2017年4月20日 更新

インプラントと総入れ歯。比較した場合どちらのメリットが大きい?

歯を失った場合代わりとなる歯を入れる治療が行われます。一般的に知られるものでは入れ歯、そして人工歯を埋め込む先進医療であるインプラント。どちらも人工の歯を入れるという点では共通していますが、治療方法は全く異なるものです。歯を失った場合、総入れ歯とインプラントのどちらのメリットが大きいのでしょうか?

112 view お気に入り 0

インプラントと入れ歯の違い

SNSで流れてきた商品をポチろうか悩んでいる女子|ぱくたそフリー写真素材 (11840)

歯科インプラントとは、失った歯の部分にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め入れて、歯本来の機能や見た目を取り戻す治療方法のことをいいます。失った歯の部分を治療しますので、周囲の歯に負担をかけることがありません。また、これまでにあった歯と同じような役割を果たしますので、噛む力を分散させ、残っている自分の歯を守ることにもなります。
「入れ歯」とは、失った歯を補う、取り外し可能な人工の歯のことです。ひと言で「入れ歯」といっても、さまざまなタイプがあり、欠損した歯の数や場所などによって適した入れ歯があります。

(中略)

入れ歯は大きく分けると、「総入れ歯(総義歯)」と「部分入れ歯(部分義歯)」の2種類に分類できます。
■総入れ歯

総入れ歯は、歯が1本もない場合に装着する入れ歯です。床と人工歯のみというシンプルな構造をしていますが、吸盤のように床が歯茎に吸いつくことで、入れ歯が固定される仕組みになっています。

■部分入れ歯

部分入れ歯は、一部の歯がまだ残っている場合に装着する入れ歯です。床と人工歯のほかに「クラスプ」という留め具がついており、残っている歯にクラスプを引っかけることで固定します。部分入れ歯は、失った歯の数や残っている歯の状況などによって、適した入れ歯の形、大きさなどが異なり、いろいろなタイプのものがあります。
インプラントと入れ歯は失った歯の代わりとなる人工の歯という共通点があります。人工歯に使用する素材や取り付け方も様々ありますが、最大の違いは直接あごの骨に埋め込むかそうでないかです。

それぞれのメリットとデメリット

Free illustration: Currency, Market, Stock Exchange - Free Image on Pixabay - 1020005 (3697)

インプラントと入れ歯は治療方法に違いがあり、どちらを選ぶかで治療にかかる期間や費用、使用感なども全く変わってきます。当然、インプラントと入れ歯のそれぞれにメリットとデメリットも存在します。

治療にかかる費用

歯の治療を行う場合、多くの人が気にかけている点がこちらです。治療を行うには当然お金がかかり、無料と言うわけにはいきません。率直に言うと入れ歯を選んだ方が治療費を安く抑えられる場合がほとんどです。

これはなぜかと言うと、入れ歯に使用する素材や採用される治療法によって保険が適用されるものがあるからです。入れ歯に保険を適用する場合は保険適用可能な治療法と素材が決められています。保険が適用される場合は自己負担の治療費は原則3割とされるため、格段に安く抑えることができます。また、保険が適用される治療内容はどこの歯科医院で受けても同じという特徴があります。

一方のインプラントは自由診療となるため、治療費は自己負担となるケースがほとんどです。インプラントにかかる治療費は歯一本あたりにつき30万前後が相場と見られており、本数が増えれば費用もかさんでいきます。また、インプラントの器具が劣化した場合には新しいものに差し替える必要も出てくるため、もちろん代替品も全額自己負担となります。

入れ歯は保険が適用できる治療を選べば全額自己負担と言うことはありませんが、審美性や機能性がより高度な保険適用外の入れ歯治療を選ぶ場合にはインプラント同様に全額自己負担となってしまいます。また、インプラント治療でも後述のインプラント義歯のケースでは保険適用となる場合もあります。

見た目などの審美性

以前の入れ歯は天然歯と比較すると明らかに違いが判る作りでしたが、現在では技術の向上により天然の歯に近い形で義歯を製作することも可能になりました。ぱっと見では天然歯と区別がつかないものもありますが、審美性という点ではインプラントの方に軍配が上がります。

部分入れ歯やブリッジなどの場合、義歯をはめ込むために健康である歯を削らなくてはいけないケースもあります。インプラントは本来あるべき場所に人工歯を埋め込む治療法なので、自然の形で歯を並べることができます。

使用感や噛む力

入れ歯は自分の好きな時に取り外しができ、洗浄も楽であるという特徴があります。一方インプラントは人工の歯根を埋め込み、その上に歯冠部分を被せるという見た目そっくりの歯を埋め込むことになるので入れ歯ほどの手軽な取り外しは行えません。

着脱可能と言うことが入れ歯の大きな特徴ですが、噛む力となると自然の状態の2割ほどと言われています。逆にインプラントの方はと言うと、噛む力を天然の状態の8割ほどの力にまで回復でき、あごに噛む力を伝えるためあごの骨や筋肉や痩せ細りするのを予防するといったメリットがあります。

インプラントは入れ歯に比べて物を食べる時に天然の歯で噛んでいるような感覚で食べれるため、味を感じやすいとも言われています。

使用者の負担

体への負担は外科手術を行うインプラントの方が入れ歯に比べて大きいというのは言うまでもないでしょう。歯肉を切開し、あごの骨に穴を開けることになるインプラントは患者の状態を考慮する必要があります。歯やあごの骨の状態にもよりますが、骨の修復手術や施術方法によって手術の回数も変わってきます。

入れ歯の方は部分入れ歯の場合、周囲の歯に入れ歯を合わせるために健康な歯を削るなど歯の寿命を縮める可能性も少なからず出てきます。また、前述のインプラント義歯の場合、入れ歯であってもインプラント手術を行うことになるので患者への体の負担も出てきます。

総入れ歯にするならインプラントと入れ歯どちらがお得?

Free illustration: Cup, Winner, Gold, Success, Profit - Free Image on Pixabay - 1013619 (3713)

インプラントと入れ歯の違いを紹介してきました。もし全ての歯を義歯ないし人工歯に変えるとするなら、インプラントと総入れ歯どちらが良いのでしょうか?結論としては患者の環境によるとしか言えません。

費用で考えれば入れ歯の方が安く抑えられ、機能として考えればインプラントの方に軍配が上がります。そして体への負担と言う点で入れ歯の方が体力的な見方をすれば負担は軽く済ませられます。メリットとデメリットの違いは双方とも昭なものですが、治療を行う人の事情によって逆にデメリットになることも考えられます。

保険が利くインプラント治療法「インプラント義歯(ミニインプラント)」

当該診断料は、区分番号J109に掲げる広範囲顎骨支持型装置埋入手術の施設基準に適合しているものとして地方厚生局長等に届け出た保険医療機関において、当該手術及び区分番号M025-2に掲げる広範囲顎骨支持型補綴を行うに当たって、病名、症状、治療内容、治療部位及び治療に使用する材料等について、患者に対し説明を行った場合に算定する。
平成24年4月より、診療報酬改定されて特定のケースに限りインプラント治療の保険が適用可能となりました。適用されるインプラントとは一本ずつ埋め込むインプラントではなく、入れ歯などの義歯を取り扱ったインプラント義歯治療になります。

インプラント義歯を扱った治療法はオーバーデンチャーとも言われ、正式には「広範囲顎骨支持型装置埋入手術」と呼び、使用する義歯を「広範囲顎骨支持型補綴(~ほてつ)」と言います。簡単に説明するとインプラントをあごの骨に埋め込み、入れ歯を固定する治療法です。

従来の入れ歯のように着脱も可能でより自然に見える形に近づけた入れ歯の着用が可能となります。インプラント義歯のメリットはこのように固定力の強化、インプラントよりも費用を抑えられる、手術にかかる負担を軽減させられるといったインプラントと入れ歯のメリットを合わせた特徴があります。

このインプラント義歯は入れ歯などでは回復が難しいと判断されたケースのみに保険適用されるという様々な厳しい条件があるため、保険適用での治療を行う場合にはしっかりと確認しておくと良いでしょう。

向き不向きを確認してから治療を選びましょう

Free photo: Dog, Smile, Outdoor, Paste, Variety - Free Image on Pixabay - 1558962 (3781)

人が歯を失う理由はそれぞれです。失った時の時期や状況、環境によって治療方法を考えて対応する必要があります。一概には「これがベスト」と言った結論が常に出せるとは限りません。治療を行うのは自分自身なのですから、まずは歯科医に相談してから現在の自分の状態を把握して治療を行うと良いでしょう。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

オーバーデンチャーとは?普通のインプラントとはどう違うの?

オーバーデンチャーとは?普通のインプラントとはどう違うの?

インプラント治療においてオーバーデンチャーと呼ばれる方法があることをご存知でしょうか。普通のインプラントとの違いやメリット・デメリットをわかりやすく説明します。現在入れ歯をしている人や、これから入れ歯にすることを考えている人にはぴったりです。
しーちゃん | 178 view
使い続けるならインプラントと入れ歯はどっちがおすすめ?

使い続けるならインプラントと入れ歯はどっちがおすすめ?

代わりの歯を使うという意味では、インプラントと入れ歯は似ているように思えます。では、いざ必要となったとき、自分の好みだけで選んで良いのでしょうか?それぞれの利点や、使う方が向いているかなどの点から、「インプラント」と「入れ歯」の両者の違いを見ていきます。
猫らぶ | 75 view
【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

【完全ガイド】高額なインプラントも分割払いで無理なく治療する方法

インプラント治療は基本的には保険治療の対象外となるため、非常に高額になることをご存知ですか?今回はインプラント治療の相場や、知っておきたい分割払いの方法について解説します。分割払いのメリットとデメリットもご紹介するので、しっかり理解したうえで検討しましょう。
ゆき | 240 view
【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

【疑問解決】インプラント治療は生命保険の対象になる?対象になる最新の保険とは

完全自費診療だと、とても高額になることの多いインプラント治療。生命保険の対象になるのか疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、インプラントと生命保険の関係について解説します。インプラントが対象となる、歯科治療専門の保険もご紹介致します。
ゆき | 861 view
インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントメーカーのおすすめは?有名メーカーの特徴を徹底比較

インプラントのメーカーは世界中に100社以上あると言われており、それぞれ違った特徴をもっています。インプラントは高額なので、しっかり自分にあったメーカーを選びたいですね。院プラントを選ぶ時のポイントや、現在最も使用されることの多い有名メーカーの特徴をまとめましたので、メーカー選びの参考にしてくださいね。
ゆき | 290 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

manji manji