2017年2月28日 更新

差し歯がある場合の矯正方法と歯への注意点とは?

差し歯がある場合に、「歯科矯正」を受けることができるのか?という疑問がある方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、歯科矯正をする際に「差し歯」がどのように影響を与えるのかをお伝えしていきます。噛み合わせを改善することができる歯科矯正で、差し歯によるデメリットがあるかなどを勉強していきましょう。

155 view お気に入り 0

差し歯についてのおさらい

 (11006)

歯科矯正の際の差し歯の影響に入る前に、一度「差し歯」について復習をしておきましょう。
差し歯は、歯の根元部分に金属などの土台を入れて被せ物をすることで、元々のような歯の機能を取り戻す治療法です。
この治療の場合は、自分の歯根を保存することができる治療法として、今でも人気が高い治療法として知られています。
また、歯の土台がないと治療をすることができないことがデメリットとして挙げられます。
歯の根の部分に金属やプラスチックでできた土台を入れて被せ物をする治療のことです。自分の歯の根を残せることが利点ですが、保険適用で広く使われている金属製の土台は、入れた歯を破折(亀裂をいれて折ってしまうこと)させてしまう原因になってしまうこともあるようです。比較的体に優しい土台もありますが、これは保険適用外で自費診療であるために価格が高くなってしまう傾向にあります。

矯正時に差し歯があってもできる?

 (11022)

歯科矯正で一般的に多く用いられる矯正方法は「ワイヤー矯正」という治療法が使われます。
また、「差し歯があったとしても歯科矯正は可能」です。
ワイヤー矯正は「ブラケット」と言う器具を接着させて歯をミリ単位で動かしていきます。
このブラケットは差し歯にも問題なく装着をすることができる為、歯科矯正を行うことは可能という判断になります。
歯は「歯根部(歯ぐきに埋まっている部分)」と「歯冠部(歯ぐきから出ている部分)」に分けられますが、差し歯とは基本的に歯冠部にかぶせものをした歯のことを指します。矯正歯科治療は、歯の根もとから動かしていく治療ですから、かぶせものの部位や大きさにもよりますが、歯根部がしっかりしていれば、差し歯があってもたいていの場合、問題なく治療できます。

差し歯で矯正をする際の注意点とは

 (11024)

差し歯でも歯科矯正が可能ということをお伝えしましたが、差し歯をしている場合は天然歯より注意をする点がいくつかあります。
まず先ほどの「ブラケット」を装着する際に、差し歯は天然歯よりも接着力が弱い為、治療中にブラケットが外れる可能性が考えられます。
ただ、そのような場合でも対処法はあり「差し歯とブラケットを支えるバンド」を装着したり、「差し歯に穴を開けて固定」をしたりするなどの対処を取るので、安心して治療をすることができます。
天然歯への接着力と比べると、差し歯への接着力は劣りますので、場合によっては何度も外れることがあります。そのようなとき、奥歯なら、バンド(右図)と呼ばれる金属の輪っかを歯にかけることにより対応します。前歯なら、目立つバンドをせずに、差し歯に穴を開けて接着力を強めることがあります。この場合、矯正後に、差し歯をやり替える必要があります。

隣り合った差し歯が連結されている場合(連結冠)や、欠損部を挟んで橋のように差し歯を連結している場合(ブリッジ)には、矯正に当たって、連結部を切断する必要があるかもしれません。そのような場合にも、治療後に再治療が必要になります。

差し歯がある場合の矯正方法とは

差し歯がある場合でも、先ほどお伝えした通り通常のワイヤー矯正で治療を受けることは問題ありません。
つまり、「差し歯なので特殊な矯正をする」必要などはないということが言えます。
ただ、差し歯ではなく大きなブリッジが入っているような場合ですと、一度ブリッジを付け替えて「仮歯」に交換をしてから治療を行います。
 (11025)

ブリッジ

まとめ

今回は、差し歯を使用している場合の矯正方法をお伝えしていきました。
なんらかの理由で差し歯にすることになってしまって、後から矯正をする方なども多いと思います。
今回は「差し歯でも問題なく矯正はできる。ただ、注意点があるよ」ということを覚えていただければ幸いです。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 385 view
なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

なぜ?矯正歯科を利用する時に名医を選ばければいけない理由

歯並びが悪くて歯列矯正したいと考えている方、矯正歯科選びはとても大切です。歯列矯正の治療は、名医の高い技術と、長い期間を必要とするものですので、しっかりと先のことまで考えたうえで選ぶ必要があります。そこで今回は、矯正歯科の名医の選び方を紹介します。
ぶーちゃん | 585 view
歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の抜くのは抵抗が…そんな人におすすめの矯正方法とは?

歯の矯正を行う=歯を抜くと思っていませんか?歯の矯正はやってみたいけれど、歯を抜くのに抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。そもそも歯の矯正は歯を抜かないとできないものなのでしょうか?歯を抜かない歯の矯正についてご紹介しますので参考にしてみてくださいね。
なつき | 511 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 448 view
自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

自分の歯に合ったものを選ぼう!ワイヤー矯正の種類

歯の矯正にはいろいろありますが、よく耳にするワイヤー矯正にも種類があるのをご存知でしたか?ワイヤー矯正についてご紹介しますので、歯のワイヤー矯正を考えている方はそれぞれのワイヤー矯正の特徴をよく理解し、ご自分の歯に合ったワイヤー矯正を選んでくださいね。
なつき | 490 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

クッスン クッスン