2017年3月6日 更新

オーバーデンチャーとは?普通のインプラントとはどう違うの?

インプラント治療においてオーバーデンチャーと呼ばれる方法があることをご存知でしょうか。普通のインプラントとの違いやメリット・デメリットをわかりやすく説明します。現在入れ歯をしている人や、これから入れ歯にすることを考えている人にはぴったりです。

187 view お気に入り 0

インプラント治療におけるオーバーデンチャーとは

視線を外し虫歯ポーズでキメるセミプロモデル|フリー写真素材・無料ダウンロード-ぱくたそ (1346)

すべての歯を失った場合に受けられる治療法です。顎の骨に2~4本のインプラント(本数はお口の状態によって異なる)を埋め込み、取り外し式の総入れ歯をつけます。
通常の総入れ歯であれば、粘膜(歯茎)だけで支えることになりますので、食事中にずれたり、食べ物が挟まったりして、痛みや食べづらさなどの問題が起こりやすくなります。
インプラントを使ったオーバーデンチャーは、埋め入れたインプラントの上に、連結するためのパーツを接続し、それにピッタリと合う総入れ歯を装着させます。インプラントに総入れ歯がしっかりと固定されますので、通常の総入れ歯に起こりがちな問題が解消され、よく噛んで食べられるようになります。
何かあるごとにずれたり外れたりしやすい入れ歯にストレスを感じる人は少なくはありません。しかしオーバーデンチャー施術を受けると、入れ歯が固定できるので食事もおいしく食べられます。インプラントの技術を活かした画期的な治療方法と言えるでしょう。

知っておきたいオーバーデンチャーのタイプ

Free vector graphic: Teeth, Mouth, Smile - Free Image on Pixabay - 25600 (1358)

オーバーデンチャーにもいくつか種類があります。
ボールタイプ
ヘッド部分が丸くボール状の細いインプラント使用するタイプです。
入れ歯の裏側に特殊な金具を付け、ホックで留める様に入れ歯とインプラントを連結させて固定します。
簡単に入れ歯を留めたり外したり出来ます。
バータイプ
埋め入れた専用のインプラント体をバーにて連結し、入れ歯側にバーを挟み込むクリップを装着する事により入れ歯を固定します。
その他、磁石を使って入れ歯を固定する方法もあります。
マグネットデンチャー
インプラントと義歯の固定に、マグネットを利用するタイプのものがあります。フィクスチャーに「磁性金属」を取付け、義歯に「小型磁石」を埋め込み、磁石の力で着脱する義歯です。
義歯を固定する小型磁石は、磁性アタッチメントと呼ばれます。磁性アタッチメントを使用すれば、磁石の力で義歯がぴったりと吸着します。
バネや複雑な仕掛け等がないシンプルな構造なので簡単に装着取り外しができ、通常の義歯と比べて、お手入れも簡単にすみます。
オーバーデンチャーの種類は主に三種類に分けられることがわかりました。三種類それぞれにメリットがありますがそれについては次章で説明します。歯科医師に相談して、自分の生活スタイルに最も合ったものを見つけたいものですね。また歯科医院によってはタイプが微妙に異なるので、歯科医師からの説明をきちんと聞くようにしましょう。

オーバーデンチャーのメリット

ボールを使用した入れ歯(ボールアバットメントオーバーデンチャー)
【メリット】
・義歯の取り外しは可能で、清掃性が高い。
・介護者の負担を軽減できる。
・顎の骨の退化の予防。
・バータイプと比べ、埋入本数は2本程度で済む。
・壊れてもすぐに修理ができます。
バーを土台にした入れ歯(バーオーバーデンチャー) 
【メリット】
・通常の義歯と比べ格段に安定性が高い。
・義歯の取り外しは可能で、清掃性が高い。
・介護者の負担を軽減できる。
・顎の骨の退化の予防。
磁石を使用したインプラント義歯
【メリット】
・磁力を使うので安定しやすい。
・適度の外しやすさ。
タイプは異なりますが、ボールタイプとバータイプにはメリットが多く介護者への施術を考えている人には向いていると言えるでしょう。マグネットタイプであれば外しやすく、気軽に使うことができそうですね。ボールタイプとバータイプはメリットが似ているので、よく比較するようにしましょう。

オーバーデンチャーのデメリット

メリットが多いオーバーデンチャーですが、残存歯が健全な場合、無傷の歯をたくさん削って神経を除去しなければならないというデメリットもあります。
保険で作るオーバーデンチャーは、歯根の上に金属のキャップを被せたり、レジン充填(複合樹脂の詰め物)をして根の表面を覆ってからその上に義歯を載せますから、義歯の維持にはあまり役に立ちません。
メリットが多いオーバーデンチャーにもデメリットが存在するので、その点もしっかり把握しておきましょう。外科手術ともなるため、それなりの金額と覚悟も必要です。義歯だけをつくる場合とオーバーデンチャーを行う場合とで、費用面や手間がどのように変わってくるのかを一度調べてみることをおすすめします。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

インプラントと総入れ歯。比較した場合どちらのメリットが大きい?

インプラントと総入れ歯。比較した場合どちらのメリットが大きい?

歯を失った場合代わりとなる歯を入れる治療が行われます。一般的に知られるものでは入れ歯、そして人工歯を埋め込む先進医療であるインプラント。どちらも人工の歯を入れるという点では共通していますが、治療方法は全く異なるものです。歯を失った場合、総入れ歯とインプラントのどちらのメリットが大きいのでしょうか?
manji | 117 view
使い続けるならインプラントと入れ歯はどっちがおすすめ?

使い続けるならインプラントと入れ歯はどっちがおすすめ?

代わりの歯を使うという意味では、インプラントと入れ歯は似ているように思えます。では、いざ必要となったとき、自分の好みだけで選んで良いのでしょうか?それぞれの利点や、使う方が向いているかなどの点から、「インプラント」と「入れ歯」の両者の違いを見ていきます。
猫らぶ | 78 view
【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

インプラント治療は基本的には保険治療の対象外となるため、非常に高額になることをご存知ですか?今回はインプラント治療の相場や、知っておきたい分割払いの方法について解説します。分割払いのメリットとデメリットもご紹介するので、しっかり理解したうえで検討しましょう。
ゆき | 248 view
【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

完全自費診療だと、とても高額になることの多いインプラント治療。生命保険の対象になるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、インプラントと生命保険の関係について解説します。インプラントが対象となる、歯科治療専門の保険もご紹介致します。
ゆき | 901 view
インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントのメーカーは世界中に100社以上あると言われており、それぞれ違った特徴をもっています。インプラントは高額なので、しっかり自分にあったメーカーを選びたいですね。院プラントを選ぶ時のポイントや、現在最も使用されることの多い有名メーカーの特徴をまとめましたので、メーカー選びの参考にしてくださいね。
ゆき | 299 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

しーちゃん しーちゃん