2017年3月6日 更新

抜歯をするか非抜歯か?色々な歯の矯正治療

歯の矯正治療といっても、誰もが歯を抜かずに矯正治療を受けられるわけではありません。中には、やむをえず抜歯しなければならない人もいます。大人が抜歯をするとなると、永久歯を抜くことになるので、躊躇う人のほうが多いでしょう。ここでは、非抜歯の矯正治療と抜歯する矯正治療それぞれのメリット・デメリットを簡単に見ていきたいと思います。

165 view お気に入り 0

非抜歯or抜歯?症状によって変わる矯正の方法

 (210)

矯正治療といえば、ブラケットと呼ばれる矯正器具を装着して、歯並びを整える治療を想像する人は多いのではないでしょうか。しかしながら、いくらブラケットを装着しても、歯が正しい位置に戻るためのスペースが無ければ治療は上手く行きません。

歯並びが悪い人の場合、歯と歯の隙間が狭く、歯並びを整えるためのスペースが無い場合が珍しくありません。
そのままブラケットを装着して矯正を始めてしまうと、歯が無理な方向に押しやられ、歯を支える骨から歯が飛び出してしまうことがあります。そうなると前歯が前に傾いてくるので、さらに歯並びが悪くなってしまうのです。
そうなるのを防ぐために、行われる治療があります。それが「抜歯矯正」です。
ガタガタの歯並びや出っ歯は、歯に対して顎が小さく、歯が並ぶスペースが不足していることが原因の一つです。矯正歯科治療では、歯を並べるスペースを確保するために、やむを得ず抜歯を行う場合があります。
しかし、抜歯を行わずに矯正できる場合は抜きません(非抜歯矯正)。

非抜歯矯正によるメリットやデメリットについて

 (214)

矯正治療をするからといって、すべての人が歯を抜かなければならないわけではありません。
矯正する度合いが軽い人や、顎の骨のバランスが整っている人、永久歯の数が上下左右7本ずつ合計28本ある人などは、抜歯をしなくても矯正治療が可能な場合があります。
また、歯周病になっておらず、歯の周りの組織が健康である人も抜かずに矯正治療ができる場合が多いと言われています。

非抜歯矯正をするメリットは、健康な歯を残すことができることと、治療期間が比較的短くて済むことです。
口の中の空間が広がるため、舌の位置に違和感を覚えづらいのもメリットと言えるでしょう。
当然歯を抜かないわけですから、痛みや腫れも最小限に抑えることができます。

非抜歯矯正では、大きな歯の表面を少し削ってスペースを作り、そのスペースを利用して矯正を行う「スライス矯正」という方法を取る場合があります。
この時削るのは歯の表面だけなので、痛みは全くなく、麻酔をする必要もありません。

しかし、抜歯したときよりも見た目の大きな変化は望めず、矯正治療を終えた後に歯が元の位置に戻ってしまう「後戻り」が起きやすいと言われています。また、歯茎が弱りやすいのもデメリットです。

抜歯矯正の良いところやデメリットは?

 (217)

抜歯矯正では、多くの場合犬歯の後ろにある歯を抜きます。そして、抜いた後にできたスペースを利用して歯並びを整えていくのが一般的です。
もともと顎のスペ-スが小さく歯が並びきらないから、それを歯列に全部並べるためにはスペ-スが必要と考えてしまいます。そのスペ-スを、小臼歯を抜いてつくると考えるわけです。前述したように小臼歯は、第一・第二小臼歯が左右に2本ずつ並び、上下に8本あります。このうち抜かれるのは犬歯の隣の第一小臼歯(まれに第二小臼歯)で、通常は上下で4本抜きます。親知らずがかみ合わせを圧迫している場合はそれも抜きますから、最大で8本抜くケ-スもあります。32本中の8本ですから、全部の歯の4分の1にあたります。
もし他に歯槽膿漏が進んでいる歯や虫歯になっている歯などがあれば、そちらを抜くことでスペースを確保するという医師も居るので、抜歯矯正を受ける時はきちんと医師の説明を聞いて不明な点や不安な点がないようにしましょう。

抜歯矯正を行うメリットとしては、仕上がりが格段に良くなることです。
前歯の並びを整えるためのスペースがしっかり確保できるため、一番目立つ前歯の歯並びが驚くほど綺麗に整うと言われています。

しかし、一方でデメリットもあります。
歯を抜くと、抜いたところの骨が痩せ衰えてきます。
噛む力も全体的に落ちてしまうだけでなく、噛み合わせにも影響が出て、頬のたるみなどにも繋がります。

自分に適した方法をよく相談して

非抜歯矯正・抜歯矯正それぞれに良いところとデメリットがあります。
矯正治療を受ける際は医師とよく相談して、自分に適した方法で矯正治療を受けるようにしましょう。
自分に合った矯正治療で綺麗に並んだ歯並びを手にいれましょう♪

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 376 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 554 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 480 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 434 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 474 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

菜々緒 菜々緒