2017年3月6日 更新

子供の歯の矯正でマウスピースの役割とは?費用や開始時期についても解説

子供の歯の矯正と言えば思いつくのが「マウスピース」です。もちろん歯の状態にもよりますが、子供の場合はマウスピース矯正を行うことが多いでしょう。そこで今回は子供の歯の矯正でマウスピースをおこなうにあたってメリットデメリットや開始時期、費用の目安などを解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

225 view お気に入り 0

子供の歯の矯正でマウスピースの役割とは

 (8478)

まずは簡単にマウスピースの役割から見ていきましょう。
矯正で使うマウスピースには、歯を動かす作用があります。
これは口の中の機能を回復させるための訓練でもあり、ワイヤー矯正のように完璧な治療とは異なり、80パーセントほどの矯正を目指して治療が進みます。
歯並びとかみ合わせが大切になりますが、このマウスピースでは実用的な動作をスムーズに行うことができるようになります。
歳をかさねても、おいしくご飯が食べられるようになりたいと考えている方におすすめです。

マウスピースはどんな歯並びに使用できる?

上述したように、マウスピースでは100%の改善ではなく80%の改善を目指します。以下のような場合にはマウスピースが有効として勧められる場合が多いでしょう。
乳幼児の反対咬合(はんたいこうごう)
下の歯が上の歯より前に出ている状態(受け口)

叢生
スペースが足りない、もしくは歯が大きいために、歯が重なって生えている状態
(八重歯・ガタガタ・乱杭歯)

舌の癖
舌で歯を押しだす等のクセがあると歯並びに影響します。

小学生の出っ歯
上の歯が下の前歯よりも著しく前に出ている状態(上顎前突症)

鼻の疾患ではない口呼吸
いつも口をポカーンと開けている状態

子供の歯の矯正でマウスピースを使うメリットデメリット

こちらではマウスピース矯正のメリットデメリットを紹介していきます。

マウスピース矯正のメリット

・無色透明で近づいてみないと分からないほど自然に矯正することができる。
・装着の際に手術が不要なため、痛みや違和感が極めて低い。
・簡単に付け外しができるため便利
・ホワイトニングができる
・金属アレルギーでも安心して治療をすすめることができる。

マウスピース矯正のデメリット

・1日の中で20時間はマウスピースをつける必要性がある
・抜歯が必要なほど歯がガタガタになっている場合は相談が必要
・矯正が必要な場所が前歯ではなく奥歯の場合
・取り外しが簡単にできてしまうため、マウスピースを付け忘れてしまう可能性がある

子供にマウスピース治療を受けさせる適した時期は?

小学1~2年生くらいからはじめるのがベターです。小学5~6年生だと大急ぎ!

小学3~4年生からだとなかなか素直にマウスピースを入れてくれない子もいます。小学校1~2年生から始めた方が習慣になりやすく素直にマウスピースを装着してくれてます。

どのくらいの期間つける?

マウスピースを装着する期間は、数カ月から数年です。(数週間で効果が出る場合もあります。)
マウスピースの装着をスタートしてからは、定期的に通院いただき、1年後に再診断し効果を確認します。
効果があれば、そのままプレ矯正を続けます。残念ながら効果が見られないようであれば、本格的な矯正へと移行をおすすめしています。

子供のマウスピース矯正の費用

マウスピースには様々な種類があり、保険の適用されない自由診療なので歯科医院によっても料金設定が様々です。あくまで目安にしかなりませんが、10万円~40万円と言われています。

子供のマウスピース治療のやり方

マウスピース装置の種類によっても使用方法が異なりますが、基本的には決められた時間にマウスピースを装着するだけになります。
マウスピースをして夜寝ます。日中は1時間以上装着します。(始めた年齢、歯並びで装着時間は違なります)簡単な個別のトレーニングを毎日3~5分ほど行ないます。

まとめ

今回は子供のマウスピースについて総合的にお伝えしてきました。メリットデメリットはありますが、マウスピースによる矯正は比較的費用も安く、装着するだけという簡単な方法で歯並びを改善することができます。マウスピースが適しているかは実際の歯並びによりますが、時期が遅いと本来受けられたはずのマウスピース治療が受けられないこともあるので早めに歯医者に相談すると良いでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【できるだけ出費を抑えたい】子供の歯の矯正費用にはなにか補助がある?

【できるだけ出費を抑えたい】子供の歯の矯正費用にはなにか補助がある?

子供に歯の矯正を受けさせたいけど出費が…という家庭は多いことでしょう。そんな時に気になるのが「公的な補助」の有無です。今回はそんな子供の歯の矯正に補助はあるのか、使えるのかと言ったことや少しでも総支出を抑える医療費控除について解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。
馬場 | 279 view
子供の歯の矯正は保険適用できる?できる場合できない場合の費用について

子供の歯の矯正は保険適用できる?できる場合できない場合の費用について

子供の歯の矯正は費用が高いので、保険が適用になるのかどうか気になるところです。残念ながらほとんどの場合は保険適用外ですが、ある条件のもとでは保険が適用されるケースもあります。そこで今回は、保険適用になった場合の矯正の費用と適用にならなかった場合の費用を紹介していくので、参考にしてみてください。
馬場 | 528 view
子供の歯の矯正の費用!時期や症例、治療法によって異なる

子供の歯の矯正の費用!時期や症例、治療法によって異なる

子供に歯の矯正を受けさせようと思ったら最初に気になるのが「費用」ではないでしょうか。実際に歯を診てもらわないと確かなことは言えませんが、少しでも参考になるように子供の歯の矯正の費用についてまとめたので、ぜひ参考にしてみてください。
馬場 | 93 view
大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

大人になって困らないために!早期から始めたい子供の矯正歯科あれこれ☆

親として、できることなら子供には苦労せずに楽しい人生を過ごしてほしいと思いますよね。人は中身が大切とは言いますが、第一印象を決めるのは見た目の要素が多く占めます。歯並びが悪いと印象が良くないとよく言われますが、子供のころにしっかりと直してしまえば大丈夫!ここでは、子供の矯正しかについて様々な角度からご紹介していきます。
里奈 | 378 view
将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

将来の歯並びのために!適正時期から始めたい子供の歯科矯正♪

最近の子供の顎の発達は未熟で、多くの親が子供に何らかの歯科矯正をしたいと考えている傾向にあります。歯並びの良し悪しは、相手に与える印象を左右します。更に、健康にも大きく関わりを持つことから、軽視することは出来ません。一般的に低年齢から治療を始める歯科矯正ですが、その時期から治療をする事でのメリットと、デメリットについてご紹介します。
チーズman | 437 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

馬場 馬場