2017年3月6日 更新

『子供の歯並び改善・歯列矯正』について詳しく知ろう!

子供の歯列矯正について意外と知られていない多くのことがあります。「自分の子供は本当に歯列矯正が必要なの?」「歯列矯正を始めるならどのタイミングが良いの?」といった疑問を持つお父さんお母さんも多いと思います。そこで今回は子供の歯列矯正についての知識を詳しくご紹介していきます。

31 view お気に入り 0

子供の歯列矯正における特徴は?

 (2204)

子供の時に行う歯列矯正と、大人になってからの歯列矯正とでは「あごの骨」の大きさが違いとして顕著に出ると言われます。つまり子供の時から始まる「あごの骨の成長」に合わせて矯正を行えるかどうか、という点です。子供の早い時期から歯列矯正をすることであごの成長も一緒に整えられるというメリットが生まれるのです。
お子さんの歯並びを気にして矯正を希望される方が多いですが、子供の矯正には歯並びを改善することのほかに、あごの発育を整える目的もあります。
最近の子供は「あごが小さくなった」と言われています。それは僕も診療を通じて実感していることですが、硬い物をあまり食べなくなった食生活の変化が原因でしょうね。
あごの発育が悪いと歯並びに影響するだけなく、上手く噛めなかったり、滑舌が悪かったり、顔のかたちが変わってしまうこともあります。大人になってからあごの骨を治すと、外科的な手術が必要になることもあり、時間的にも費用的にも負担がかかってしまいますが、あごの骨がやわらかい成長期ならコントロールしやすいんですね。子供の矯正では歯並びの改善と並行して、あごの発育に悪影響を及ぼす癖や生活習慣を正し、適切なあごの発育を促していきます。

子供の歯列矯正を始めるベストな時期はいつ?

 (2205)

子供の歯列矯正は「何歳からがベスト!」と、簡単に言えるものではありません。
歯列矯正といってもそれぞれのお子さんによって歯並びの具合、歯の状態にも違いと幅があります。つまり「個人差が大きい」ので何歳からがベストということではなく、それぞれ個人個人に合った治療法と治療期間で行うことがベストと言われます。
この点については各クリニックにてしっかりカウンセリングを行うのが良いでしょう。
理想的な年齢が何歳であるとは、はっきりとは言えないんですね。歯やあごの状態から、早めに開始した方がいい子もいるし、もう少し大きくなってからスタートさせた方がいい子もいます。中には、大人になってからの方がいい子も。
早めに矯正を開始した方がいいケースは、そのまま放置しておいたら顔の成長に影響が出てしまう場合ですね。それと、お口周りの癖が目立つお子さんは、癖を改善する練習を早めに始められた方がいいと思います。お子さんの歯並びを気にしている方でしたら、上の前歯が下の歯に覆いかぶさっている生え方でない場合は、一度相談された方がいいですね。
子供の矯正の場合、成人になった時点で歯並びがきれいになることを目標にして、治療計画を立てます。治療のゴールを目指してスタートラインをどこに置くかは、歯並びの状態を診てから決めていくことになります。

矯正器具と取り付け期間ついて

 (2206)

お子さんの歯の具合によっては矯正器具の取り付けが必要になる場合もあります。
現代では各クリニックによってクオリティの高い矯正器具を、専属の技工士さんがお子さんの歯の状態に合わせてしっかりと作ってくれます。
また、ある程度年齢が高くなってからは取り付ける矯正器具にも違いが出てきます。
取り付け器具の違いによって費用も大きく変わってきますから、この点もお医者さんから詳しく説明を受けましょう。
●前歯の永久歯が揃った年齢
小学校3、4年生頃には前歯が生え揃います。
その時受け口や凸凹または上の歯が前へ出ている人は、前歯に金具またはプラスチック等のブラケットをつけ、針金等でとめる装置を使います。期間は約1年間位で治ります。

●全部の永久歯が生え揃った年齢
小学校6年生頃から中学高校・そして成人の方も含まれます。この年齢になりますとあらゆる不正咬合に対処しなければなりませんので、取り外しのできる装置は一部の不正咬合を除き使えません。
1本1本の歯に金具を付け、針金でとめる装置になります。
一概に言えませんが2年から2年半、また3年位かかる人もおられます。
年齢が高いほど期間が伸びますので早い時期に治療を開始される方が結果がいいようです。

お子さんの気持ちも大切に

 (2207)

子供の歯列矯正では、お子さんの精神面(気持ち)も大切になります。
たとえば小学生の場合たくさんのクラスメイトの前で矯正器具を付けながらの日々になります。
友達から変な目で見られるということもあるかもしれません。
最初から矯正器具をつけることをお子さんが嫌がる場合もありますし、人前での外見を気にして「もうやめたい」と訴えることもあるかもしれません。
そういうときは、歯列矯正を行うことの大切さをしっかりと説明し、理解・納得してもらったうえでお子さんに治療に臨んでもらってください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 419 view
歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びをきれいにするための治療といえば一般的に歯の矯正を思い浮かべると思いますが、手術で歯並びをきれいにする治療方法もあります。では、どういう場合に手術が必要なんでしょうか?歯の手術についてお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 134 view
歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

もちろん歯並びがきれいにこしたことはないですが、歯並びが汚いと見た目以外で何か困ることはあるのでしょうか?歯並びが汚いと、どんなデメリットがあるのかをご紹介します。歯並びが汚いことでのデメリットを知り、今後の対策のための参考にしてみてくださいね。
なつき | 397 view
歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 252 view
”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

一般的には”歯の矯正ができる経済的余裕がある=育ちがいいという解釈が多いですが、本当はその金銭的な意味だけではない、ということをお伝えいたします。
麻衣 | 2,293 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ