2017年3月6日 更新

歯並びが悪いと肩こりになる?その原因とは

歯並びを強制したら、肩こりや頭痛がなくなったという話を聞いたことがありませんか?慢性的に肩こりに悩む方にとってはとても深刻な問題です。肩こりが治るなら矯正したいと思いますが、本当に歯並びが原因で肩こりが起こるのでしょうか。歯並びと肩こりの関係を紹介します。

88 view お気に入り 0

肩こりは歯並びが関係しているのか?

痛み5|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (3376)

歯並びが悪いと確実に肩こりになるというわけではありませんが、原因の一つとしては考えられます。歯並びがキレイな方と比べると、それだけ肩こりになるリスクは高くなります。
では、なぜ歯並びが肩こりに影響を与えると言われるのでしょうか?それは、噛み合わせが影響しています。噛み合わせが悪くなってしまうということは、体にとってバランスの悪い状態ということになり、無意識のうちに体に対して負担をかけてしまっています。
かみ合わせの乱れによって起こるさまざまな症状は咬合関連症と呼ばれ、近年注目されつつあります。 代表的な咬合関連症としては、頭痛や肩こりがあります。
かみ合わせのバランスの悪さが原因となり脊椎が歪むと、上記以外の症状も現れます。めまいや息詰まり、腰や膝の痛みに始まり、 自律神経にまで影響を与えると考えられています。
人間というのは、少し体のどこかのバランスが崩れてしまうだけで、全身に影響は及んでしまいます。
また、噛み合わせが悪くなってしまうと、左右どちらかで噛むことが多くなってしまいます。そうすると、片方の筋肉だけが多く使われてしまうので、顔自体がゆがんでしまいます。

噛み合わせはなぜ悪くなる?

悩む2|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (3377)

噛み合わせが悪いという方は、非常に多いといわれています。若いうちは筋肉に柔軟があるので、噛み合わせが悪くても対応してくれます。しかし、年齢を重ねるとともに、柔軟性が失われると筋肉に影響が出てきます。では、なぜ噛み合わせが悪くなるのでしょうか。

● 噛む回数が少ない

● 抜歯後の治療の放置

● 奥歯に金属などの詰め物

● 親知らずの生えている方向

などが考えられます。
また、うつ伏せで寝ることや、はぎしりなども原因の一つになり、さらには、悪い姿勢というのもよくありません。足を組んで座っていたり、横座りやテレビなどを見る姿勢など関係なさそうに感じることでも原因となることがあります。
虫歯治療などで、詰め物や被せ物の高さや形が合っていないと、そこから顎がずれてしまうことや、噛み合わせが悪くなってしまうこともあります。
あるいは、日常生活で歯が磨耗することや、悪い姿勢や頬杖などの癖で顎がずれて、噛み合わせが変化していって、悪くなってしまうこともあります。
特に、寝ている間の歯ぎしりや噛みしめは強い力が掛かってしまい、歯を磨り減らすだけでなく、顎関節への力の負担で顎を歪める原因になります。
寝ている間の姿勢や歯ぎしりなどは、なかなか改善することは難しいかもしれませんが、自分で意識して改善できることもあります。体の姿勢や噛む回数などは、意識すれば改善できます。詰め物なども、気になったときにすぐ相談することも一つの方法だと思います。意識をしてできることから変えていくことが大切です。

肩こりがひどくなったら?

ひじを掴みながら上体を倒すストレッチをする外国人女性|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (3375)

肩こりが起こる原因

筋肉が固くなったことによる血行不良が原因です。また、うつ伏せで寝てしまったり、歯ぎしりをしてしまうという方は、ストレスが溜まっていることが多いと言われています。

● 血行不良が原因

肩こりが起こる原因としては、筋肉が固くなったことによる血行不良が原因です。

● ストレスが原因

うつ伏せで寝てしまったり、歯ぎしりをしてしまうという方は、ストレスが溜まっていることが多いと言われています。ご自分でストレッチなどをして、筋肉を柔らかくしてあげたり、バランスを整えてあげることをしてみるのもいいでしょう。

★ 対処方法 ★

軽い運動や、趣味などでストレスを和らげてあげるというのも一つの方法です。
歯並びが悪くなってしまえば、改善する方法としては歯医者で矯正をすることです。最近では以前と違い目立たないで矯正をする方法があります。ただ、決して安いものではないので抵抗を感じてしまう方が多いと思います。やはり、自分で気を付けられる部分は変えていくことが良いでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 437 view
歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びを綺麗にするための手術って本当に安全?メリットとリスク

歯並びをきれいにするための治療といえば一般的に歯の矯正を思い浮かべると思いますが、手術で歯並びをきれいにする治療方法もあります。では、どういう場合に手術が必要なんでしょうか?歯の手術についてお調べしましたので参考にしてみてください。
なつき | 142 view
歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

歯並びが汚いとデメリットが多いって本当?

もちろん歯並びがきれいにこしたことはないですが、歯並びが汚いと見た目以外で何か困ることはあるのでしょうか?歯並びが汚いと、どんなデメリットがあるのかをご紹介します。歯並びが汚いことでのデメリットを知り、今後の対策のための参考にしてみてくださいね。
なつき | 411 view
歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びをきれいにしたい!マウスピース矯正ってどんな矯正?

歯並びが悪いことに悩んでいる方って多いですよね。一般的なワイヤー矯正ではなくマウスピースをはめて矯正する方法があるのをご存知ですか?マウスピース矯正とはどんなものなのか?費用はどのくらいかかるのか?気になるマウスピース矯正についてご紹介します。
なつき | 265 view
”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

”歯並びのよさは育ちのよさを表す”の本当の意味

一般的には”歯の矯正ができる経済的余裕がある=育ちがいいという解釈が多いですが、本当はその金銭的な意味だけではない、ということをお伝えいたします。
麻衣 | 2,326 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

かおり かおり