2017年3月6日 更新

審美歯科におけるセラミック治療の種類・メリット・特徴について

歯並びを綺麗にしたい歯を白くしたい、そうした「審美面」により特化して治療してくれるのが審美歯科です。そんな審美歯科で行われる治療のなかで注目されているのが「セラミック治療」です。審美歯科のセラミック治療は具体的にどういったものなのでしょうか?セラミックの種類にはどんなものあるのでしょう?一緒に見ていきたいと思います!

38 view お気に入り 0

審美性を意識してセラミック治療を受ける人が増加

 (8095)

セラミック治療とは歯を削ってその上からセラミックの人工素材を被せる治療法です。

銀歯や金歯と違って素材の色が白く、自然の歯に近いのでより美しい仕上がりになります。また、セラミック治療は短期間で治療が完了できるという点も人気の秘密です。

こうしたメリットもありセラミック治療を受ける人が近年とても増えています。
歯の色を気にして口元を隠しながらお話をされたり、黒ずみが恥ずかしくてできるだけ口を開けて笑わないようにされている方は多いのではないでしょうか?お口元のコンプレックスは、セラミック治療で解決できます。

素材のすべてがセラミック―「オールセラミック治療」

 (8097)

素材にまったく混ぜ物がなく、すべてセラミックで作られた人工素材を使って行われる治療法です。表面だけでなく内部もセラミックなので、経年によって色褪せするといった心配がありません。
デメリットとしては治療費が高額であることが挙げられます。
オールセラミックの利点

・透明感に優れ、本物の歯のように美しく仕上がります。
・変色せず、タバコのヤニやコーヒーなどの着色がしにくい素材です。
・既製材料ではなく、セラミックパウダーを配合して個々の患者様に合った色を出して行くので、隣接している歯の色と調和のとれた自然な色に仕上げることができます。
・金属を使用していないので、加齢に伴い歯肉がやせてきた時に、歯の根元部分に、黒いラインが見えてくることがありません。
・金属を使用していないので、金属アレルギーのある患者様でも安心して使用できます。
・金属のフレームを使用していない分、ハイブリッドセラミックやメタルボンドセラミックより歯を削る量を少なくすることができます。

より美しく、より強い歯に―「ジルコニアセラミック」

 (8099)

オールセラミックと同じ治療方法になりますが、使用される素材が異なり「ジルコニア」と呼ばれるものになります。
ジルコニアは人工ダイヤモンドという名でも知られており、通常のセラミックよりもさらに強度があり、耐久性も抜群です。

金属を一切使わないので金属アレルギーが生じることもまったくありません。
ジルコニアの優れた特性

・強くて丈夫な素材なので、しっかり物が噛める。
・金属では出せない、透明感ある自然な歯を作れます。
・金属の1/3の軽さ、着けた時の歯にかかる負担も軽減されます。
・身体への親和性(馴染み)が高く、人体に優しい歯科材料です。
・金属を使わないので、金属アレルギーをお持ちの方でも安心。
・耐熱性、耐久性、耐腐食性が極めて高い材料です。
ジルコニアの最大のデメリットはやはり費用が高くなってしまうという点になります。

表面はセラミック、内部は金属の「メタルセラミック」

 (8100)

オールセラミックは素材全てがセラミックですが、メタルセラミックでは素材の外側がセラミックで内部が金属でできた素材を使います。

見た目はオールセラミックと同様に白く美しい仕上がりになりますし、強度も優れています。ただ、内部に金属を使っているということで金属アレルギーが生じる可能性があります。また、歯茎の経年劣化によって素材の黒い部分が露出してくる場合もあります。
メタルセラミックのメリット

・自然の歯に近い美しさが得られます。
・プラークが付きにくい
表面が滑らかなので、プラークや細菌の付着が少ないのも特徴です。
・保険適用の素材と比較して、強度が高い。

プラスチックとセラミックの混合「ハイブリッドセラミック」

 (8105)

プラスチックとセラミックの両方を混ぜて作られた素材を使用します。
「ハイブリッド」とは「中間」という意味なので、プラスチックとセラミックの中間という意味でこの治療名がつけられています。

混ぜ物なのでオールセラミックよりも強度は劣りますし、欠けやすく、色も変色しやすいといったデメリットが多々あります。しかし、オールセラミックに比べて費用がとても安いというメリットもあり10~20代を中心に人気のある治療法でもあります。
メリット

・色が歯に似ているので見た目が良い。
・硬すぎないので、周囲の歯や噛み合う歯を痛めることがない。
・金属を使用しないので金属の溶け出しによる歯や歯茎の変色、金属アレルギーなどが起こる可能性がない。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
同じセラミック治療でもたくさんの素材があり、それぞれに特徴があることが分かりました。
審美面のみならず、素材の耐久性・強度、または経年による変色、そして費用など様々な面を考慮し、メリット・デメリットを比較したうえで自分に最も適した治療方法を選んでみて下さい。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

被せた(クラウン)セラミックの歯が噛む度に痛む!主な3つの原因と読了後すぐ出来る対処法

被せた(クラウン)セラミックの歯が噛む度に痛む!主な3つの原因と読了後すぐ出来る対処法

噛む度にセラミックの歯が痛むという虫歯治療後のトラブルについてまとめてみました。主な痛み原因となる3つの要素を詳しく解説し、今すぐにでも治したい痛みへの対処法をご紹介します。即効性の高い応急手当を中心にご紹介していますので、すでに歯が痛い方は必読の内容となっています。
0411ban | 2,713 view
短期間で美しい歯並びを手に入れる!気になるセラミック矯正とは?

短期間で美しい歯並びを手に入れる!気になるセラミック矯正とは?

身だしなみに欠かせない美しい歯並び。綺麗な歯は口元を隠すことなく笑顔に自信が持てる、女性のチャームポイントの1つです。今回はそんな美しい歯を短期間で手に入れられると評判の、気になるセラミック矯正についてまとめました。子供から大人まで、矯正を考えている方は必見です。
miii | 101 view
あ、銀歯が取れちゃった!そんな時に行う応急処置方法6つ

あ、銀歯が取れちゃった!そんな時に行う応急処置方法6つ

銀歯治療をした方は一度は経験がある「銀歯が取れた」しかし、その時あなたはどうしましたか?現在、銀歯がはまっているあなた!そして今、銀歯が取れたあなたは必見。銀歯が取れた時の応急処置方法を教えます。
拓也 | 157 view
虫歯になった…でも銀歯は嫌!安く白い歯に治療するにはどうすれば良い?

虫歯になった…でも銀歯は嫌!安く白い歯に治療するにはどうすれば良い?

銀歯が嫌だ!という方も多いのではないでしょうか?そして、なぜ銀歯での治療が主流なのか?と疑問に思う方もいるのではないでしょうか?その訳と、銀歯を使わず白い歯に安く治療できないか調べてみました。
拓也 | 325 view
【徹底解説】銀歯をセラミックに変えたい!気になる種類と価格

【徹底解説】銀歯をセラミックに変えたい!気になる種類と価格

「大口を開けて笑うと銀歯が見えてしまうので、恥ずかしい…。」と感じていたりしませんか? 最近では審美性を追求して銀歯をセラミックに交換する人が増えているんです。 でも気になるのはその価格ですよね。セラミックは保険適応外ですので、どうしても治療費が高額になってしまいます。 ここではそんなセラミックの種類と価格について徹底的に紹介しますので、是非参考にしてみてくださいね!
pakomi | 376 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

あかねっぴ あかねっぴ