2017年4月20日 更新

世界が認めるストローマンインプラントとは?メリットとデメリットをチェックしよう

スイス生まれのスロトローマンインプラントは、耐久性抜群のインプラントとして長年世界で利用されています。学者たちによって開発されたこのインプラントが支持される特徴を始め、メリットとデメリットをまとめてご紹介します。

132 view お気に入り 0

ストローマンインプラントとは?

歯科医師14|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (1535)

ストローマンインプラントは、スイスで誕生した40年以上にもわたるブランドとして世界中で評価を受けています。ベルン大学と独自の研究所によって開発されたインプラントは、ヨーロッパではトップの利用率を占めているほどの人気です。その理由としてスピーディーな治療、また耐久性があることが挙げられるでしょう。通常のインプラントは、高価な割にデリケートでダメージを受けやすいというデメリットがありますが、そんな欠点を克服するストローマンインプラントなら、妥当なコストで長期間にわたった使用ができるでしょう。
Strauman社(ストローマン社)は、スイスのベルン大学とストローマン研究所とで共同開発された、40年の歴史を持つインプラントブランドで、現在では、世界70か国以上に関連商品を提供しています。

また、世界の著名な歯科医や大学などが連携する国際ネットワーク「International Team for lmplantology (lTl)」と協力し、インプラントの研究と教育に貢献しています。
優れた研究学者によって開発されたストローマンインプラントは、インプラント治療において最先端のクオリティを世界中に誇り、また認められていることが伺えます。

ストローマンインプラントのメリット

歯科医師47|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2085)

ストローマンがこれほど世界で高い支持を受けているのは、ほかのインプラントにはないメリットがたくさんあるからです。患者さんに負担をかけないスピーディーな手術ができることを始め、日本人の顎のサイズに適合していることも、安定したインプラントとして評価される理由でしょう。通常インプラントは治療コストが高いのに関わらず、手術時間や骨に馴染むのに時間がかかったりするほか、耐久性や安定性に欠けた素材もあるものです。このような不満を解消してくれるストローマンインプラントは、多くの患者さんが満足できる条件が揃ったインプラントと言えます。
ストローマンインプラントは、ヨーロッパでは1位、全世界で2位のシェアを誇り、主に1回法の手術に高い実績があります。

つまり、「インプラント治療に多くの時間が取れない」「治療の回数を増やせない」という患者さんに適したインプラントシステム。

インプラントの表面性状は、ストローマン社が独自に開発したものでオッセオインテグレーション(osseointegration)を強力に促進します。

そのため、ストローマンはブローネマルクシステムに比べてシンプルで骨とインプラントとの結合が非常に早く、およそ2ヶ月ほどで骨へ定着し骨吸収も少ないという高いメリットがあります。

インプラント埋入後の5年、10年という長期にわたる安定性は、たくさんの研究によって報告されています。

また、インプラント自体が比較的小さいため、アゴの小さい日本人の骨格にも適していると言われています。
インプラントはできるだけ長持ちし、違和感のない噛み合わせができるのが理想的です。ストローマンインプラントなら、あたかも自分の歯であるかのように、長期間快適な使用ができるでしょう。

ストローマンインプラントのデメリット

歯科 治療58|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (2099)

様々なメリットを持つストローマンインプラントですが、デメリットもあります。ストローマンインプラントが開発された目的は、手術を1回きりで終了できるためです。その反面、他のインプラントと比べて審美性に劣ることがデメリットでしょう。奥歯など比較的見えづらい箇所のインプラントには最適と言えますが、前歯など目立つ部分には患者によって妥協できないことがあります。もちろん、患者さんの口の状態にもより、見た目の印象も異なりますので、歯科医としっかり相談しながら決めるようにしましょう。
ストローマン インプラントにも欠点があります。
前歯部のような審美性が重要視される部位では、適さないこともあります。
これは、インプラントの形状によるものです。
もともと、ストローマン インプラントは、手術が1回で済むために開発された1回法インプラントであり、審美部位を重要視して開発されたインプラントではないからです。
もちろん、骨の幅 や 歯肉の厚み 等によっては、前歯部であっても
ストローマン インプラントが適している症例もあります。
どんな良いものでもデメリットがつきものです。ストローマンインプラントは審美性にこだわりのある人にはあまり向いていないようですが、1回の手術や耐久性など他のメリットも考慮して最善の選択をしましょう。

まとめ

ストローマンインプラントは患者さんにとってより快適な治療と使用ができるインプラントとして人気です。通院をする必要もなく、しかも耐久性のある実用的なインプラントとして快適な使用ができるでしょう。審美性に関してはベストなインプラントと言えませんが、クオリティと見た目の美しさの価値がどちらが大きいか判断するのは患者さん次第でしょう。もちろん、歯科医のアドバイスも参考にして納得のいくストローマンインプラント治療をすることがポイントです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

インプラント治療は基本的には保険治療の対象外となるため、非常に高額になることをご存知ですか?今回はインプラント治療の相場や、知っておきたい分割払いの方法について解説します。分割払いのメリットとデメリットもご紹介するので、しっかり理解したうえで検討しましょう。
ゆき | 256 view
【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

完全自費診療だと、とても高額になることの多いインプラント治療。生命保険の対象になるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、インプラントと生命保険の関係について解説します。インプラントが対象となる、歯科治療専門の保険もご紹介致します。
ゆき | 923 view
インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントのメーカーは世界中に100社以上あると言われており、それぞれ違った特徴をもっています。インプラントは高額なので、しっかり自分にあったメーカーを選びたいですね。院プラントを選ぶ時のポイントや、現在最も使用されることの多い有名メーカーの特徴をまとめましたので、メーカー選びの参考にしてくださいね。
ゆき | 307 view
歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

最近評判のインプラントですが、費用はかなり高額になるようです。インプラント治療を考えている人は、インプラント治療について、あるいは、そのメリットとデメリットなど、よく知った上で、歯医者さんに行くようにしましょう。
musinoiki | 268 view
【基礎知識】インプラントってなに?銀歯とは違うその魅力を分析

【基礎知識】インプラントってなに?銀歯とは違うその魅力を分析

インプラントとは、病気などで失ってしまった歯の箇所に人口の歯を埋め込むことで、より自分の歯に近いに状態まで噛む力などを回復できる治療法です。このインプラントの詳細と魅力についてまとめてみました。
kyara77 | 81 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ゆうか ゆうか