2017年10月31日 更新

ホワイトニング歯磨き粉の効果的な使い方と注意点

ホワイトニング歯磨き粉って普通の歯磨き粉と同じような感じで使ったらいいの?と思われる方もいることでしょう。歯磨き粉を使った効果的なホワイトニングの歯磨き法と注意点をお伝えします。

歯ブラシで素磨きもしくは市販の歯磨き粉で汚れを落としてから使う

まずはじめに、歯の表面に汚れが付いているとホワイトニング歯磨き粉の汚れを落とす成分が歯まで浸透しません。そのため歯ブラシで何も付けずに磨くか、市販の歯磨き粉を使って歯みがきとうがいを行い、歯の表面に付いている汚れを落としていきます。
ホワイトニング歯磨き粉は市販で販売されている一般的な歯磨き粉よりも価格が高価です。せっかく高いお金を払ってホワイトニングを行うのに効果がない等のは非常にもったいないですよね。もし、歯磨き粉をつける方と付けない方で迷われた場合は、歯磨き粉を付けずに歯磨きを行うようにしてください。というのも歯磨き粉の中には研磨剤という歯の表面を削る成分が含まれて言います。少しであれば問題はないのですが、研磨剤がついた状態で強く歯を磨いたり、長時間こすり続けてしまうと歯が削れて傷がいってしまう可能性があるので気をつけてくださいね。
Free illustration: Brushing Teeth, Tooth, Dental - Free Image on Pixabay - 2351803 (12053)

白くしたい部分を重点的に磨く

ホワイトニングの目的で歯を磨く場合は、通常の歯磨きの仕方と異なります。通常の歯磨きであれば歯を白くするのではなく、虫歯を予防する意味で歯を磨いています。そのため、磨く部分は歯と歯の隙間や噛み合わせ部分であったり、奥歯がメインですよね。あくまでもホワイトニングは歯を白くすることがメインになるので、いつものように歯を磨くのではなく、あなたが白くしたい歯(おそらく前歯)の表面を重点的に磨く必要があるのです。
豆知識として、ホワイトニングを行った後は歯の表面が敏感になっています。場合によっては歯に菌が入ってきたり、傷ついた部分に汚れが付いてしまう恐れがあります。フッ素の入ったホワイトニング歯磨き粉を使用したり、歯ブラシにフッ素をそのまま塗って歯をコーティングすると良いでしょう。
Free photo: Swan, Lake, Water, Water Bird - Free Image on Pixabay - 2894826 (12054)

ホワイトニング後に着色しやすいものを摂取しない

ホワイトニング後の歯は通常の状態よりも汚れがつきやすい状況になっています。せっかく時間をかけて歯を磨いたのにもかかわらず、かえって歯が汚れてしまっては本末転倒です。
ホワイトニングを実施してから約1時間ぐらいすると、唾液の作用によって歯の表面に膜が出来てコーティングされます。特にコーヒーやカレーワインなどの着色しやすいものは意図的に控えられる事をおすすめします。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

ホワイトニング歯磨き粉を使用する際の注意点

ホワイトニング歯磨き粉を使用する際の注意点

ホワイトニング歯磨き粉はただ単に使用すれば歯が白くなるというわけではありません。使用時の注意をしっかりと確認してホワイトニングを行うようにしましょう!
Rits | 7 view
ホワイトニング歯磨き粉を使って効率的に白くする頻度や時間は?

ホワイトニング歯磨き粉を使って効率的に白くする頻度や時間は?

私たちは普段から習慣として歯磨きを行っていますが、1日のうち最適な回数や時間などを理解して歯を磨いている人はごくわずかです。ホワイトニング歯磨き粉を使用して効率的に歯を磨く数値はいくらかを説明します。
Rits | 4 view
ホワイトニング用歯磨き粉の効果と歯科で行うホワイトニングとの違いは?

ホワイトニング用歯磨き粉の効果と歯科で行うホワイトニングとの違いは?

ホワイトニングをするにあたって歯科に行かなくても歯磨き粉で十分な効果が出るのであればそちらで済ませたいですよね。実際にホワイトニングをするにあたって両者の効果の違いを見ていきたいと思います。
Rits | 4 view
流行のセルフホワイトニング!果たして安全なのだろうか?

流行のセルフホワイトニング!果たして安全なのだろうか?

現在注目を集めているセルフホワイトニングですが、一方で安全面について心配の声が上がっているのも事実です。施術を受けるにあたっての安全性を利用面から書いてみました。
Rits | 4 view
ホワイトニング歯磨き粉の選び方

ホワイトニング歯磨き粉の選び方

自分でホワイトニングをしたいけれど歯磨き粉ってどういう基準で選んだらよいのかわかりにくいですよね。ホワイトニング用の歯磨き粉の選び方を説明していきたいと思います。
Rits | 5 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

Rits Rits