2017年3月6日 更新

【予防方法】冷たいものがしみる!酸蝕歯から歯を守る方法とは?

冷たいものがキーンと歯にしみると「虫歯かも!?」と思いがちですが、虫歯以外にも「酸蝕歯」という可能性もあるのです。これは酸によって歯の表面が溶け、刺激が神経にダイレクトに伝わってしまう状態になった歯のこと。酸蝕歯の予防方法について見ていきましょう。

86 view お気に入り 0

酸蝕歯が起こるのはどんな時?

フードイメージ フルーツ 果物のフリー写真素材|食材・料理の無料画像 フード・フォト fd401339 (5253)

歯の表面はエナメル質という丈夫な組織でできていますが、酸に弱く、長く酸性の中に置いておくと柔らかくなり、熔けてしまいます。酸蝕歯は口の中を酸性にしてしまうと起こりやすい症状。虫歯菌が酸を作ることもあり、味のついたものを長時間口の中に入れておくと酸蝕歯にはなりやすいと言えるでしょう。
酸が歯のエナメル質を柔らかくすることによっておきる状態です。 歯のエナメル質(歯の固い表面)が酸にさらされると一時的にやわらかくなり、ミネラル分の一部が失われます。唾液は酸性の状態を中和し、口腔内の自然なバランスを取り戻し、ゆっくりとエナメル質を硬化させます。しかし、歯の修復プロセスは遅いため、もし酸に頻繁にさらされると、歯は修復する機会を失ってしまいます。
エナメル質がやわらかくなったときに歯を磨くと、エナメル質は摩耗しやすくなり、やがて歯が薄くなり、酸蝕歯を引き起こします。私たちの食事に含まれる酸によって起こるこのエナメル質の摩耗は酸蝕歯と呼ばれています。
酸蝕歯の影響は元に戻すことはできません。ほうっておくと、歯医者さんで治療しなければならなくなります。最悪の場合、ダメージがひどければ歯の神経を取ったり歯を抜かなければならなくなることもあります。

予防1.酸っぱいものをずっと飲み食いしない

甘いいちごにご満悦の女性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (5254)

歯をなるべく酸性の強いものに触れさせないことが大切です。しかし、酸っぱいものは体にいいのも事実。食べないことが正しいのではなく、だらだら飲み食いしない、食べたあとはお茶などを飲んで口の中の酸性度をなるべく早く薄めるといった工夫をしましょう。
酸性の飲食物を口にしたらそのあとすぐ水やお茶を飲む。  
   酸が口の中に長く残らないよう、ことに酸性度の高いものを口にしたあとは、水やお茶で口をすすぐつもりで飲むとよいでしょう。
   健康のために酢やビタミンCドリンクなどを毎日飲む習慣を続けたいかたは、この方法をぜひ取り入れて下さい。
   チビチビ飲むより、グッと飲みきる方がリスクを軽減できます。
   また、カプセル入りのサプリメントなら、酸蝕の心配がありません。

予防2.固い歯ブラシを使わない

無料の写真: 歯磨き粉, 歯ブラシ, ホワイト, バック グラウンド, 歯科 - Pixabayの無料画像 - 1786388 (5255)

エナメル質は酸性のものに触れると柔らかくなります。食後すぐなど、歯が柔らかくなっている状態で固い歯ブラシを使うのは、エナメル質を傷つけるのでNG。歯茎にもダメージを与えることになるので、固い歯ブラシではなく柔らかめの歯ブラシの使用が、歯と歯茎の健康のためにはおすすめです。
酸性の食べ物を食べた後は、歯の表面のエナメル質が、やわらかくなってしまっています。
食後、すぐに硬すぎる歯ブラシでゴシゴシこすると、エナメル質がけずられてしまうことがあります。酸蝕歯を進行させないためには、超極細毛のやわらかい歯ブラシを使って、時間をかけてすみずみまでていねいにみがくのがオススメです。
食後に、シュガーレスのデンタルガムを噛んで、たくさんだ液を出して、お口の中を中性に戻してからハミガキをすると、尚よいですね。

予防3.再石灰化を促す成分が入った歯磨き粉を使う

毎日歯磨き!|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (5256)

食べ物のほとんどは酸性です。食事のたびに歯は少しずつ溶けているのですが、唾液に含まれるミネラルによって溶けた部分は補修されます。それが間に合わなくなるのが酸蝕歯です。ですから、デンタルケアの際に歯を強くする成分が含まれた歯磨き粉を使うと、歯の再石灰化やエナメル質の強化が図れるのでおすすめです。酸蝕歯専用の歯磨き粉もあるので、知覚過敏などの症状が出ている場合は取り入れてみましょう。
酸に溶けにくい状態を作る「フッ素」や、歯のエナメル質結晶の構成成分「ハイドロキシアパタイト」配合の歯磨き粉等が効果的。
おすすめの歯磨き粉ですが、「フッ素」入りの物が望ましいです。「フッ素」は歯を丈夫にしたり、再石灰化を促す効果がありますので、ぜひ積極的に使用してください。

まとめ

4人に1人が酸蝕歯である、というデータもあるほど、酸蝕歯は身近な存在になっています。一度酸蝕歯になると、歯を元に戻すことができません。ほとんどの食べ物は酸性であることを知って、酸蝕歯から歯を守る工夫をすることが大切です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【基礎知識】歯にできる酸蝕歯って一体なに?

【基礎知識】歯にできる酸蝕歯って一体なに?

歯が痛いと思ったときに、まず一番最初に思い浮かぶのが「虫歯」ですよね。しかし、実はその他にも歯のトラブルに関する言葉はたくさんあります。ここではその一つである酸蝕歯(さんしょくし)」というものについて、どういったものなのかを解説していきます。
美穂 | 67 view
もしかして酸蝕歯!?ホワイトニング諦めないで!

もしかして酸蝕歯!?ホワイトニング諦めないで!

ニコッと笑った時に見せる白い歯は誰でもあこがれるもの。歯が黄ばんでいるのでホワイトニングで真っ白にしたいけど、 その歯の黄ばみは酸蝕歯かも・・・。酸蝕歯はホワイトニングは出来ないの?ここでは酸蝕歯とは何か、診断基準となる症状は何か、酸蝕歯だった場合、ホワイトニングは出来ないのかという疑問についてまとめました。
MOre | 870 view
酸蝕歯になった歯のケアに向いている歯磨き粉って?

酸蝕歯になった歯のケアに向いている歯磨き粉って?

酸蝕歯になったら、これ以上エナメル質が溶けないようにすることが大切。歯磨き粉も、エナメル質をケアする成分が入ってているものがおすすめです。そこで、酸蝕歯にぴったりの歯磨き粉について見ていきましょう。
達也 | 1,490 view
冷たいものがしみる!酸蝕歯になった歯の治療方法とは?

冷たいものがしみる!酸蝕歯になった歯の治療方法とは?

普段から酸っぱいものを好んで食べたり飲んだりしていると、酸に負けて歯の表面の組織が溶け、中の組織が出てしまうことも。この状態を酸蝕歯といい、一度なってしまったら元には戻らないので治療が必要です。酸蝕歯の治療方法について見ていきましょう。
達也 | 238 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

達也 達也