2017年2月11日 更新

歯で噛むという行為にはたくさんの秘密があった!

食事をするときになにげなく使っている歯。食べ物を噛むときに特に意識することはありませんが、実はたくさんの秘密が隠れていたのです。虫歯ではないのに痛みが出るという人は、もしかしたら歯周病の疑いがあるかもしれません。大切な歯のことを様々な角度から検証します。

47 view お気に入り 0

「ひみこのはがいーぜ」のためにたくさん噛んで食べましょう!

 (725)

食べ物を食べるときは「よく噛んでたべよう!」と子供のころからよく言われ続けていますよね。
大人になると短い時間で食べなくてはならないケースもあり、なかなか実践できないこともあると思います。
なぜよく噛むことがいいのでしょうか?ひみこのはがいーぜの意味とは何なのでしょうか?
よく噛むことによって、食べ物の消化を助けたり、脳を刺激して発達を促したり、病気の予防をしたり、様々な効果をもたらします。「卑弥呼の歯がいーぜ!」(ヒミコノハガイーゼ)は、そんな噛む様々なメリットを表した標語です。

噛む力にはパワーとの関係性があった!

 (730)

スポーツ選手は歯が大切といわれていますが、それはなぜだかわかりますか?

力を入れるとき人間は歯を食いしばります。
瞬発的な力や大きな力を入れるとき、しっかりと奥歯をかみしめないと力が入らないのです。
そのためスポーツ選手は歯のケアにもとても注意を払っているのです。
プロ野球選手が試合中にガムを噛んでいるのは、脳への血流を活発にして集中力を高め、より瞬発力を発揮できるようにするためだとか。スポーツをするときは、しっかり奥歯を噛み締めるとよりパワーが出るといわれています。
個人差もあると考えられますが、一般人成人男子の総咬合力を測定したところ、90kg・f(重量キログラム)であったという研究報告もあります。スポーツ選手は一般の人とくらべて噛む力が強くなっています。とくに、姿勢を安定させて集中力を高めることが大切なライフル射撃や、ボート競技の選手では、一般の人の3倍近くも咬合力があります。

虫歯がないのに噛むと歯が痛いなら歯周病かも?

 (735)

食べ物を食べるのにとても大切な歯。虫歯のケアには気を配っているのだけど、なぜか痛みが出てしまう、、そんな時は歯周病を疑ったほうがいいかもしれません。

噛む力が弱くなると体調にも変化が出てしまいます。噛むと痛みがあると感じたら、早めの受診をすることが大切です。
歯周病は感染病です。歯の表面に細菌のかたまりである歯垢(プラーク)が付着し、その細菌が繁殖して炎症を起こし、歯を支えている骨(歯槽骨)や歯根膜などの歯周組織が侵される病気です。進行するとさまざまな症状がでてくるのですが、初期段階ではほとんど自覚症状がありません。ですから歯周病が原因で噛むと痛みが出る場合は症状がかなり進行していると考えられるのです。

噛む癖のせいでおこる体の不調とは?

噛み癖という言葉を聞いたことがありますか?右側ばかりで食べ物を噛んだり、左側ばかりで噛んだり、人それぞれ噛みやすい歯があるようです。

それ以外にも歯を食いしばる癖のある人や、寝ているときに歯ぎしりをする人など様々な癖がありますが、これらを癖といって侮ってはいけません。実は病気を引き金になっているケースもあるのです。
歯を噛み(かみ)続けるくせがあることによって、様々な病気をひきおこしていることがNHKのためしてガッテンで放送されていました。噛み続けることによって筋肉疲労となり、頭痛、アゴの痛み、腰痛、肩こり、ひざ痛、首の痛み等になるようです。
歯ぎしりなどの原因は、現在まだまだ不明なことが多いですが、生活環境の変化や、ストレスなどが原因ともいわれています。
日頃から噛み締める癖などがある人は、気づいたときに歯を噛み合わせないように気をつけることから始めてみてください。
歯ぎしりは歯や顎にとって虫歯や歯周病より怖いものです。歯ぎしりによって虫歯や歯周病が悪化しやすくなったり、歯自体が割れてしまうからです。歯ぎしりの原因は完全には解明されていませんが、歯ぎしりをしている人はストレスをうまくコントロールし、マウスピースなども利用して、歯や顎の負担を減らしてあげる必要があります。

噛むという行為は人間の本能

人間が生きていくうえで、「歯で噛んで食べる」という行為は避けては通れません。
また、何歳になっても元気な自分の歯で噛んで美味しいごはんを食べたいですよね。
そして、歯を噛み締めるという行為は、集中力を高めるといったすごい効果もあります。そんな大切な歯を守っていくためには定期的な歯の検診が欠かせませんし、歯ぎしりや片側で噛む癖がある人は、癖を治すということにもぜひチャレンジしていってください。

関連する記事 こんな記事も人気です♪

被せた(クラウン)セラミックの歯が噛む度に痛む!主な3つの原因と読了後すぐ出来る対処法

被せた(クラウン)セラミックの歯が噛む度に痛む!主な3つの原因と読了後すぐ出来る対処法

噛む度にセラミックの歯が痛むという虫歯治療後のトラブルについてまとめてみました。主な痛み原因となる3つの要素を詳しく解説し、今すぐにでも治したい痛みへの対処法をご紹介します。即効性の高い応急手当を中心にご紹介していますので、すでに歯が痛い方は必読の内容となっています。
0411ban | 2,783 view
老人になっても食事を楽しみたい!そのために大切なのは歯。

老人になっても食事を楽しみたい!そのために大切なのは歯。

人生の楽しみのひとつは、美味しく食事をいただくこと。それはいくつになっても変わりません。歳をとっても食事を楽しむために欠かせないのが歯です。老人になっても食事を楽しめるような“歯”作りをしましょう。
| 153 view
私達が気をつけてあげたい☆歯が悪い老人のための食事のルール

私達が気をつけてあげたい☆歯が悪い老人のための食事のルール

若い頃は丈夫な歯を持っていても、老人になると歯に色々なトラブルが起きてきてしまいます。歯が悪い状態の老人も多く、食事がまともにとれないことも。高齢になるとどうして歯が弱くなるのか、そしてどのような食事内容がいいのか。まとめてみましたので、参考にしてみてください。
ばぁーさん | 412 view
歯を噛むと歯茎が痛い!これは「口内トラブル」の悪化のサインかも…

歯を噛むと歯茎が痛い!これは「口内トラブル」の悪化のサインかも…

歯を噛むと痛みを感じるという症状は口内トラブルの中でも現れやすい症状です。痛みの度合いによって進行状況を自身で把握すると思いますが、中でも歯茎に痛みを感じる時は要注意です。歯を噛むと歯茎が痛い!原因は?危険性は?
ryosuke | 304 view
歯を噛むと痛いのは「神経」からのサイン!?神経の役割と歯を守る方法

歯を噛むと痛いのは「神経」からのサイン!?神経の役割と歯を守る方法

歯を噛むと痛い時に考えられるのは虫歯の悪化です。痛みの度合いは虫歯の進行状態を知らせるサインでもあります。みなさん最終的な治療として神経を抜くという方法を選択せざるを得ないということは知識として身についていると思いますが、そもそも神経の役割って?
ryosuke | 274 view

この記事のキーワード

この記事のキュレーター

ハチ公 ハチ公