いでしょう。

最後に

様々な会社から様々な種類の歯ブラシが発売されていますが、自分に相性のいい歯ブラシと出会うことができたら、毎日歯を磨くのが楽しくなりそうですね。
毛のかたさや大きさなど自分にぴったりと合ったものを選んできれいな歯をたもちたいですね。
歯ブラシを選ぶ楽しみもオーラルケアの一つになりうるということです。
いくつものお気に入りのものを用意して、気分によって歯ブラシを使い分けるのもいいかもしれませんね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

フロスってどうやって使うの?歯のためにフロスを使うメリットとは?

フロスってどうやって使うの?歯のためにフロスを使うメリットとは?

歯科医は必ず歯磨きの後に毎日フロスを使ってケアしているのをご存知でしょうか?虫歯の予防や歯周病の予防にもとても効果の高いフロスでのケア。上手に取り入れて歯を健康に、丈夫に保ちたいですね。上手な使い方やメリットをご紹介します。
ハチ公 | 72 view
歯を守るには糸ようじの使用が効果的だった!

歯を守るには糸ようじの使用が効果的だった!

歯医者さんに糸ようじを使用してケアをしてくださいと言われたことがある人はいませんか?糸ようじは歯を虫歯や歯周用から守るためにとても大切なものです。まだ使ったことがない人は上手な使い方や糸ようじのメリットなどを紹介しますのでぜひ試してみてくださいね。
ハチ公 | 119 view
歯を大切にしよう!奥歯の上手な磨き方を紹介!

歯を大切にしよう!奥歯の上手な磨き方を紹介!

毎日の習慣でなんとなく歯磨きをしているという人はいませんか?なかなか磨きにくい奥歯の上手な磨き方を学んで、しっかりと歯のセルフケアを行いましょう!奥歯が磨きやすい歯ブラシの紹介などもしていきたいと思います。
ハチ公 | 108 view
子どもの歯の上手な磨き方のポイントをご紹介します!

子どもの歯の上手な磨き方のポイントをご紹介します!

小さな子どもが一人で歯を磨くのはちょっと難しいことも多いもの。歯の上手な磨き方を親が子どもにきちんと教えてあげられるように楽しい歯磨きタイムを小さなうちから習慣付けたいですね。上手な磨き方やポイントについて調べてみました。
ハチ公 | 66 view
ホワイトニング歯磨き粉の効果を上げる方法

ホワイトニング歯磨き粉の効果を上げる方法

ホワイトニング歯磨き粉を使って歯を白くするわけですが、せっかく行うのであれば少しでも白さを実感できるほうがいいですよね!ホワイトニング歯磨き粉の効果を高める方法をお伝えします。
Rits | 23 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ハチ公 ハチ公