2017年2月16日 更新

取り外しできるから、目立たず楽に歯列矯正できちゃう♪

歯列矯正は長い間ワイヤーを装着しなければならないイメージがあります。周囲の印象を思うと考えてしまいますよね。けれど最近では、目立たず治療することを考えた透明なものや夜だけ装着する、取り外しのできる装置もあります。歯磨きや食事にも不自由しない嬉しい治療法です。

80 view お気に入り 0
Free photo: Dentist, Orthodontics, Dental Rail - Free Image on Pixabay - 542266 (5319)

歯列矯正は外見的なイメージも綺麗になるし、健康面においてもいろんなメリットがあって、歯並びの悪さで悩む人にとっては、何としてでも受けたい治療法です。

現在はいろいろな治療法があって、目立たない、食事や歯磨きにも不自由しない、取り外しのできる矯正装置も開発されています。

取り外しのできる透明なマウスピース、夜だけ装着で寝ている間に治療できちゃう床矯正などがあり、これなら数年単位の長い治療も楽にこなせますよね。

マウスピース矯正

Free photo: Orthodontic, Aids, Mouth Guard - Free Image on Pixabay - 315784 (5317)

透明感の高いマウスピースの形をした装置を装着します。

取り外しが可能なので、歯磨きや食事の不自由さもなく、装着時の違和感も少なくて済みます。

なにより、透明な装置なので目立たず、周囲にも気付かれにくいのが利点です。
・ワイヤー・金具を使わないから目立たない
透明なマウスピースで出来た矯正器具を使用します。このため、口をあけても銀色の金具などが見えることがなく審美性を確保できることで治療器具に気をとられることなく安心して治療を続けることができます。

・歯磨きや食事もいつもどおり
矯正器具をカンタンに取り外しができ、歯磨きのシーンでも安心ですし、いつも通り美味しい食事も楽しめます!
また、慣れればわずか数秒のうちに取り外しでき、それでいて大笑いしてもちょっとの衝撃程度で治療器具が勝手に外れることはありません

・装着時の不快感を大幅に軽減
装着時の不快感を大幅に軽減、お子様の矯正も装着を嫌がりにくく矯正治療をスムーズに進めやすくなります。また、発音を気にせず会話を楽しむ事もできます。

・通院回数を少なくすることも可能
ご自宅でマウスピースを交換する事により治療を進める事ができるので、1カ月~3カ月間隔の通院で治療することもできます。
<マウスピース矯正のデメリット>
◆一日17時間以上、ご自身の意思で使用しないといけない
◆歯を動かす能力がワイヤーと比べると劣り、簡単な症例に限られる
◆食事のたびに装置を外し、歯磨きをして装着しないといけない
◆上下の歯の間にマウスピースが介在するため、あごの位置が不安定になることがある

床矯正

 (3462)

寝ているときだけ装着できる、取り外しが可能な装置での治療です。

プラスチックの本体にワイヤーとねじを組み込んだ装置を使用します。

小児矯正に多く用いられる矯正法で、歯の土台を広げたり、歯を移動させることで歯並びを矯正します。

寝ている間に矯正できるのでいろいろな煩わしさを感じないメリットもありますが、歯ぎしりで壊れたり、歯を思う位置に動かすために他の矯正法と併用する必要性が出ることもあります。
床矯正の特徴

・人に知られず矯正ができる
床(しょう)矯正の最大のメリットは、取り外しができるため、人に知られずに矯正治療ができる点です。

・抜歯の必要がない
歯の土台そのものを拡大することができるため、大切な歯を抜かなくても歯を並べることができます。

・虫歯・歯周病予防に繋がる
装置を取り外すことで普段と同じようにブラッシングをすることが可能です。

・矯正治療後の「後戻り」が少ない
歯を動かすのではなく、装置を使って顎骨の成長を正しい大きさへと促します。そのため、治療後に歯の位置が元に戻ってしまう「後戻り」がほとんどありません。
床矯正のデメリット

床矯正装置では歯は傾斜移動、つまり歯が傾くようにして動くのみ
床矯正装置では一本一本の歯をコントロールすることが難しい
床矯正装置だけでは矯正歯科の一般的な咬み合わせや歯並びの基準からみて満足のいく治療結果が得られることはほとんどない

マウスピース矯正と床矯正の比較

 (3453)

人知れず治療できる2つの矯正法で、どちらを選ぶべきか悩むところです。
そこで、はたして自分に適した治療として選択可能なのかどうかがまず知りたいところ。

詳しいことは、お医者様に相談しなければならないとしても予備知識は必要です。
選ぶお医者様も複数の病院に診察してもらうのが良いかもしれません。
マウスピース矯正と床矯正は、装置の形が違います。
床矯正は、主に小学生に使用することが多い。マウスピース矯正は、少しの凸凹の歯並びを治す場合によく使用されます。マウスピース矯正や床矯正は、取り外せて良い面もありますが、取り外せるため使用時間が短くなると効果は期待できません。その為、治療期間の延長がよくあります。
床矯正は、歯列を拡大する事に重きをおきます。
マウスピース矯正は、歯全体を平均的に正しい位置に誘導します。
床矯正は複数個の装置を入れ替えることがあり、コストがかかります。
マウスピース矯正は安価な既成の装置ですので全体の治療費を下げられます。
取り外しができて周囲の印象も気にせず、食事や歯磨きにも不自由しない、やっぱり魅力です。
治療可能であるなら、考えてみたい選択肢になるのではないでしょうか?

関連する記事 こんな記事も人気です♪

【ビフォーアフター】歯列矯正で顔の印象が変わる?矯正のメリット

【ビフォーアフター】歯列矯正で顔の印象が変わる?矯正のメリット

最近では芸能人やモデルさんでもしている歯列矯正。日本では昔からアイドルや女の子の八重歯は可愛いとされてきましたが、近年はそのイメージが変わってきているようです。矯正のビフォーアフターの印象やメリットについて説明します。
pichu2 | 1,788 view
歯列矯正は口元の美容整形?歯並びから骨格まで変わる

歯列矯正は口元の美容整形?歯並びから骨格まで変わる

歯並びが良くなれば、あごのラインもすっきりとして小顔効果も期待できます。口元もシャープに、笑顔美人に変身。現在の歯並びの整形治療がどのようなものなのか、簡単なものから外科手術まで最先端の情報をご紹介します。歯並びをキレイにしたい方必見です。
まき | 186 view
【歯列矯正を考える理由】子供からシニアまで、歯並びが良くなるとどこが変わるの?

【歯列矯正を考える理由】子供からシニアまで、歯並びが良くなるとどこが変わるの?

歯列矯正は時間も費用もかかる大変な決心です。けれど、それを決心させるだけの嬉しい変化があります。それは年齢に関係なく一生涯にわたっての効果です。それぞれの年代で、歯並びが良くなれば何が変わるのかご紹介します。
まき | 157 view
本当に小顔になれる?歯列矯正で美形に変身!

本当に小顔になれる?歯列矯正で美形に変身!

歯列矯正すると小顔になれるなんて話を聞いたことはありませんか?確かに歯並びの良い人は美人が多いです。そして、実際に顔形も変わり引き締まって美形に変身します。それが目的でなくとも嬉しい変化ですよね。でもホントに美形になるのでしょうか?
まき | 1,001 view
しっかりと理解しておくと安心!「歯列矯正の仕組み」について

しっかりと理解しておくと安心!「歯列矯正の仕組み」について

歯並びだけで表情は一変するものです。美男や美女と呼ばれたり、長くコンプレックスになっていたいびきや口臭も改善されたりなど嬉しいことがいっぱい。こんなに生活環境に大きく影響する歯列矯正の仕組みを皆さんはしっかり理解していますか?何年にもわたるかもしれない大変な治療だといわれていますが、その真相とは?
まき | 91 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

まき まき