2017年3月6日 更新

経済負担を軽くしたい!歯の矯正治療で医療費控除は受けられるの?

歯並びの悪さや噛み合わせの不具合は、放っておくと食べ物を噛む機能や言葉の発音などに悪い影響を及ぼします。できることならきちんと矯正治療を受けたいものです。しかし、矯正治療は一般的に非常に高額になると言われています。なんとかして経済的な負担を軽くする方法はないのでしょうか。ここでは、歯の矯正治療を受けるなら知っておいて損はない「医療費控除」についてお話します。

37 view お気に入り 0

歯の矯正治療は基本的に保険適用外

 (198)

審美歯科治療に含まれる治療内容は、ホワイトニング、矯正、インプラント、被せものなど、いわゆる治療の内容として、美容目的を含んだものが該当します。
審美歯科で行われる治療の大半が、保険適用外になります。
これは、冒頭で触れたように、治療内容として美容目的を含んでいることが理由になります。
日本の健康保険適用のルールとしては、生活に支障が及ぶ症状に対して、最低限の治療を施す際というのが、保険適用の条件になっています。

つまり、治療に美容目的を含んでいる以上、この条件を満たしていないことになるのです。
もっと具体的に言えば、例えば、ホワイトニングは歯を白くしますが、歯の変色は日常に何ら支障がなく、治療が問われる症状ではありません。
つまり、これは生活する上で行う必要のない治療ということになります。
こうした場合、保険は適用されないですし、審美歯科治療は、こういったケースの治療が多いのです。
歯列矯正をする場合、どれぐらいの期間、どんな方法で矯正治療を行うかによって費用は変わってきます。
一般的に初診料や検査料なども含めた総額が70万円から100万円ほどになると言われているので、決して安い額ではありません。

矯正治療の場合、保険が適用されない自由診療のため、歯科医院が独自に費用を決めることができます。
そのため、同じ方法で矯正を行うにしても歯科医院ごとに価格が異なるので、矯正治療を受ける際にはしっかりと説明を受け、費用について不明な点や不安な点が内容にしておくことが重要です。

医療費控除とは

 (204)

医療費控除とは、自分自身や家族のために、その年の1月1日から12月31日までに10万円以上の医療費を支払った場合に、一定の金額の所得控除を受けることができる制度です。
申告し忘れても、5年前までさかのぼって医療費控除を受けることができます。
申告の際に必要な書類や医療機関から受け取った領収書、通院の際にかかった交通費や費用の領収書などは大切に保管しておきましょう。

※一般的に支出される水準を著しく超えると認められた場合は、医療費控除の対象になりません。
医療費控除で覚えておきたいポイントは「審美治療は対象にならない」ということです。
例えば、歯のホワイトニングや美容整形、レーザーによる美肌治療なども医療費控除の対象にならないので注意しましょう。

ただし、医師が「治療が必要だ」と認めた場合は異なります。
矯正治療に保険が適用されるようになり、医療費控除も受けることができるので覚えておいてください。
医療費控除を受けるためには、美容目的の治療でないことを示す医師の診断書が必要になります。
外見を美しくするだけでなく噛み合わせの改善も目的とした矯正治療であれば、医療費控除が受けられる可能性がありますので、予め医師に治療の目的をしっかり聞いておくことが重要です。

矯正治療はそれなりの金額が掛かる治療ですから、医療費控除を受けることができるのであれば、できるだけ受けられるよう医師に話をしておくと良いでしょう。

歯のホワイトニングや美容整形に限らず、歯列矯正もかなり費用が掛かる治療です。
人によってはローンを組んで支払っている人もいることと思います。
その場合も医療費控除を受けることができるので、ローンの契約書はしっかり保管しておいてください。
申告の際、契約書のコピーの添付が必要です。

医療費控除を受けるなら医師に要確認

非常に経済的な負担がかかる矯正治療ですが、賢く医療費控除を使えば、負担を軽くすることが可能です。
しかし、すべての矯正治療で医療費控除が受けられるわけではないので、医師によく確認するようにしましょう。
必要な書類や、医療費控除の申告の仕方、還付金額などの確認は、国税庁のHPに詳しく紹介されています。また最寄りの税務署でも相談に乗ってくれるので、足を運んでみると良いでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 363 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 532 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 468 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 412 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 462 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

菜々緒 菜々緒