2017年3月6日 更新

矯正歯科で抜歯はしたほうがいい?それともしないほうがいい?

矯正歯科でアゴの骨の形の悪さや小ささから、歯の中のスペースを取るために「抜歯」治療が行われることがあります。お医者さんも「健康的な歯はできれば抜かないまま治療するのが望ましい」という方がほとんどです。しかし、患者さんの状態によって抜歯をしなければならないケースも出てきます。そこで今回の記事では抜歯治療の特徴やメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。

201 view お気に入り 0

非抜歯の治療ができればベスト、しかし・・・

 (7803)

歯科医師の多くは「健康的な歯を抜くことなく治療ができれば一番良い」と考えています。
永久歯は一度抜くと二度と生えてきません。
そんな大事な患者さんの歯を抜くのはためらわれる、非抜歯の治療ができればそれに越したことはない、それが多くのお医者さんの思いのようです。
矯正治療方針を決定する上で永久歯抜歯を行うことがありますが、患者さんにとって永久歯を抜歯することは重要な問題であり、歯を抜かないで矯正治療が行なえればそれにこしたことはありません。ですが上下顎骨の中に歯を過不足なく排列することが矯正治療の目的とすれば、無理矢理、歯を抜かずに矯正治療をすることで、歯を支えている歯槽骨から歯が飛び出してしまい、上下前歯の過度な前方傾斜が起こることがあります。そのようなことを避けるために、不正咬合の状態によっては歯を抜いて矯正治療をする場合も少なくはありません。

どういった場合に抜歯が必要か

ボンディング後 開口バージョン|イラストNo.1251【歯科素材.com】 (7804)

人間の歯というものは本来、28本すべてが綺麗に並ぶようになっています。
しかし、様々な原因が生じて歯並びが悪くなっているのが今の日本人の歯の現状と言われています。

歯並びの悪さの大きな原因の一つが「スペースが足りない」ということです。
たとえは、もともとアゴの骨が小さい方はそれだけ歯が生えるスペースが狭くなり歯列が乱れてしまいます。
そこで「スペース」を確保して歯列を良くするために抜歯治療が施されます。

ほかにも、歯列が乱れる原因は様々なものが挙げられます。
歯が正しく並ばない主な理由

あごの骨の大きさの問題
骨の成長方向の問題
歯が本来の位置から移動してしまったために、スペース不足となった場合
臼歯部が内側に傾いている場合
歯を取りまく軟組織が原因の場合
顎関節に原因がある場合
咀嚼筋のバランスが悪い場合
「歯を抜かない治療」にこだわった結果、逆に歯並びが悪くなったというケースもあります。
もともと口の中のスペースが足りない方が、無理に矯正器具だけで治療しようとして、逆に口元が飛び出してしまったり、噛み合わせが悪くなったりします。

よって抜歯するかしないかは、自分の歯の状態やアゴの骨の大きさなどをしっかりと見極めることが重要です。

抜歯治療のメリットとデメリット

虫歯の治療をする歯科医と歯科助手 (m015-244) | 無料人物写真フリー素材の【ビジトリーフォト】商用利用OK (7806)

抜歯治療をするか否か、それは患者さん個人個人の歯の状態または骨の状態で決まってきます。
アゴの骨の状態から「これは抜歯せざるをえない」とお医者さんから判断が下る場合があります。
その際はお医者さんの意見に素直に耳を傾ける必要もあるでしょう。

抜歯をするか否かを決めるのは最終的には患者さんです。
患者さんの意志を遮って無理に抜歯治療をしようとするお医者さんはいません。

抜歯することで生じるメリット・デメリットをしっかりと把握し、また担当医師と相談を重ねながら最終的に判断してください。
・抜歯するメリット

歯の移動がスムーズ
後戻りしにくく、安定した歯並びを実現しやすくなる
出っ歯で閉じられなかった口元が改善できる
スッキリとした小顔の印象になる

・抜歯するデメリット

奥歯に隙間の空いた期間がしばらく生じる
抜歯時に麻酔が必要となる
健康な歯を失うという心理的負担が生じることがある
抜歯して空いたスペースの分だけ歯を動かす距離が増え、治療期間が長くなることがある

最終的な判断は自分自身

女性患者にレントゲンを説明する歯科医と歯科助手 (m015-254) | 無料人物写真フリー素材の【ビジトリーフォト】商用利用OK (7807)

歯を抜く治療がベストか、または抜かない治療がベストか、それは患者さんだけでなくお医者さんの側にもいろんな考え方があります。
抜歯をオススメしないお医者さんもいれば、抜歯を積極的に行うお医者さんもいます。

でも最後に決めるのは自分自身です。
できるかぎり口と心に負担のない方法を考えながら、担当医と深く話し合って自分にとってベストな判断を行ってください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 383 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 580 view
【必見】後悔しない矯正歯科の選び方

【必見】後悔しない矯正歯科の選び方

歯の矯正治療は、保険がきかないため、高額になります。また、医師によって治療方針が異なることもあるため、一度始めると他の歯科医院に転院することができません。満足する矯正治療を受けるため、矯正歯科を選び方のポイントをご紹介します。
ぶーちゃん | 155 view
八重歯を抜歯するメリットとその問題点とは?

八重歯を抜歯するメリットとその問題点とは?

八重歯はチャームポイントになることもありますが、矯正したいという方も多いですよね。見た目の問題ばかりが注目される八重歯ですが、実は八重歯を抜歯することで様々なメリットと問題点があります。八重歯を抜歯しようかどうか迷っているという方はぜひチェックしてみてください。
あやてぃん | 614 view
決定版!これが子供の矯正歯科だ!

決定版!これが子供の矯正歯科だ!

『うちの子歯並び悪いかも』治してあげたいけれど、費用や期間、子供への負担など思い浮かぶ疑問はつきないですよね。そもそも歯を矯正するとはどういうことなのか、疑問に思っている人も多いと思います。そこで少しでも解決するようお話しします。
PIkko | 344 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ