2017年3月6日 更新

銀歯の下に大きな虫歯の恐怖!?回避方法はある?

虫歯治療でかぶせた銀歯の下に、虫歯ができてひどいことになったという経験がある人は案外多く、実際のところ虫歯治療の70%が再治療です。ではなぜ銀歯の下にそんな大きな虫歯ができてしまうのか、銀歯の下の虫歯を回避するにはどうしたらいいかについてまとめました。

472 view お気に入り 0
二次カリエス(虫歯が再発、進行)|イラストNo.1709【歯科素材.com】 (9499)

なぜ治療跡の銀歯に大きな虫歯ができるの?

虫歯治療は、銀歯を詰めたところで終わりではなく、そこから虫歯の再発(二次カリエス)が起きることは珍しくありません。多くの原因は銀歯そのものの特性のせいもありますが、口内環境が虫歯ができたときと同じだからという原因も大きいのです。

セメントが溶けてすき間ができるせい

歯と銀歯の間はセメントで合着していますが、これは完全ではなく隙間があり、更にセメントは少しずつ溶けていってしまいます。
治療によって銀歯などの被せ物をする治療では、削った歯の型を取り、そこに合わせて作った修復物を歯科用セメントで接着します。この修復物は初めのうちはぴったりと密着していますが、日々「噛む」ことで強い衝撃がさまざまな方向から加わります。(人間の噛む力は体重と同じ程度と言われ、1日に噛む回数は600回程度だと言われています)

日々の衝撃に耐え切れず、接着していたセメントが少しずつ崩れたり剥がれたりして隙間ができてきます。その隙間は虫歯菌の格好の棲家となり銀歯などの下に入り込んでいくのです。
このために、銀歯と歯の間で虫歯が発生してしまいます。

虫歯ができても気づけない

銀歯の下の虫歯が、かなり大きくなるまで発見しにくいのは、初期の虫歯が銀歯に隠れて発見しにくいせいです。痛みが出るまで気づかないことも多いため、銀歯の下の虫歯は大きくなってしまいます。
虫歯ができると痛みが出る、と思われていることが多いですが、実際にはなかなか痛みが出ないこともあり、気づかずに放置されて虫歯が進行し、歯自体が残せなくなってしまう場合もあります。

軽い虫歯では銀歯が外れにくい

虫歯になると歯が溶けて削れますが、少し歯が削れたくらいでは銀歯は外れず、虫歯のせいで銀歯が外れた時には虫歯はとても大きくなっています。なぜなら、銀歯自体が歯に引っかかるような形で外れにくい形に作られているからです。

銀歯と歯には段差があるせいで虫歯ができる

歯と銀歯の間には歯垢がたまりやすく、落としにくいわずかな段差があります。
銀歯が入っている歯は以前虫歯になった部分です。銀歯と歯の境目には段差があり、歯垢が残りやすく虫歯になりやすい部分です。以前と同じ口の中の環境であれば、歯と金属の隙間から虫歯になり、金属の下に虫歯が広がります。

虫歯を作らないためには歯磨きの見直しから

虫歯ができた場所は、歯垢など歯の汚れをもともと取るのが下手だった場所なので、虫歯処置をした後も歯磨きの方法を変えなければ、再び歯垢が溜まって虫歯になります。
歯磨きも、歯ブラシだけでは6割ほどしか磨けないので、虫歯になりやすい場所に合わせて、次の3つの歯のお掃除グッズをプラスしましょう。

歯と歯の間の歯垢は「デンタルフロス(糸ようじ)」で除去しましょう。糸だけのものより、持ち手がついたタイプのほうが使いやすいのでおすすめです。

歯と歯肉のすき間は「歯間ブラシ」でブラッシング。極細から極太まで各種サイズがあるので、歯のすき間に合わせて最適なものを選びましょう。

歯ブラシが届きにくい奥歯の溝や歯間は、ブラシ部分が小さく、毛先も細い「スポットブラシ」で磨きましょう。
デンタルフロス

デンタルフロス

虫歯になりにくい素材「セラミック」を詰める

保険内治療で使われる詰め物の銀歯は、表面に傷がつきやすく汚れもたまりやすいために虫歯になりやすいですが、自費治療よりもやや高額となるセラミックは虫歯になりにくいです。
セラミックは陶器と同じ材質で、表面がツルツルとしており汚れがつきにくい材料です。
それが結果的に虫歯の再発を少なくしてくれます。

一番の回避方法は歯医者で定期的に歯科健診を受けること

銀歯の場合、どんなに頑張っても虫歯が再発するリスクは高いのですが、それを大きな虫歯にせずに小さい虫歯にとどめたり、予防効果を高くするには、やはり定期的な歯科検診が一番です。
歯科検診に来て頂きたい本当の理由は、

自分では磨けないリスク部位をフォロー=虫歯や歯周病になる確率を下げる。予防する。
自分では気づかない初期の歯周病や小さい虫歯の早期発見・早期治療=歯や歯茎へのダメージを最小限にする。
どんなにしっかりと歯磨きしていたとしても、残ってしまう汚れはあるので、歯医者でクリーニングをして、フッ化物の塗布で虫歯予防、検診で虫歯の早期発見をすることで虫歯の再発や大きな虫歯を回避できるのです。定期的な歯科検診を受けられるといいですね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

口臭がヒドイ…その原因は「銀歯」かも!?銀歯が引き起こす臭いとは?

口臭がヒドイ…その原因は「銀歯」かも!?銀歯が引き起こす臭いとは?

口臭がヒドイ・・自分で気づいた方、他人から指摘された方、どちらにしてもショックな出来事ですよね?その原因は”銀歯”が関係しているかもしれません。銀歯が起こす臭いの原因を調べてみました。その裏には怖い歯周病の可能性も!しっかり治していきましょう!
拓也 | 616 view
脱、銀歯!歯を白くする方法とセラミックの値段などをまとめてみた♪

脱、銀歯!歯を白くする方法とセラミックの値段などをまとめてみた♪

銀歯での悩みがありませんか?口の中で目立ったり・・できることならばセラミックが良いですよね。真っ白で長持ちするのは知っているのですが・・一番の気になるところはズバリ”値段”ですよね?ということで費用を調べてみました。
拓也 | 301 view
見た目が良くない以外にもデメリットが多い銀歯。銀歯を白くする方法はある?

見た目が良くない以外にもデメリットが多い銀歯。銀歯を白くする方法はある?

銀歯は口の中で目立ちますよね?特に女性の方は気になるのではないでしょうか?現在、銀歯が入っている方も、これから歯医者に行く方も必見。銀歯を白くしたり、銀歯以外の治療方法があるのです。保険適用の治療方法もありますのでぜひ、読んでみて下さい。
拓也 | 384 view
銀歯の下が虫歯に!?どんな症状に注意するべき?

銀歯の下が虫歯に!?どんな症状に注意するべき?

治療済みの歯が痛い?かぶせがしてあるのに虫歯になることがあるの?と思うかもしれませんが、銀歯の下に虫歯ができることはあります。銀歯の下だから知らないうちに進行していることも。そこで今回は、銀歯の下に虫歯ができたときの症状について見ていきましょう。
達也 | 1,434 view
歯の矯正中は虫歯になりやすいって本当!?虫歯になったらどうすれば良い?

歯の矯正中は虫歯になりやすいって本当!?虫歯になったらどうすれば良い?

歯の矯正をしていると虫歯になりやすいって聞いたことがありませんか?せっかく歯並びを整えているのに虫歯になってしまうのは嫌ですよね。歯の矯正中はなぜ虫歯になりやすいのか。虫歯にならないためには?もし虫歯になってしまったらどうしたいいの?そんな歯の矯正中の虫歯についてご紹介します。
なつき | 468 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

奈緒 奈緒