2017年3月6日 更新

相談しにくい「出っ歯」に関する悩みと歯並び矯正について

前歯が正常な位置よりも前に出てしまっている、いわゆる「出っ歯」。それを持ちネタにしているお笑い芸人もいますが、やはり見た目が気になると悩んでいる人も多いですよね。出っ歯の原因や大人にお勧めの目立たない矯正治療についてまとめてみました。

133 view お気に入り 0

出っ歯とは?

 (10623)

一言で「出っ歯」と私たちは使っていますが、実は出っ歯にはいくつか種類があるのをご存知でしたか?
歯科医療には「出っ歯」という正式な用語はなく、何らかの理由によって上の前歯が下の前歯よりも著しく前に出ている状態を「上顎前突(じょうがくぜんとつ)」といい、その結果、咬合機能(噛み合わせ)に問題が生じているものを「上顎前突症」といいます。これがいわゆる「出っ歯」と呼ばれるものです。

出っ歯の原因って?

出っ歯の原因には、先天的なものと後天的なタイプの2種類から考えられる原因があると言われています。
一般的に歯並びは遺伝による影響が大きいですが、出っ歯においては後天的に引き起こされることもあります。
先天的な原因とは遺伝的なもので骨格から出っ歯の場合や歯の生え方が遺伝的に出っ歯の方です。
後天的な原因で多く見られるのが幼児期から長期間にわたる指しゃぶりです。2歳くらいまでの指しゃぶりは生理的なものですがそれ以降は骨の発達や歯の生え方に影響しますのでやめるようにするべきです。また舌癖といって食事や水分を飲み込む際に舌を前に押し出して飲み込む癖のある方がいらっしゃいます。これも幼少期からの癖ですので、もし癖が見られるようであればやめさせなくてはいけません。継続的に舌を前歯の裏に押し付けると歯が前に出てしまいます。
子供がよくする指しゃぶり。見た目の問題だけでなく、出っ歯を引き起こしてしまう可能性があるのでママやパパは気をつけてみてあげましょう。飲食時の癖も影響するといわれているので、変な癖がないか、また癖が出始めてたら注意してあげることが大切です。

出っ歯の治し方って?

出っ歯が気になる場合は、専門家の治療が必要不可欠になります。出っ歯を修正することで歯並びだけでなく、口元を中心とした顔の印象が大きく変わりますよ。
出っ歯になってる前歯を引っ込めないといけない訳ですが、どうやって引っ込めるかというと、小臼歯という前歯と奥歯の中間にある歯を抜いて、そこに出来たスペースに前歯を引っ込めるという方法をとります。
小臼歯を抜くと、そこには5mmくらいのスペースができますが、そのスペースに前歯を下げていくわけです。さらに良いことには、前歯が下がると、上あごの骨格自体も下がります。つまり、歯だけでなく、骨ごと下がるので顔立ちがかなり変わって、美人・男前になります。
上下の前歯とも、後ろにさがり、それに伴って骨格ごと下がり、横顔がキレイになります。
出っ歯によって噛み合わせがうまくいかないと、日常生活にも支障がでてしまいます。できれば成人する前に、早めの矯正治療の相談をしてくださいね。

裏側から矯正する

 (10625)

歯並び矯正は器具が目立って気になりますよね。それが理由でなかなか治療に踏み切れないという人も多いでしょう。最近は極力目立たないよう、裏側から矯正する方法もあるんですよ。
ワイヤー装置を歯の裏側につける治療です。最近までは表側のワイヤー矯正に比べて歯を動かすのは難しいと言われていましたが、治療技術や装置の発達により大分改善されてきました。先生によっては表側矯正とそん色のないレベルで歯を動かすことができますが、全体として対応できる先生はまだまだ少ないのが現状です。

メリット
装置が外からは目立たない。
装置で頬側を傷つけるようなことはない。
舌癖を矯正しやすい。

デメリット
難易度が高く担当医によって治療に差が出る。
表側より期間が長くなりがち。
舌先を傷つけやすい。
治療費が高額になる。
裏側矯正を行っている病院を見つけたら、まずは医師に相談してみましょう。

まとめ

最近では、あえてカラフルな器具を使ったオシャレ度の高い矯正も人気です。美しい歯並びを目指して、ポジティブな気持ちで矯正治療を始められるといいですよね。

矯正治療は自己負担なので高額ですが、歯は何十年も使い続けるもの。いつまでも健康で美しい歯を保ちたいという人や出っ歯で悩んでいる人は、今すぐに専門家に相談してみましょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 378 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 564 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 498 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 438 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 481 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

彩