2017年4月20日 更新

本当に大丈夫!?インプラント治療で起こりうるトラブルとは?

歯の治療にインプラントを考えているけど本当に大丈夫なんだろうか?もしかしたら悪化するんじゃないか・・・なんて心配をしている人も中にはいることでしょう。インプラントに限らず、何かしらのデメリットやトラブルは十分に考えられるケースです。今回はインプラント治療で起こりうるトラブルと対策方法について詳しく解説します。

83 view お気に入り 0

インプラントは外科手術を行う歯の治療方法

Free photo: Muyoungdeung, Operating Room - Free Image on Pixabay - 1484438 (845)

インプラントとは失われた歯の代わりに人工の歯を埋め込む治療法です。埋め込むためにはまずあごの骨に人工歯茎となるインプラント体を埋め込むための外科手術を必要とします。つまり人体に人の手が入るため、術中、術後などにトラブルが起こる可能性が誰にでも無いとは言い切れないのです。

起こりうるトラブルの種類とは?

インプラントのトラブルは手術中におこるもの、術直後におこるもの、手術後しばらくしておこるもの、数年以上経過してからからおこるものが考えられます。

また、抜かなくても良い歯まで抜いてインプラントを勧めたり、必要のない部位にインプラントを埋入したりという、治療以前の倫理的な問題も指摘されています。
トラブルで考えられるケースは手術中と手術直後、そして手術が終わってしばらく経過してから起こることが予想されます。インプラント治療は口腔内に手を入れるもので、あごの骨や歯を削るといった手術が行われます。口の中はとてもデリケートな部分で、歯や骨は私生活に影響を及ぼす人体の重要な部分です。それでは治療による種類別のトラブルについて解説していきます。

手術中のトラブル

まず手術中のトラブルの多くは口腔内の血管や神経を傷つけて損傷させてしまうことです。口腔内には血管や神経が集中しているとてもデリケートな場所です。神経を傷つけてしまい激痛や麻痺が残り、正常に機能しなくなってしまう恐れがあります。

インプラント体を埋め込む際にはあごの骨や場合によっては歯を削るケースもあり、骨や歯を必要以上に削ってしまう場合も考えられます。その場合は骨や歯の修復が必要になり、発声や発音、食べ物の咀嚼(そしゃく)に影響が出ることになります。また、口の中の粘膜は非常に薄くて破れやすく、炎症や感染症のリスクなどもあるのです。

手術中のトラブルにはこのようなことが考えられ、場合によっては多量の出血などによるトラブルなども考えられます。また、手術は麻酔を行うものですが、稀なケースとして麻酔が正常に機能していない、途中で切れるということも可能性としてはあり得ます。

これら手術中のトラブルは医師の手によるものが多いのですが、患者が治療を受ける時のコンディションによるものもあるので一概には言い切れません。

手術直後のトラブル

手術後に晴れが残ることはありますが、外科手術においてある程度の腫れはダウンタイムにつきものですので多少の腫れは問題ありません。しかし、日常生活に影響が出るほどのひどい腫れが無いとは言い切れません。長期間の腫れや痛みなど不完全な治療によるものである可能性が高いのです。

手術直後には腫れや出血、痛みなどは個人差もありますが、麻痺が残るケースも報告されています。麻痺や痛みはあごの骨に通る神経を傷つけてしまうことで起こりやすいトラブルで、短期間で治ることもあれば長期間続くケースもあります。

その他、天然歯との歯列や見た目などの審美性の問題や噛み合わせの不具合など思い描いた治療にならなかったと言うこともあり得ます。埋め込むインプラント体が粗悪なものや損傷していたものだった場合は埋め込みが不十分で抜け落ちてしまうということも起こりうるのです。

治療から時間が経過してからのトラブル

治療から時間が経過してからのトラブルにはインプラントの破損や抜け落ちてしまうということが最も多いトラブルです。これは部品の経年劣化による破損や損傷が主な原因がほとんどですが、全てがそうとは言い切れません。

最初の手術でインプラントと骨の固定に失敗していると、噛み合わせが不完全で部分的な過重負荷による破損しやすい状況を作ってしまいます。また、インプラント体と骨の隙間ができてしまうとそこから感染してしまい周囲炎を発症してしまい痛みや炎症、出血などを引き起こす場合も考えられます。

インプラントを埋め込む場所がズレることでも隣接する歯に負荷をかけてしまい、天然歯にヒビや欠け、最悪の場合は割れるなどのケースも考えられます。これらは最初の治療で引き起こされる場合が多いのですが、口腔内のケアを怠っている場合でも起きやすいトラブルなのです。

トラブルを回避するには?

Free photo: Stress, Programmer, Etnwickler, Ibm - Free Image on Pixabay - 1331259 (858)

手術をする以上、人体に医師の手が入るのは避けられないことです。こうしてトラブルの可能性を挙げていきましたが、インプラント治療を批判するものではありません。これらのトラブルは全て回避可能なのです。

それではインプラント治療のトラブルを回避するにはどのようにするべきかを解説していきます。後悔しないようにしっかりとインプラント治療を行う前の予習をしておきましょう。

インプラント治療の基礎知識を身に着ける

Free photo: Leave, Board, Hand, Learn, Note - Free Image on Pixabay - 364178 (860)

まずインプラント治療と言うものがどのようなものかを知る必要があります。歯の治療をする側はどういった治療を受け、どのように過ごすのかを知っておくべきです。何をされるかわからない状態で治療を行っても不安でしかないでしょう。

まずはインプラント治療の方法や流れを知ることで自分に合った治療法を見つけ、納得できる方法を選択することで悩みの解決方法を導き出せるでしょう。

歯科医院選びを慎重に行う

Free photo: Good, Bad, Opposite, Choice, Choose - Free Image on Pixabay - 1122969 (865)

次に重要なのは治療を受ける歯科医院選びです。いくら自分が知識を身に着けたとしても、実際に治療を行うのは歯科医師です。その医師の腕前に不安があるものであればトラブルの防ぎようがありません。歯科医師を探すとなると、全国には何万といる歯科医師の中から自分に合ったベストな歯科医師を見つけ出すというのも困難です。ではどうするかと言うと、インプラント治療が得意な歯科医師を探すことです。

全ての歯科医師が万能と言うわけではありません。医師はそれぞれ得意分野があり、専門の診療科を受け持っていることが多いのです。インプラント治療は歯の矯正です。つまり矯正歯科でインプラント治療を行っている歯科医師を探しましょう。その中でも矯正歯科として認められた「認定医」や「専門医」であれば失敗はより少なくなるでしょう。

いかにインプラントの専門家と言ってもそれが自分に合った治療法ができるとは限りません。歯科医師の方針や治療環境など様々な条件も関わってきます。この場合は自分が治療を考えている歯科医院のHPで取り組みや体験者の口コミなどを活用すると良いでしょう。

歯科医師の検索は日本歯科医師会のHPなどでも探すことができるので、まず自分に必要だと思う治療や費用など自分の環境と相談してから決めましょう。

治療を受けた後も口腔のケアを怠らない

Free photo: Brush, Oral, Care, Clean, Dental - Free Image on Pixabay - 18729 (868)

インプラント治療が終わった後も何事もなく日常生活が送れているからと言って気を抜かないのが重要です。口腔内はとてもデリケートなのです。不潔な状態にしていてはせっかくのインプラントを活かせません。常に歯磨きやケアを欠かさずに口の中を清潔にしましょう。歯垢(プラーク)が溜まると歯周病の元となり、インプラント部分からの炎症、インプラント周囲炎や感染症のリスクも高まります。

また、インプラントの定期的なメンテナンスを行う定期検診を受けることでインプラントの状態や口内環境の確認を行えます。インプラント治療は保険が適用されることがほとんどないため決して安いものではありません。メンテナンスはトラブルの回避だけではなく、高額なインプラントをできるだけ長く使うために必要なことなのです。

また年月の経過と共に体の機能の変化などによるインプラント治療当時の環境とは違ってくることも考えられます。当時は問題が無かったとしても、加齢によって適合しなくなることもないとは言い切れません。長期間の使用で不具合を感じ始めたら、悩む前にかかりつけの医師のカウンセリングを受けましょう。

十分な知識とケアがトラブル回避のポイント

Free photo: Approval, Female, Gesture, Hand - Free Image on Pixabay - 15914 (871)

インプラント治療には様々なトラブルが考えられ、被害に遭われた場合はその後の日常生活に支障をきたす重大なものも多いのです。これだけ聞くとインプラント治療をためらう方への不安を煽ることばかりですが、説明解説したようにこれらのトラブルは十分回避できる問題なのです。

トラブルのほとんどは十分な知識の不足やケアを怠ることで発生します。インプラントはトラブルさえ回避できればメリットの大きな治療法です。インプラント治療を考えている方はぜひ今回のお話を参考にしてみてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【症状別】歯のトラブルの原因を解説

【症状別】歯のトラブルの原因を解説

一言で歯の痛みと言っても、その症状は様々です。痛みの症状によって、その痛みがどこから来るもので、どのような治療が必要になるのかが分かることもあります。痛みの原因を知ることで、歯のトラブルを改善しましょう。今回は、症状別に歯のトラブルの原因を探っていきたいと思います。
ぶーちゃん | 158 view
【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

インプラント治療は基本的には保険治療の対象外となるため、非常に高額になることをご存知ですか?今回はインプラント治療の相場や、知っておきたい分割払いの方法について解説します。分割払いのメリットとデメリットもご紹介するので、しっかり理解したうえで検討しましょう。
ゆき | 288 view
【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

完全自費診療だと、とても高額になることの多いインプラント治療。生命保険の対象になるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、インプラントと生命保険の関係について解説します。インプラントが対象となる、歯科治療専門の保険もご紹介致します。
ゆき | 1,046 view
インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントのメーカーは世界中に100社以上あると言われており、それぞれ違った特徴をもっています。インプラントは高額なので、しっかり自分にあったメーカーを選びたいですね。院プラントを選ぶ時のポイントや、現在最も使用されることの多い有名メーカーの特徴をまとめましたので、メーカー選びの参考にしてくださいね。
ゆき | 344 view
歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

歯医者さんでインプラント治療を受ける前に知っておくべきこと

最近評判のインプラントですが、費用はかなり高額になるようです。インプラント治療を考えている人は、インプラント治療について、あるいは、そのメリットとデメリットなど、よく知った上で、歯医者さんに行くようにしましょう。
musinoiki | 284 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

manji manji