2017年3月6日 更新

「前歯」をより美しく仕上げたい・・・そんなときは審美歯科へ

前歯を単に矯正するのではなく、より美しく整えて矯正したい・・・そんなときは審美歯科に相談してみましょう。審美歯科では通常の矯正よりも歯の白さや美しさをケアしての治療になります。またいわゆる「プチ矯正」と呼ばれる、短期間・低価格で行える治療もあります。自分に合った治療法を見つけてみましょう。

70 view お気に入り 0

前歯をより美しく、より白く―オールセラミック治療

 (8048)

セラミック治療は前歯を部分的に削り、人工素材であるセラミックを上から貼り付ける治療法です。セラミックそのものは自然の歯と同じように白いので、審美面でもより美しく仕上がるのが特徴です。
普通のホワイトニングでは前歯が綺麗にならなかった、前歯のちょっとした傾きを治したい・・・そんな方にオススメの治療法です。

オールセラミック治療のなかでも「ラミネートベニア」は歯を削る量も少なく、若い女性を中心に人気の治療法になっています。
前歯にセラミックを貼りつける方法です

薄いシェル状(付け爪状)のセラミックを貼りつける治療方法です。オールセラミッククラウンと同様に、芸能人やモデルさんが前歯をキレイに整える方法として人気があります。

短期間・低価格で前歯の矯正、プチ矯正(部分矯正)

 (8049)

前歯の症状が軽度な場合、または前歯の一部分だけを治したい、安い費用で治療したい、そんな方は部分矯正(プチ矯正)という選択肢もあります。費用が安いだけでなく、部分的な治療なので痛みも少なく短期間で治療を終えることが可能です。

プチ矯正の治療法はそれぞれの病院によって違いが出てきますが、一般的にはワイヤー矯正とマウスピース矯正が多いようです。
矯正器具を取り付けるのが気になるという方もいますが、審美歯科では白い目立たないワイヤーや透明なマウスピースが使われる場合が多いです。
〇前歯だけの部分矯正とは?

前歯の部分的に気になる所がある場合にそこだけを治す矯正法を部分矯正と言います。プチ矯正と呼ばれることもあります。

部分矯正は、前歯が重なってガタガタしてたり、少し八重歯になってたり、逆にすき間が開いている場合にする矯正治療です。歯が重っている場合に行うことが多く、重なりの程度により、軽度、中等度、重度に分かれます。

今までの歯の矯正では、費用・期間がかなりかかり、痛い、しんどいなどというイメージがありましたが、部分矯正(プチ矯正)は、そんな悩みがかなり減りました。

結婚式までに何とかしたい―ブライダル矯正

写真素材 足成:神父さんのお話中 (8050)

大切な結婚式にできるだけ綺麗な歯で臨みたい、そんなときはブライダル治療がオススメです。
その名のとおり結婚を控えた女性向けの審美歯科治療です。
結婚式までに日にちが少ない場合でも、当日ギリギリまでケア・治療できるのがブライダル治療のメリットでもあります。

「結婚式まで日にちがないし間に合わないかも」と諦めず、一度クリニックで詳しく相談してみましょう。
一生に一度の大切な日。
コンプレックスから開放されて、思いっきりの笑顔で過ごしてください。
結婚式まであまり時間がない、という方もその日まで少しでも歯の見た目がきれいになれば、笑顔に自信が生まれます。大切な日は装置を取り外し(ご自分で簡単に取り外しができます)、終了後に再開すればゴールまで辿り着けます。

前歯の欠損が酷い場合―インプラント治療

 (8052)

何かの事故で前歯が失われてしまった、または虫歯や歯周病で前歯が大きく欠損してしまった、そんなときはインプラント治療が適用される場合もあります。
インプラント治療とは、歯茎に小さなインプラント(スクリュー)を埋め込んで新しい人工歯を取り付ける治療法です。新しい人工歯にはセラミックなどの審美面でも優れた素材が使われます。

ただし、インプラント治療は保険が適用されないこともあり、費用面でなかなか治療に踏み出せずにいる方もいらっしゃいます。
失った歯を補うこれまでの治療法は、残っている歯や顎に大きな負担を求めるものでした。これに対しインプラントは、天然の歯と同様に顎の骨に直接支えられます。

このため残された組織にやさしい治療法なのです。削ると2度と元に戻らない歯を削りませんので、天然歯の保護、機能性、審美性の回復が得られます。

ただし、インプラント治療には健康保険は適用されません。

まとめ

前歯の審美的な治療も、まずは自分自身の歯の具合がどの程度のものなのかを見極める必要があります。同様に日々の生活でどれくらいの支障が生じるか、たとえばワイヤー(マウスピース)矯正の場合は外見面でどうなのか、といった点も考慮したうえで治療法を選択する必要があります。

費用面ではプチ矯正を選びたくても、症状が重いとプチ矯正では無理ということも考えられます。ほとんどのお医者さんでは無料でカウンセリングを行っているので、まずは一度足を運んで相談してみましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インプラントは前歯と奥歯で費用が違う?治療を受けるメリットとデメリット

インプラントは前歯と奥歯で費用が違う?治療を受けるメリットとデメリット

「前歯のインプラントは高いらしい」「インプラントの中でも前歯は失敗しやすい」こんな噂を聞いたことはありませんか?そこで今回は前歯と奥歯とでは本当に費用が違うのか、治療を受けるメリットとデメリットについて見ていきたいと思います。
| 214 view
審美歯科でも保険は使えるの?保険が使える治療と使えない治療の違い

審美歯科でも保険は使えるの?保険が使える治療と使えない治療の違い

審美歯科というと、保険が使えないというイメージが強いものです。しかし、審美歯科の治療すべてが保険適用外というわけではありません。そこで、保険に使える治療は何か、使えない治療は何かについて見ていきましょう。
達也 | 59 view
美しい歯を手に入れる!“審美歯科”モニターのすすめ

美しい歯を手に入れる!“審美歯科”モニターのすすめ

あなたは歯のお悩みはありますか?歯はメイクでは隠せないもの。笑えば見えてしまうので、コンプレックスがある方は意外と気にしている方も多いはず。そんな方々に朗報!歯を美しくしてくれる“審美歯科”治療のモニター体験で、生まれ変わるチャンス!
worldman | 110 view
あの有名芸能人も殺到!“審美歯科”の魅力とは

あの有名芸能人も殺到!“審美歯科”の魅力とは

芸能人の歯は綺麗。実は、それは生まれつき綺麗だったのではなく、きちんとケアをした結果。テレビに出る以上、歯を気にする芸能人は多いようです。今回はそんな芸能人に学ぶ、“審美歯科”の魅力についてご紹介します。一般人の私たちにも役立つ情報たっぷりです。
worldman | 138 view
すきっ歯(空隙歯列)について|前歯に隙間があって歯並びが悪い

すきっ歯(空隙歯列)について|前歯に隙間があって歯並びが悪い

いわゆる「すきっ歯」と呼ばれる症状があります。前歯の歯と歯の間に隙間があって歯並びが悪く見える状態です。すきっ歯はやはり外見的な悪さが特徴で、そのコンプレックスを治すために治療を受ける方も多いです。すきっ歯の原因やその治療方法について詳しく見ていきたいと思います。
あかねっぴ | 258 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ