2017年3月6日 更新

歯の裏側矯正が歯列矯正を迷っている方におすすめなワケ

歯列矯正を迷っている方の中で、見た目が気になったり、職業上目立つからできないという方はいらっしゃいませんか?今回は歯の裏側につける矯正のメリット・デメリットと合わせて、見た目が原因で矯正治療に踏み切れない人への情報をお届けします。

124 view お気に入り 0
常にパフォーマンスの練習|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (10768)

裏側矯正とは

『裏側矯正』という言葉を耳にしたことはありますか?
裏側矯正(舌側矯正)とは、通常の矯正では歯の表側に付ける矯正装置を歯の裏側に付けることで、矯正治療中であることを回りの人に気づかれずに行える治療です。
そう、裏側矯正とは歯列矯正のひとつで、通常の歯の表側にプチプチとしたワイヤーをつけるものではなく、歯の裏側につけるものなのです。裏側矯正は表の歯科矯正より効果が出にくいといった意見もありますが、熟練した技術をもった矯正歯科医ならば、表からであれ裏からであれきちんとした結果が得られるでしょう。

裏側矯正のメリット

裏側矯正のメリットで一番に挙げられるのは「目立たない」もしくは「見えない」といった見た目に関してです。矯正を検討中の方は、周りの目や職業上で歯の表に矯正をつけたくない、つけられないといった方もいらっしゃいます。そういった方に特におすすめできるのが、この裏側矯正なのです。
ポップでキュートな女子大生|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (10769)

また、見た目だけのメリットだけでなく、矯正治療そのものへのメリットもあります。
例えば、歯の裏は表面より強く接着剤がしっかりつき、なおかつ歯へのダメージも少なくなります。他にも出っ歯を治しやすいと言った利点もあります。構造上歯を後ろに引っ張りやすくなっています。そして、上下の噛み合わせも調節しやすいと言った点も挙げられ、表面に施される矯正装置と効果の面でも大きく違いはでないでしょう。

裏側矯正のデメリット

裏側矯正は歯の内側に接着剤、装置とすべて装着されます。そのため触った時に気にならない数ミリの厚みであっても、舌や腔内の感触からは異物感がはっきりわかります。装置があることに慣れるまでは、違和感があったり食事の際にあたったりするでしょう。
貧困から抜け出せないジャージ女子|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (10773)

また、装置は基本金属なので、常にあたっている部分や舌などは慣れるまで口内炎ができたりして、痛みが出る場合もあります。装置があたった個所の痛みは2~3日で引くので、しばらく我慢すれば気にならなくなります。ただ、矯正装置によって歯が動く際に感じる痛みは、表でも裏でも関係なく感じます。
今まであった場所に舌がおけないと、しゃべりづらさも感じるひともいるようです。そして、表面につける矯正より食べ物に接する時間も長いので、挟まったり引っかかったりすることもあります。

高度な技術を必要とするため

次に費用と治療に関してです。まず、この裏側矯正は表面の矯正より高度な技術が必要です。そのため、矯正歯科のなかでも治療できる病院や矯正歯科医がまだ少ないのです。それに伴って費用もどうしても上がってしまします。

表側矯正と裏側矯正の治療の手順の違い

無料の写真: 医師, 歯科医, 歯科, クリニック, 医療, 歯科医のオフィス - Pixabayの無料画像 - 1149149 (10750)

表側からの矯正装置の取り付けは、患者さんの歯の状態を見て先生がブラケット一つ一つを位置調整しながら取り付けます。
裏側矯正では装置を取り付ける前に、患者さん一人一人にオーダーメイドの矯正装置を作成するという工程があります。これはブラケットを歯の裏側に直接適切な位置へ取り付けていくことは難しいため、事前に歯型を取って模型上で患者さんにピッタリ合う矯正装置を作ります。通常先生と裏側矯正を熟知した技工士が連携して、この精密な装置の作成にあたります。
ここで大切になってくるのが歯科技工です。歯科技工士とは医療技術専門職で主に歯科医師の指示のより入れ歯や歯の被せもの、矯正装置を作る仕事をしています。精密技工と審美感覚、患者さんごとの異なる形状や特徴を把握する、極めて繊細な作業が求められる職業です。
矯正治療において矯正装置は治療の要であり、腕のいい矯正歯科医でも使う装置で治療の効果も変わってきてしまいます。裏側矯正の治療をする際は、オーダーメードの装置を作るための腕のいい歯科技工と連携して治療してくれる矯正歯科医院がいいでしょう。

裏側矯正で美しい歯並びを

朗報に笑顔が溢れるボーダー柄の服を着た女性|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (10780)

裏側矯正では矯正中も、矯正装置が目立たないため、見た目が気になる方は是非検討してみてはいかがでしょうか。歯は口や顔の形をも変えてしまします。そして、きれいな歯並びであれば、虫歯リスクや歯周病のリスクを下げることができます。
相談を無料してくれる矯正歯科もありますので、まずは、自分の歯並びが裏側矯正に向いているのか、どのぐらい時間や費用がかかるのか歯科医師に具体的に聞いてみるのが一番でしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ロクちゃん ロクちゃん