2017年3月6日 更新

年齢を重ねると歯も悪くなる?しっかりとした知識を身につけよう

年齢を重ねると筋力が低下したり身体の機能が低下していきます。歯も例外ではなく年齢を重ねることによってどんどん悪くなっていくと言われています。では、どのように悪くなっていくのか、また、その対策についてみていくことにします。正しい知識を身につけていきましょう。

74 view お気に入り 0

歯にも年齢がある?「歯年齢」とは

 (4136)

最近のメディアでは健康や美容などといった身体についての話題は事欠きません。
「肌年齢」や「体年齢」といった言葉も存在して実年齢と比較すると言うこともご存知だと思います。

実は、歯にも「歯年齢」という言葉が存在します。
あまり一般的ではありませんが歯の治療の施し方で目安的に使われたりします。
具体的には歯に虫歯がなく健康的な状態であれば20代。しかし、虫歯治療のために歯を削り、神経を抜く。
詰め物やかぶせ物をしたような場合は60代と言われています。

日本は長寿大国で年齢を重ねても元気な高齢者が増えてきました。
歯に関していうとそこまで健康な高齢者は多くないのも現状のようで年齢を重ねると歯も悪くなる方が多いと言われています。よく聞く「8020運動」。
80歳になっても20本の歯を残そうとする運動ですが、実際、80歳以上の方で20本以上の歯が残っている割合は10本未満とのことです。
虫歯がなく咀嚼する力もしっかりとある歯は、年齢でいえば20代。
虫歯が出来て歯を削り、治療の為に神経を抜くということを繰り返していくにつれ、
歯も年齢を重ねていきます。神経を抜いて被せ物をした状態の歯は、歯年齢でいえば60代。
臓器と同じように歯も老朽化していきますが、虫歯治療で神経を抜いた歯は、健康な歯よりも
水分量が少なく、老朽化のスピードは速くなります。

年齢を重ねると歯はどうなっていくの?

Free photo: Woman, Senior, Citizens, Female - Free Image on Pixabay - 208723 (4154)

年齢とともに、または治療を重ねることで歯年齢は高齢になっていきます。
では、歯が悪くなるとはどのような状態のことを言うのでしょうか。みていくことにしましょう。

まずは、食べ物を食べる時の状況を思い出してみてください。
歯で食べ物をかみ砕き飲み込んでいくわけですが、その時に唇や頬、あご等をフルに使って食べていきます。
その機能は年齢を重ねることによって低下していきます。
この点は容易に想像できることでしょう。

では、歯は年齢を重ねるとどのように変化していくのでしょうか。
歯は加齢によって歯茎が下がり歯の根元の部分が見えてくるようになります。
歯根はエナメル質が弱く虫歯に侵されやすくなってしまします。
エナメル質が低下している歯は黄ばんでくる特徴がありますのでご自身の歯をセルフチェックしてみてください。
老化によって歯が抜ける原因で、もっとも多いのが「破折」です。はせつ、と読みます。破れる・折れる、という漢字ですので、歯が砕けてしまうような恐ろしい感じがしてしまいますが、分かりやすくいいますと「歯の老朽化」です。
歯も臓器の一部です。何十年と使っていれば、それなりのダメージをうけていると思ってください。これは、神経がある歯でも、ない歯でも起こりうることです。歯はすり減っていくものなのです。

歯の老化を防ぐ方法は?

身体と同様、歯も老化していくことはわかってきたことと思います。
それでは、日ごろ、どのようなケアをしていけばよいのでしょうか。
セルフケアや歯科医院でできるケアの方法をご紹介します。

一番初めにしておくことは歯の定期検診ではないでしょうか。
自分の歯を鏡で見てわかることはあるでしょう。
しかし、一般の人は歯や歯茎の状態についての知識が豊富にあるわけではありません。
身体の健康診断と同様に歯も定期検診をしっかり受けることから始めましょう。
それによって、歯科医師から的確なケア方法をアドバイスされるはずです。
どんなに素晴らしい車を乗っていても、定期的なメンテナンスを行っていかない限りいつかは不具合に見舞われるように、歯も定期的なメンテナンスを行っていかないと、歯の寿命は変わってきます。
悪くなる前に、定期的な歯科健診を行う。
これによって、歯の寿命が長くなり、健康的な生活を送っていくことができます。
そして、日ごろからできるセルフケアは歯磨きになりますので正しい歯磨きをしてきましょう。
加齢とともに歯茎が下がるので歯茎のケアもしたいところです。
余計な力を入れずに歯ブラシを持ちマッサージするようにケアすると効果的と言われています。
しっかりと歯のケアを行い、健康な歯でいつまでもおいしいご飯を食べ、健康的な生活を送りましょう。
神経のある歯を一本でも多く残すことが歯の延命には効果的で、毎日の歯磨きは歯の延命に重要な役割を果たしています。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

LEDライトを活用したセルフホワイトニング術

セルフホワイトニングに関心を持つ方が増えてきていますが、実際に行われたことがあるのは少ないのではないでしょうか。今回はLEDライトを使用したセルフホワイトニング術をお伝えします。
Rits | 54 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 367 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 543 view
【症状別】歯のトラブルの原因を解説

【症状別】歯のトラブルの原因を解説

一言で歯の痛みと言っても、その症状は様々です。痛みの症状によって、その痛みがどこから来るもので、どのような治療が必要になるのかが分かることもあります。痛みの原因を知ることで、歯のトラブルを改善しましょう。今回は、症状別に歯のトラブルの原因を探っていきたいと思います。
ぶーちゃん | 131 view
まさかのミスで歯が欠けた…そんな時の応急処置の方法をご紹介!

まさかのミスで歯が欠けた…そんな時の応急処置の方法をご紹介!

何かに顔をぶつけたり、転んで顔を打ったり、堅いものを嚙んだ時に歯が欠けてしまうことがあります。このような災難は突然起こります。正しい応急処置しておかないと、後で大変なことになってしまいます。今回は、そんな急な歯のトラブルに対する応急処置の仕方についてまとめます。
ぶーちゃん | 155 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

えびす えびす