2017年2月22日 更新

歯を抜かない矯正!「非抜歯矯正」はどうすればできる?

矯正をするなら、健康な歯を抜かないですっきり並べたいですよね。健康な歯を抜いてしまうと、全体のバランスが悪くなったりしばらく痛みが残ったりというデメリットが…。歯を抜かない「非抜歯矯正」はどんなケースならできるのか、まとめました。

146 view お気に入り 0

歯を抜く矯正とは?

Free photo: Girl, Portrait, Model Feelings - Free Image on Pixabay - 2071564 (7979)

歯を抜く矯正のメリット

歯を抜きたくないと思っている人でも、歯を抜くことのメリットは知っておいたほうがいいでしょう。デメリットが大きいぶん、思ったよりも大きなメリットがあるんです。
メリット
上下の歯のバランスもよく、口元のバランスも良くなります。
骨格的に問題がある場合も、ほとんどの場合で外科手術なしで治すことができます。
骨格や歯の大きさに問題があって、どうしても歯が収まりきらない方は歯を抜けばバランスが整います。歯を抜くことを視野に入れることで、歯並びに重大な問題がある方でも矯正できる可能性が高まります。

歯を抜く矯正のデメリット

歯を抜くことで、歯がすべてそろっている人よりも歯全体の健康面で劣ってしまうようです。その後のケアが重要なのですが、以下の引用のような指摘をする歯医者さんがいらっしゃることを心にとめておきましょう。
歯を抜くと、抜いた部分の骨がまずやせ衰え、さらに全体に噛む力が落ちるため、口腔全体がやせ細ってきます。また歯の高さも足りなくなり、咬合平面のたれさがり持ち上がりがおきてきます。歯がなくなったことでまわりの歯も傾き、かみ合わせも悪くなってきます。

歯を抜かない矯正「非抜歯矯正」とは?

健康な歯を残して矯正する方法

非抜歯矯正なら、あなたの健康な歯をそのままにして矯正をすることが可能です。せっかく健康に生えている歯を抜くことは心理的な負担がかかりますが、非抜歯矯正ならそうならずに済みます。

非抜歯矯正のメリットは?

第一に、健康な歯を抜かずに済むこと。それによって心理的な負担が減ることです。健康面から考えても、歯の一つ一つへの負担が分散されること・バランスが整うことでよい影響があると考えられます。抜歯矯正では2本または4本の歯を抜くことになるので、別の歯に負担がかかってしまうのです。
メリット
軽度の不正咬合のケースでは、ほとんどの場合、歯を抜かない矯正歯科治療を選択します

・歯を4本抜かずにすむ
・抜歯をしないことで精神的な負担が少ない。

非抜歯矯正ではゴリラになる?

非抜歯矯正をすると、口元が突出してゴリラのような顔になると言われています。これが真実なら、相当なデメリットになりますよね。
非抜歯矯正についてよく誤解されていることの代表が、「歯を抜かないで矯正するとゴリラ顔になる」というものです。
これは、

「歯が並ぶスペースがないのに歯を抜かずに治療」
   
「無理に並べることで歯が前方に出てしまう」
   
「口元が出てゴリラのような顔になる」

という誤った非抜歯矯正への認識からきているものと思われます。
おそらく、歯が並ぶスペースを作る前に無理に非抜歯で並べようとした結果、残念な結果になってしまった患者さまのケースをもとに生まれた誤解なのだと思います。
ただ、非抜歯矯正をした人みんながゴリラのような口元になるわけではありません。もしそうなら、非抜歯矯正が今まで続いてきたとは思えません。

非抜歯矯正で口元が突出する原因は、歯医者さんの力量・無理にスペースを詰めてしまったことなどがあげられます。

顎が小さい人や歯が大きい人が無理に非抜歯矯正に踏み切ると、どうしても歯がぎゅうぎゅう詰めになって前歯が出てきてしまうようです。

歯を抜かない矯正をモットーにする歯医者さん

美容目的で何本も抜いてしまっているけれど…

近年、美容目的で歯を2本も4本も抜く歯医者さんがたくさんいらっしゃいます。しかしその一方で、非抜歯矯正を重視してなるべく歯を抜かないように心を尽くしている歯医者さんもいらっしゃいます。
私が歯を抜かない矯正治療をする最大の目的は、歯を抜かないで矯正治療をする方が正しい噛み合わせを作ることができるからなのです。

従来の抜歯矯正が前歯の見た目を重視した治療なのに対して、私の行っている歯を抜かない矯正治療は、正しい噛み合わせを重視した矯正治療なのです。

正しい噛み合わせを作ることによって体調不良が改善し、体にとっても快適な状態を作り出せるのです。
本来は28本あることでしっかりとした噛み合わせに並ぶ歯。美容目的で抜かなくてよい歯まで気軽に抜いてしまうよりも、一度抜かない矯正ができる歯医者さんでお話を聞いてみるのはいかがでしょう?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 381 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 578 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 505 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 447 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 487 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

sirono sirono