2017年3月6日 更新

歯並びがいいことのメリットは?良い歯並びってどんなもの?

「歯並びがいい」とは具体的にどういう状態のことを言うのでしょうか。また、歯並びが良いことで生まれるメリットにはどんなものがあるのでしょう。良い歯並びとはどういうものかを知り、今の自分の歯の状態をチェックしてみましょう。あなたは知らず知らずのうちに悪い歯並びになっているかも?

194 view お気に入り 0

良い歯並びの特徴とは?

 (1706)

良い歯並びは笑顔を明るくし、人生そのものも明るくします。
また、人づきあいやコミュニケーションもより楽しくなります。
しかし、自分の歯並びがはたして本当に良いかどうかなかなか自己判断が難しい場合もあります。
そこで、良い歯並びとは具体的にどういうものかを一度チェックしてみてください。
1.見た目が整っている
2.歯の大きさ、向き、形が左右対称である
3.歯の重なりがない
4.上下の噛み合わせのバランスが良い
(上が出すぎていたり、下が上の歯より前に出ていない)
5.上の前歯が下の前歯より出ている(2ミリ程度)
6.噛み合わせが良い
良い歯並び、正しいかみ合わせとは以下の条件を満たしている状態です。
奥歯でカチンと噛んだ状態でご自分の歯を見てください。

これらの状態に当てはまらない場合は何らかの不正があります。
自己診断をしてご自分の症状をチェックしましょう。

・上下の前歯の中心が合っている。
・上下の前歯が、上下方向、前後方向に 2~3mm重なっている。
・上下の歯が交互にかみ合っている。

良い歯並びにおける、良い噛み合わせ

 (1707)

良い歯並びから生まれる健康的で正常な噛み合わせを「正常咬合」と呼びます。
この正常咬合と呼ばれる状態であることが良い歯並びの基本となります。
反対に噛み合わせが異常で不健全な状態であることを「不正咬合」と呼びます。
歯を噛んだときにどういう状態かを見ることで、自分の歯の噛み合わせが正常かそうでないかが分かります。
この点も一度しっかりと確認して正常・異常について自己判断してみましょう。
よい歯並び、かみあわせの条件

● 奥歯で噛んだ時、上の真ん中と下の真ん中が一致している。
● 前後的に見ると、下の前歯よりも上の前歯が2~3ミリ出ている。
● 上下的に見ると、下の前歯を上の前歯が2~3ミリ覆っている。
● 上も下も、ガタツキがない。また、右奥歯から左奥歯までの歯の並びが、Uの字型。
● 横から見ると、上下の歯がしっかりかみ合っている。上下の歯の間に隙間がない。
● 横顔から見て、鼻と下あごを結んだ線より唇が出ていない。
● 奥歯で噛んだ時、左右の奥歯が左右均等にかみ合う。
● リラックスした状態で、口の周りに緊張がなく、自然にお口を閉じることが出来る。
● あごを大きく開けた時や左右に動かした時に、あごに痛みや音などが発生しない。
● 28本の永久歯が、すべて揃っている。

良い歯並びから生まれるメリット

 (1711)

歯並びの良さがもたらすメリットは多々あります。
良い歯並びが与えるいちばんのメリットは、やはり見た目が清潔であり他者に好印象をもたらすという点です。歯並びが綺麗な人と話していると不快な気持ちにはならないものです。
逆に歯並びがかなり悪い人と話していたり一緒にいたりすると、やっぱりどこか嫌な気持ちにもなってしまうものです。
良い歯並びは見た目だけでなく日常的な食事や食後の歯磨きにもメリットが生まれるという点も注目してみましょう。
歯並びが良い人が笑うと、それだけでとても綺麗な印象を与えます。
歯並びがいいということは口元のバランスがいいということであり、唇などもスムーズに動きますので、歪んだところのない整った笑顔になるということなのです。
また、歯並びの悪さが口元に影を落とすことがありますが、綺麗に並んでいる場合はそれがありません。

口元にコンプレックスがないと、自信も持てますし、積極的に人とコミュニケーションをとることが出来るかもしれません。歯並びが悪い人には、人からの目が気になってあまり他人と話さない、人前で笑わないということがあるのです。

更に、歯磨きにも影響があります。歯並びがいいと歯磨きの時に磨き残しをする可能性が低くなりますので、虫歯になり難くなるのです。また、食事の時に食べ物をバランスよく噛むことが出来るため、歯周病になり難い、歯周病の悪化を防ぐという効果もあるのです。

それだけでなく、食べ物をバランスよく噛めるということは左右の顔のバランスが崩れないということなので、歯並びによる顔の歪みも殆どないでしょう。歯並びの良さは見た目だけの問題と考えられがちかもしれませんが、見た目以外に健康にも影響しているのです。

歯並びの良さを維持するために

 (1712)

矯正によって歯並びを良くしても、それをずっとそのまま維持できるわけではありません。
歯周病になって歯が溶けることもあれば、歯が抜ける場合もあります。
そのため、良い歯並びをできるだけ維持するため日々の歯磨きを丁寧に行いましょう。
また、その時々の状態によって必要なケアや治療を積極的に行うことも大切です。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 412 view
歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びをきれいにするための治療といえば一般的に歯の矯正を思い浮かべると思いますが、手術で歯並びをきれいにする治療方法もあります。では、どういう場合に手術が必要なんでしょうか?歯の手術についてお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 130 view
歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

もちろん歯並びがきれいにこしたことはないですが、歯並びが汚いと見た目以外で何か困ることはあるのでしょうか?歯並びが汚いと、どんなデメリットがあるのかをご紹介します。歯並びが汚いことでのデメリットを知り、今後の対策のための参考にしてみてくださいね。
なつき | 396 view
歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 246 view
”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

一般的には”歯の矯正ができる経済的余裕がある=育ちがいいという解釈が多いですが、本当はその金銭的な意味だけではない、ということをお伝えいたします。
麻衣 | 2,280 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ