2017年3月6日 更新

数万円~数十万円の節約に?!歯の矯正治療の確定申告のススメ

健康保険が適用されないため、どうしても高額になりがちな歯の矯正治療。しかし、条件を満たせば確定申告できるって知っていましたか?確定申告で医療費控除を受ける方法や、その条件について理解し、家計の節約に役立ててくださいね!

105 view お気に入り 0

保険適用外の歯科矯正でも確定申告で医療費控除が申請できる?

確定申告と税務署イラスト/無料イラストなら「イラストAC」 (5018)

噛み合わせの調整など医師が必要と判断したものならば可

大人の矯正治療の場合は、見た目・容ぼうを良くすることだけが目的でなく、「咀しゃく障害の改善(かみ合わせの改善)」を主な目的とする場合には医療費控除の対象になります。
医療費控除の対象とするには、美容のための治療ではないことを示す歯科医師の診断書が必要となる場合があるので、治療前、医療費控除の対象になる症状かどうか、担当医に確認してみましょう。
不正咬合(ふせいこうごう)を治療し、噛み合わせをよくすることを一番の目的として行われる矯正治療であれば、確定申告で医療費控除を申請できる場合があります。申請には、歯科医師が「治療の必要がある」と認めた証となる診断書が必要となるため、必ず事前に申請できるかどうかを確認しておくようにしましょう。

矯正の費用や通院のために公共交通機関を使用した交通費が対象

矯正治療で支払った費用 (検査・診断料、装置代、処置・調整料など)。
※医院で購入した歯ブラシや歯磨き剤などの歯科衛生用品は対象外です。
通院のための交通費 (バスや電車など公共交通機関。バスや電車での通院が困難な場合のタクシー代)。 ※マイカーでのガソリン代は対象外です。
確定申告で医療費控除として申請できるのは、矯正にかかった費用と、通院のために公共交通機関を利用した場合の交通費です。ただし矯正器具の材質や矯正方法など、著しく高額なものに関しては医療費控除の対象とならないこともあるので、こちらも事前に歯科医師に確認しておくようにしましょう。

歯の矯正費用の確定申告の手続きはどうすればいい?

源泉徴収票|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (5026)

2月16日~3月15日までに申告書と必要書類をそろえて手続きをします

医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署長に対して提出してください。
 医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示してください。
 また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も添付してください。
医療費控除は医療費が発生した年(1月1日~12月31日)の、次の年の2月16日~3月15日までに申告書を提出して行います。この期間を過ぎた場合でも、5年間は遡って申請することが可能です。

確定申告で医療費控除される金額はどれくらい?

電卓&ペン|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (5031)

(医療費-保険金など)-10万円で計算することができる

医療費控除の金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。
 (実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額

(1) 保険金などで補填される金額
(例) 生命保険契約などで支給される入院費給付金や健康保険などで支給される高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
(注) 保険金などで補填される金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。
(2) 10万円
医療費控除として申請できる金額は、10万円超~200万円以下です。ただあくまで“収入”から差し引かれて税金額が計算し直され、払い過ぎた税金が還付されるだけなので、医療費控除として申請した金額がそのまま戻ってくるわけではないという点には注意しましょう。

デンタルローンや分割払いでも医療費控除の対象となる?

支払い形態にかかわらず医療費控除の対象となります

歯科ローンは、患者が支払うべき治療費を信販会社が立替払をして、その立替分を患者が分割で信販会社に返済していくものです。したがって、信販会社が立替払をした金額は、その患者のその立替払をした年(歯科ローン契約が成立した時)の医療費控除の対象になります。
現金一括払い、デンタルローン、多目的ローン、クレジットカードなどは、支払い形態にかかわらず同年度の医療費控除の対象となります。ただし病院独自の分割払いの場合は、1年間に支払った金額のみがその年度の医療費控除の対象となります。

歯の矯正治療費の確定申告は忘れずに!

矯正治療費の確定申告は、所得税だけでなく翌年の住民税にも影響してきます。それらも考えると費用対効果は十分大きいと言えるので、ぜひ忘れずに申請するようにしてくださいね。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インプラントをした年は、確定申告で還付を受けられるかも!

インプラントをした年は、確定申告で還付を受けられるかも!

いつまでも自分の力でしっかり食べたいと思っていて、インプラントを考えている人もいるでしょう。インプラントは本来の歯の構造にとてもよく似ているので、自然な力で噛めてストレスも軽くなります。とはいっても、自由診療ですから治療費は高額になります。しかし確定申告をすれば還付があるかもしれないって、ご存知でしたか?
山村 | 155 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

藍